エアパス工法のお客様へ

今朝は北海道から九州にかけて今季一番の冷え込みとなった所が多くなりました。

昨日は中秋の名月で、綺麗なまん丸の月を見ることができました。深まりゆく秋を感じます。

今日はエアパス工法の換気口の開閉時期についての話です。

エアパス工法の換気口についてですが、「いつ開閉すればいいの?」というご質問をいただきます。

基本的には【夏開ける、冬閉める】のシンプルな考え方ですが、その年の気候や、地域によっても前後しますし、人によって暑さ寒さの感じ方も違うので、目安としてこちらの表を参考にされてください。

airpass-kaiheizu.jpg

これからは閉める時期です。

目安として

小屋換気口・・・10月中旬~下旬

koya-closed.jpgのサムネイル画像

床下換気口・・・9月下旬~10月下旬

※床下換気口に小石やゴミが挟まっていたら、取り除いてから閉める様にしてください。そのまま無理に閉めると、故障の原因となります。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

※小屋換気口を閉めて、床下換気口のみ開けた状態でいると、小屋裏で結露が起こるため、絶対にしないでください。

※お引渡後1年から3年までは、基礎のコンクリートや木材が、より乾燥する為、湿気を吐き出します。冬モード時も、月に一度、半日程度夏モードにすることによって小屋裏の結露防止になります。

※開閉時に調子が悪い箇所がありましたら、ご連絡ください。

前へ

バルコニー(防水)についてのお手入れ

次へ

2棟同時完成見学会(佐世保市)