永代ハウスが珪藻土・漆喰を多く利用している訳

01.JPG

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

永代ハウスでは、珪藻土・漆喰を多く利用しています。

その理由の1つとして、子どもたちのアレルギーや小児喘息、エアコンの使いすぎの問題が挙げられます。

ですから、なるべく天然の自然素材を使うことで、リラックス効果や調湿効果をあげることができるんですね。

では、この漆喰・珪藻土とはどの素材のことをいうのでしょうか?

今回のブログでは、漆喰と珪藻土の違いもお伝えしていきます。

02.JPG

◆珪藻土のザラザラとした感触の壁

珪藻土は、海に生息していたプランクトンが死滅し、土のようになったところから採取されました。これらの珪藻土は、無数の穴が開いていて、断熱性能や耐久性があり、触った感じもザラザラとした感触です。

機能的な面でいうと、脱臭性能や吸放湿性能が高く、施工もしやすく、着色によるカラーバリエーションも豊富で、塗り方も多様にできるため、お客様の好みに合わせた施工が楽しめます。

03.JPG

◆漆喰の自然素材を使った壁

漆喰の主原料は消石炭です。水練りして塗ると空気中の二酸化炭素に反応して硬化します。古墳時代から使用され、城の外壁や一般住宅にも用いられます。

自分から固まるので、余計なものを足さなくていいというメリットがあります。漆喰はツルッとした質感で、仕上げ方により光沢もでます。展示場では、ワラやスサを混ぜて和の雰囲気に仕上げている部屋もあります。

04アイキャッチ.JPG

漆喰、珪藻土のどちらとも、環境にも身体にもとても優しい素材となっています。

是非、それぞれの壁の質感なども展示場で体感してみてください。


会場のURLはこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

前へ

日本的な和の要素はモダンな家に合うのか?

次へ

気になるハウスメーカースタッフの家!永代ハウスの社員邸をご紹介