オーガニックハウス(世代を超えて住み継がれる家)

オーガニックハウスとは、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの建築思想を受け継いだ住宅で、「世代を超えて住み継がれる家」をコンセプトにかかげ、長い年月を経ても色あせない美しさと、居心地の良さを常に考えた住宅です。

oh1.jpg

(オーガニックハウス アザレア展示場)

フランク・ロイド・ライトが提唱する有機的建築とは?

自然界に存在している生き物のように違和感のない建築

環境に調和していること

文化、人の暮らしに適合していること

素材の特質を生かしていること

人間の体にあっていること

自然界における植物や動物の形は、種として生き延び、繁栄するための構造や仕組みになっています。例えば、花はその花を構成する部分に無駄のない統合性のある単純な美しさがあります。それはその花が自然界の中に生存するという、又、種を引き継ぐという生命の最も根本的な目的の為に創造された形であり、そこには形態と機能の一致した美しさがあります。このような自然界の成り立ちと同じ原理で建築物を創ろうとするのがフラン・ロイド・ライトの「有機的建築」の考え方です。彼の設計、建築した住宅はあらゆる部分が全体と調和して連続性を持ち、統一感をもってデザインされています。建物全体、内外部は、あたかも一つの生命体のように機能を持ち、精神性を持っているのです。

oh2.jpg

(オーガニックハウス アザレア展示場)

現在福岡市にて、オーガニックハウスの家を建築しております。

こちらで、お施主様のご厚意により完成見学会を開催させていただくことになりました。

12/17(日)23(土)24(日)の3日間限りの特別な完成見学会となります。

(詳細は、後日改めて掲載致します。)

オーガニックハウスに少しでもご興味を持たれた方、ぜひご来場ください。

前へ

無添加エアパスの家完成見学会

次へ

壁紙の汚れやキズについて