日本的な和の要素はモダンな家に合うのか?

01アイキャッチ.jpg

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

日本的な和の要素はモダンな家に合うのか?とお客様に聞かれることが多いのですが、

そんな方には、永代ハウス「フォーシーズン」展示場がおすすめです。

◆トレンドを取り入れた和モダンスタイル

「フォーシーズン」展示場は、日本の和の要素や伝統、職人の腕を大切にしつつも、トレンドを取り入れた女性が好むような和モダンスタイル。現代の女性やママ達が求めている要素も取り入れ、上手に和のスタイルに融合させています。

02.jpg

外観のデザインも和モダンな雰囲気。この外観は、ガルバリウム鋼板と呼ばれる素材と木の格子という異なった2つの素材を使い、和モダンを作り上げています。

天然木とガルバリウム鋼板という異なる素材で、外観も和と洋が融合されたような独特な雰囲気になります。

03.jpg

◆足・腰にも優しい玄関

玄関は、板土間にすることで、足・腰にも優しく、高齢者の方や身体の弱い方にもあまり負担がないというメリットもあります。

04.jpg

キッチンも天然木や漆喰・珪藻土の壁を使い、和モダンが演出されています。

永代ハウスならではの和モダンなデザインは、とてもおしゃれな雰囲気もあり、女性にも好評です。

05.jpg

◆永代ハウスらしい木造のお風呂場とデッキスペース

お風呂場は、黒のタイルでモダンさを出しつつも、木材と漆喰・珪藻土の塗り壁がマッチして、シックな雰囲気に仕上がっています。

06.jpg

外にはウッドデッキのスペースもあり、お茶ができるスペースができるようになっています。とても広々としており、女性やお子さんのいるママも喜ばれそうですね。

「フォーシーズン」展示場は、和モダンをテーマにしているので、他の展示場とは違った住宅を見ることができます。

会場のURLはこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

前へ

【展示場紹介シリーズ】「南欧の癒e-スタイル」展示場の見所をご紹介!

次へ

永代ハウスが珪藻土・漆喰を多く利用している訳