結露について

今回は〈結露〉についての話です。

〇結露は空気中の水分である湿気が「水滴」へと戻ったもの

結露は湿気を多く含む空気が冷たい物体により冷却される事で水滴に戻って結露、となります。

空気は温度によって蓄えられる事が出来る水蒸気の量(湿度)があり、気温が高いほどより多くの水蒸気をため込む事が出来ます。

お風呂から上がった湯気が脱衣室に流れ込んだ際、鏡が曇ります。鏡は浴室内の室温よりも冷却されているので、湿度ほぼ100%の空気が脱衣室に流れ込む事で鏡が重点的に曇っていくのです。ドライヤーで鏡や付近の温度を上げれば、空気を溜め込む事が出来る水蒸気の量が増えますので、曇りは消えていきます。

さて、最も結露が発生しやすいところと言えば、やはり外気に直接触れている窓ガラスでしょう。基本的に1枚のガラスで部屋と外気を区切っているので、冬場になれば窓ガラスは相当冷えます。冷えたガラス窓は浴室の鏡同様、どんどん結露していきます。

ketsuro1.jpg

冬場になると鍋の季節でもありますが、鍋で水をガンガン沸かす事で空気中の水分量はさらに高まり、室内の結露もしやすくなります。

(ストーブに水の入ったヤカンなどを乗せて使用しても、大量の水蒸気が発生します)

結露をしにくくする為には、湿った空気を追い出すこと。

除湿機の利用や、窓をあけての換気を行わなければなりません。

〇結露が発生したら

窓ガラスや窓枠に結露が発生した場合、床や壁の汚損防止と木部の腐食防止のために、こまめに拭き取ってください。

〇結露対策のポイント

結露を抑えるためには、室内の水蒸気をできるだけ抑えるようにする必要があります。

また、こまめに換気をして、水蒸気をできるだけ外に逃がしてやりましょう。

特に冬場は空気が乾燥しているので、ちょっとの換気やエアコンを付けるのも効果的です。

※特に空気のよろむ場所(押入など)は定期的に開放して換気を行いましょう)

〇水蒸気の発生を抑え、十分な換気を行う

ketsuro2.jpg

A:洗濯物を室内に干さない

B:カーテンやブラインドを長時間閉めておかない

C:草木や観葉植物、水槽のある場所は特に換気をする

D:人の呼吸や発汗も一因、寝る前の換気を

E:お風呂のフタや浴室のドアを開けっ放しにしない

F:炊事、食事の時間は換気を

G:加湿器の使用は控えめに(除湿器は効果的)

H:開放型暖房機の使用を控える

これからの季節は結露が発生しやすい時期です、適宜結露防止を行っていきましょう。

前へ

11/23,25,26は完成見学会!

次へ

エコ時代が求める理想の家「エアパス工法」