エアパスの家が夏でも爽やかなのはどうして? <エアパス工法のお客様へ 換気口開口時期のお知らせ>

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

今回は、永代ハウスが胸を張っておすすめする「エアパス工法」の性能についてご紹介します。

また、ブログの最後で、エアパスの家にお住まいの皆さまへ「換気口の開閉時期」をお知らせしております。梅雨明け前に必ずご一読ください。

空気を上手に使うから「エアパス」

4-1.jpg

さて、エアパス工法とはどういうものでしょうか?

エアパスのエアは、空気のエアー。「機械を一切使わずに、空気の温度を利用して家に自然みのある涼しさや暖かさをもたらす」工法の名称です。

具体的には、家の外壁と内側の断熱材、各部屋の間に2層の空気の通り道を設けて、換気口から取り込んだ涼しい(冬には暖かい)空気を循環させる仕組みのこと。

イラストにある青の矢印が、空気の流れ道です。

木材は、コンクリートや鉄などに比べて、温度や湿度を吸収しつつ断熱・蓄熱する能力に優れています。

エアパスは、空気や木材の持つ働きを上手に使うことで、機械に頼らずに、ほどよい温度を保つシステムなのです。

自然の力を有効利用して光熱費もダウン

4-2-e.jpg

エアパス工法が利用するのは自然の熱エネルギーですから、かかるコストはゼロ。光熱費のダウンにも一役買ってくれます!

機械を使わないということは、電気代がゼロ。故障もないのでメンテナンス費用もゼロ。もちろん、災害やトラブルによる停電に影響される心配もありません。

エアパス工法の家に住む皆さまから、「冷暖房機器を使う回数が減りました」と聞くたびに、私たちも嬉しい気持ちになります。

まるで家が衣替えをするように、夏冬の暑さ寒さをやわらげる心地よい暮らし。

福岡市西区・福岡市東区・佐世保市の展示場で、エアパス工法を体験していただけます!

エアパスご利用のお客様へお知らせ−換気口の開閉をお願いします

4-3.jpg

エアパスをご利用のお客様へ、床下換気口開閉時期のお知らせです。

小屋換気口は、4月中旬〜5月上旬頃に開けていただいているかと思います(もしまだなら、気温の変化や体調などに合わせて、タイミングの良いところで開けてくださいね)。

4-4.jpg

そして、梅雨が明けた頃のタイミングで、床下換気口を開けましょう。

換気口のつまみを縦にして、レバーを外します。

4-5.jpg

梅雨の間に開けると湿気が床下に入り込みますので、梅雨明け宣言の後に行ってください。

※小屋換気口を閉めている間は、床下換気口を絶対に開けないようにお願いします!湿気が内部に溜まって、小屋裏が結露してしまいます。

台風などの強風や大雨が予想されるときは小屋換気口を閉め、その後忘れずに開けてくださいね。

力もいらず、簡単に開閉ができるエアパスの家の住み心地はいかがですか?

ご不明点などありましたら、お気軽にスタッフにご連絡ください。

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

展示場の一覧はこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

前へ

人気急上昇中の「小上がり」。使いやすくてデザイン性も良し!

次へ

【佐世保】南欧風のおしゃれな外観。完成見学会