木の家へのこだわり。家づくりに込めた永代ハウスの思いとは

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

今回は、私たちが家づくりに込めている思いを、自然素材の素晴らしさを通してお伝えしたいと思います。

自然素材の家は、安心して深呼吸ができる

1-1-e.jpg

永代ハウスが、なぜ自然素材にこだわるのか。

それは、建築材料の選び方ひとつで、暮らしの安心が変わるから。ご家族の健やかな毎日を支えられる、しっかりとした家をご提供したいからです。

自然素材は、シックハウス症候群の元となる有害物質を発生させません。

「毎日帰る家は安全な空間でなければならない」と、永代ハウスは考えます。

家の「工業製品化」を、もう一度考え直したい

1-2.jpeg

日本の家屋は、戦後、急ピッチで工業製品化が進みました。

塩化ビニールやプラスチックといった工業製品が新しく、大量に開発された時代です。

メリットは、「早い、安い、大量生産」。ベビーブームの後押しもあり、住宅の既製品化が全国へ広がったのですが、その直後、シックハウス症候群で苦しむ人たちが急増することになります。

原因は、建築材料から発生する化学物質でした。

建築技術の向上により気密性が高まった家で、逃げ場がなくなった化学物質が空気中に充満してしまったのです。

「これではいけない」。創業から一貫して木の家にこだわり続けている当社が、その目指すところに間違いはなかったと心を強くした瞬間でした。

個性を育てる家づくりをめざす永代ハウスの思い

1-3.jpg

永代ハウスのモットーは、「日本の気候風土や生活習慣に根ざした家は、木の家である」ということ。

木の家は、日本特有の四季折々の気候に沿い、夏の余分な熱と湿気を逃し、素足で歩く習慣にやさしい肌触りでこたえます。

コンクリートよりはるかに温かな材質で、冬の体温の逃げも防ぎます。

壁材に用いる漆喰や珪藻土といった自然素材も、自らの力で湿度を調整する役割を担ってくれるのです。

永代ハウスは、誰が建てても同じように仕上がる家を作りたくはありません。

日本が古来より守り続けてきた木造の家の良さを生かして、一軒一軒にきちんと個性がある住まいを提供したい。

それが、ひいては永代ハウスの個性にもなると考えています。

予算にあわせた家づくりができる

自然素材の家は高額だと思われがちですが、予算に合わせて部分的に取り入れるやり方も増えています。

「子どもの部屋に」

「皆で集まるリビングに」

そんな取り入れ方もOK

こだわりの場所に集中して自然素材を取り込むことで、家族の過ごす場所をデザインすることもできるんです。

ご予算や部屋のこだわりなどをお聞かせいただければ、柔軟に対応いたします。

すべての人が一生を安心して暮らせる住まいを作り続けたい。

そんな永代ハウスの信念が詰まった家づくりを体感できる展示場が各地にございます。

ぜひ一度、お気軽に足をお運びください。

前へ

【土地一覧掲載】佐世保市全域 土地大案内会!

次へ

【佐世保】海と自然、この景色を愉しむ毎日。完成見学会