寒さの厳しいこの時期だからこそ体感したい!永代ハウスの室内環境

7-1.JPG

こんにちは!永代ハウスの広報担当です。

永代ハウスの室内環境をご紹介していきます。

永代ハウスのこだわりの一つとして、エアパス工法の家があります。エアパスというのは、空気の通る道という意味です。

エアパス工法の家は、夏は涼しく、そして冬は暖かく、快適に暮らすことができます。

7-2.jpg

エアパスの家は、空気の流れを作ることで、冬の寒さを和らげ、自然な暖かさをもたらしてくれます。

冬は、床下換気口(入口)と小屋換気口(出口)を閉じます。

昼間に太陽光を受ける面の外側通気層の空気を暖めて上昇させ、太陽光を受けない側で下降していきます。

これにより、家全体に暖かい空気が循環し、夜になると冷えた空気が下降して内側空気層に入るのを、逆止弁がついたエアパスダンパーが防ぎ暖かさを保ちます。

7-3.JPG

エアパスの良さは、自然を積極的に取り入れ、自然エネルギーを活用することです。

機械や動力をいっさい使うことなく、自然エネルギーを使うことで、家の中が温まり、各室の温度差も解消でき、床も暖かく素足で過ごせる心地良い床です。

7-4.JPG

他で取り上げているような「高気密・高断熱住宅」は、機械を使っているので、自然に対して閉鎖的なイメージです。

断熱で暖かくはなりますが、過度な気密性で科学物質や有害物質が室内にこもり、情緒不安定になったり、イライラしたり、不安になったりすることがあります。

それに対して、エアパスの家は、自然エネルギーを使ったパッシブソーラーハウスです。

パッシブソーラハウスは、エネルギーそのものを使わないことを目的としています。家の建て方のしくみを変えることで、自然エネルギーで、冬は魔法瓶のように温かさを保温したり、夏は風通しをよくしています。

 

エアパスは機械を使わないので、故障の心配はありません。また、部品交換時のメンテナンスも不要です。地震や台風などの災害時で停電してしまっても、機械をいっさい使わないので影響を受けません。

7-5アイキャッチ.jpeg


高断熱で暖かく、科学建材も極力利用せず、自然の力を利用しているので、リラックスでき、ゆったりと過ごすことができます。

永代ハウスのエアパスも、展示場で体感することができ、裸足で歩くのが気持ちいいと言われるお客様も多いです。

是非、展示場に行く際は、エアパスの暖かい家を体感してみてください。

〜合わせて読みたい関連ページ〜

エアパス工法の詳細はこちら!

https://www.eidai-house.co.jp/airpass/

永代ハウスの展示場は、福岡市博多区・西区・東区・糟屋郡宇美町と長崎の佐世保にあります。いつでも気軽に足を運ぶことができます。お気軽にお越しください。


会場のURLはこちら

https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/

パッシブソーラーハウスが施された永代ハウスの家は、冬でも素足になると、床からのぬくもりを感じとることができます。

エアパスがあるだけで、温かく冷えづらい室内になります。是非、展示場で実際に体験してみませんか?

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

前へ

「今年は家づくりを目標にしたい!まず何からはじめたらいい?」

次へ

自然素材を使った永代ハウスの家は、調湿効果で乾燥肌の女性からも高評価