南欧風の外観、自然素材を活かしたナチュラルな内観!

今週末、「南欧の癒e-スタイル」にて新商品発表会、須佐町4区画の分譲地販売を行います。

先日のブログでも書いていたのですが、南欧の癒e-スタイルの取材があり、レポーターさんからも、

「杉の板を使うって最近多いんですか?」

「フローリングとはどう違うんですか?」

「壁も普通のクロスじゃなくて塗ってるんですね!」

「珪藻土ってどんなメリットがあるんですか?」

などなど、いろいろとご質問をいただきました。

詳しくは8/21(水)19:00~20:00NBC「明日の長崎アシナガさん!」をご覧ください!

南欧の癒e-スタイルの内観は杉や珪藻土、けやきの窓台など、自然素材をたくさん使っていることや、コーナーや下がり壁、和室の入口にアールやアーチを施していることで、全体的にナチュラルな雰囲気のやさしい印象の室内に仕上がっています。

南欧風の外観、自然素材を活かしたナチュラルな内観!

これまでの永代ハウスにはないタイプの新しいモデルハウスです。

「永代ハウスの家は和風の家ばかりだと思ってた」と言われる方も、

「洋風の家やシンプルモダンの家が好きだからちょっと違うかな」と思われていた方も、

ぜひ一度ご見学頂きたいと思います!

8/3(土)4(日)は、佐世保市名切町 「南欧の癒e-スタイル」展示場でスタッフがお待ちしております!駐車スペースもありますので、お車でお気軽にご来場ください。

佐世保市須佐町4区画の分譲地情報について、詳しくお尋ねになりたい方も、まずは佐世保市名切町「南欧の癒e-スタイル」展示場へお越しください。

【佐世保本社】8月3日~4日「南欧の癒e-スタイル」グランドオープン

また、期間中以外でもご見学いただけますので、その際は

永代ハウス本社0120-194-243

まで、お気軽にお問合せ下さい!

前へ

家づくりは、夏を中心に考える。

次へ

暑中お見舞い申し上げます