【展示場紹介シリーズ】フォーシーズン展示場の見所をご紹介!

01アイキャッチ.jpg

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

今回は、福岡のhit香椎浜住宅示場に出展している永代ハウスのモデルハウス「フォーシーズン展示場」の見所をご紹介していきます。

フォーシーズン展示場は、洗練されたモダンな和を基調に、若い世代に人気のモダンテイストを取り入れています。そんなこだわりの展示場を見ていきましょう。

 02.jpg

◆柱が表に出ないシンプルな作り

まず、フォーシーズンのこだわりの1つは、大壁工法を使っているというところです。佐世保の展示場「四季の家」と同様に日本の伝統建築の美しさは残しつつも、柱が表に出ないシンプルな作りになっています。

壁の継ぎ目をなくしており、一枚ものに見せる大壁工法は、シンプル且つすっきりした印象を与えます。

03.jpeg

室内は、珪藻土と漆喰で仕上げており、階段手すりにはアイアンと呼ばれる素材を使用しています。ブラックの手すりがより締まった雰囲気に仕上がっています。高級感のある和モダンで男女ともに人気がある空間です。

04.jpg

◆自然光を取り入れた明るい室内

ランドリールームの天井からは自然光が差し込んでおり、光を取り入れたような作りになっています。自然光が入ると、より室内が明るくなり、気持ちも明るくなります。

玄関スペースの裏側には大容量のシューズクロークが作られています。ハンガーをかける収納などもあり、ゆったりと収納ができます。

05.jpg

また、フォーシーズン展示場は、敷地に対して建物を斜めに配置することで、庭が広々と見える工夫もしています。

06.jpg

リビングの窓には粋なテイストの障子を取り付け、キッチンの壁面に洗練された印象のタイルが施されており、和モダンが強調されたデザインです。

07.jpg

洗面所も広々としており、収納スペースもたっぷりあります。

和と洋が融合された「フォーシーズン」住宅は、女性たちにも人気のシリーズです。

会場のURLはこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

前へ

気になるハウスメーカースタッフの家!永代ハウスの社員邸をご紹介

次へ

スマートフォンの支払いを延滞したらローンが通らない?