知っておきたい汚れの話

前回はホコリの話でしたが、今回は汚れの話。

ホコリの話とか汚れの話とか、あまり気持ちのいいタイトルでは有りませんが・・・

知ることで対応がしやすくなりますのでご参考にされてください。

住いをいつも快適に保つために、日頃お掃除やメンテナンスなどされていると思います。

室内のお掃除は掃除機をかけたり、雑巾で拭き掃除をしたりされてると思いますが、基本的には

【ホコリを取り除く】ことと【汚れを取り除く】ことです。

【ホコリを取り除く】については、前回のブログを参照ください。

【汚れを取り除く】についてですが、汚れの性質や特徴によって、洗剤を使わなくてすむ汚れもあれば、強力な洗剤や他の方法に頼らなければならない汚れもあります。材質によっては強い洗浄力に弱いものもあり、汚れは落ちたとしても素材を傷めてしまう場合もあります。洗剤の使用量を抑えることで、

水資源の汚染を防ぎ、環境を守ることにもつながります。

まずは室内の汚れは

①表面に軽くのっている汚れ

②表面に付着した汚れ

③浸み込んだしつこい汚れ

に分けられます。

①については、糸くず、髪の毛、食べこぼしの汚れなどで、洗剤なしで充分に掃除が可能です。掃除機で吸い取ったり、雑巾で拭いたりしましょう。油汚れでも、すぐであれば水拭きやお湯拭きで落ちる場合があります。拭き掃除の際は、汚れを広げながら拭かないように注意しましょう。

②については、手垢や泥汚れ、たばこのヤニ、油汚れなどで、洗浄力がやさしく、材質も傷めにくい中性洗剤か弱アルカリ性洗剤を使いましょう。どのような汚れも、時間が経つとこびりついてしまい、洗剤を使ったとしても落としにくくなってしまうので、早めに落とすようにしましょう。

③については、②の表面に付着した汚れが時間の経過、温度変化、光の影響など受け特殊な汚れに変化した場合です。焦げ付きよごれや水垢、カビやサビなどです。この場合は洗浄力の強い洗剤や、クレンザーなどで磨いて落とす方法があります。

汚れの状態や性質を見ながら、早めに汚れを落とすことがコツです。

初めはたいしたことない汚れでも、放置しておくと、専門家にお願いするような大がかりな掃除が必要になってしまう場合もあります。住宅そのものの劣化が進むと修繕費が高額になり、出費も馬鹿になりません。しかし、日頃の手入れをしっかりと細目にやることで、住宅そのものが長持ちします。

まずは短時間でもいいので掃除の習慣や、汚れを放置せず、すぐに落とす習慣を心掛け、いつでも気持ちよく過ごせる住まいをめざしましょう。

nishi20.JPG

(福岡市西区 四季の家展示場)

前へ

知っておきたいホコリの話

次へ

古くならずに深くなる