気になるハウスメーカースタッフの家!永代ハウスの社員邸をご紹介

01アイキャッチ.JPG

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

今回は、永代ハウスで建てた家をご紹介していきます。

実際にスタッフが永代ハウスで建てた家を、覗かせてもらいました。どのようなところに工夫がされているのでしょうか?

やはり実際に永代ハウスで家を建てた人の感想は1番説得力がありますよね。今後、家を建てる計画をされている方は、社員邸の暮らしも参考にしてみてください。

02.JPG

広報担当)キッチンの使いやすさで何か工夫したところはありますか?

「キッチンの奥(勝手口の手前)にパントリーを設けました。食品や調理器具以外にも、薬箱やレシピ本、ゴミ袋や換気扇フィルターなどのストック品、収納場所が決まってない物の仮置など、色々置いています。」

03.JPG

広報担当)和室がありますが、質感や素材などでこだわったところはありますか?

「畳は、【四季の家】展示場と同じ、インドおもて畳にしました。通常の畳より、しっかりとした質感で丈夫で厚みもあり、踏み心地もいいです。」

04.JPG

インドおもて畳は、しっかりとした網目で、職人の技が際立ちます。

05.JPG

広報担当)その他、スッキリ見せる収納スペースなどあれば教えて下さい。

「リビングには、収納場所も作ってあります。ブックラックには、雑誌やアルバムを置けるスペースがあります。文房具や家族の写真、子供の表彰状などを飾っています。」

収納場所は、しっかりと収納でき、すっきりとシンプルに見えるような作りになっています。永代ハウスの社員邸を紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

九州の天然木を使った木造住宅は、とても住みごこちがよく、経年変化で味わいが増して味がでていきます。

会場のURLはこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

前へ

永代ハウスが珪藻土・漆喰を多く利用している訳

次へ

【展示場紹介シリーズ】フォーシーズン展示場の見所をご紹介!