本文へ移動

【スタッフ紹介】福岡西営業所 インテリアコーディネーター 上籠 由香(うえごもり ゆか)

2022-07-21
カテゴリ:永代ハウスについて・スタッフ・イベント
こんにちは!永代ハウスの広報担当です。
本日のスタッフ紹介に登場するのは、センスの良さと判断の的確さでお客さまからも社内からも頼られている、インテリアコーディネーターの上籠です♪
 
◆30歳の節目で、人生について考えた
(自宅のインテリアも自分でアレンジ)
前職は、空港勤務だったという上籠。
永代ハウスは異業種からの転職者が多いのが特徴ですが、彼女もその1人です。
 
Q:転職を考えたきっかけは何ですか?
 
上籠:30歳になるタイミングで、「自分が興味を持てること、好きと思えることを仕事にしたい」という思いが強くなったのがきっかけです。
 
Q:人生の節目を迎えたんですね。なぜインテリアコーディネーターに?
 
上籠:もともとコーディネートをすることや、”色” について考えることが好きで。インテリアコーディネーターという仕事を知って、調べていくうちに興味が湧きました。それで思い切って仕事を辞めて、インテリアコーディネートの学校に通うことにしたんです。
 
Q:思い切った決断ですね!
 
上籠:そうですね(笑)。両親がモデルハウスを見に行く時について行った経験があって、モデルハウスを見に行くのも好きでした。「どんな人がこの素敵なコーディネートをしたんだろう?」と気になって。
絶対に住宅業界で働きたい!というほどに就職先を絞り込んでいたわけではなかったのですが、コーディネートの勉強を生かせる仕事を探して、いろいろな会社を見ているうちに永代ハウスに出会いました。
 
Q:いろいろな会社の中で、どうして永代ハウスを選んだのでしょう?
 
上籠:健康に気を使った家づくりや、人の暮らしのことをしっかり考えている会社だと知って、「ここで働いてみたい」と思ったんです。
 
Q:インテリアコーディネーターとして初めて働いてみて、感想は?
 
上籠:楽しいです!初めて仕事を楽しいと思えました!
◆インテリアコーディネーターは、お客さまと向き合う仕事
Q:空港で勤務していると、たくさんのお客さまと接していたのではないかと思いますが、インテリアコーディネートの仕事との違いはどんなところにありますか?
 
上籠:空港での仕事は、お客さまが搭乗されれば終わりです。インテリアコーディネーターとしての仕事は、半年から1年、時にはもっと長い間お顔を合わせるので、向き合い方が全く違いました。
お客さまがどんな気持ちを持っているのか、きちんと聞いて、しっかり把握して対応しなければならないのだと感じています。
 
Q:入社して約1年が経ちましたが、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。
 
上籠:最初は何も分からない状態で必死に打ち合わせについて行っていたのですが、出会ったお客さまがとてもフランクに接してくださる方で、お引き渡しの後に「コーヒーを飲みにおいで」とご自宅に誘ってくださったことがありました。
家が完成したら終わり、ではなく、その後、自分がコーディネートをお手伝いした住まいに招いていただいて、暮らしぶりを見せていただけることが、とても嬉しかったです!
 
Q:仕事を覚えるまでは大変だったと思いますが……。
 
上籠:住宅業界の仕事はチームワークが大切なんだと実感しました。私は今、福岡西営業所に勤務していますが、1人ではできないことも皆ならできる、というシーンを経験して、「良い関係性で仕事をさせてもらえてるな」と感じました。お客さまの家づくりのために、私自身も支えてもらいながら前に進んでいます。
◆オフの日はアクティブに過ごす。目指す資格は2つ!
(北海道旅行にて)
Q:休日は何をしてリフレッシュしていますか?
 
上籠:旅行です!飛行機に乗るのが大好きで、空港の仕事もそれで選んだくらいです。休みの日はいろいろなところに行ってました。今年のゴールデンウィークは友人と北海道へ一泊旅行に出掛けて楽しんできました♪
 
Q:思い切って異業種に転職する気持ちの強さもすごいなと思いましたけど、行動力がありますよね!
 
上籠:あちこちへ行くのが好きですね。ホームページのスタッフ紹介に掲載している飛行機の翼の写真は関西に行った時でした。
 
Q:資格取得のための勉強もしているとか。
 
上籠:はい。今はインテリアコーディネーターの資格と、テーブルコーディネーターの資格を目指して勉強中です。頑張って合格したいです。
 
Q:合格したらホームページでも発表しましょう!頑張ってくださいね!
◆マイホームの夢を持っているお客さまへのメッセージ
Q:最後に、これを読んでくださっているお客さまへ、メッセージをお願いします。
 
上籠:初めての家づくりでは、不安なことも、こだわりたいこともいっぱいあると思います。
インテリアコーディネーターとしてお客さまの好きなものやしたいこと、理想像などをしっかり聞かせていただいて、その想いにお応えし、お客さまと一緒に納得がいくまで形にしていけたら良いなと思っています。
最終的に、「ここに頼んでよかった」と思っていただけることを目指します。
インテリアのお悩みがあれば、どんどんご相談ください!
 
 
――朗らかさと前向きさ、そして抜群のセンスで周囲の信頼を得ている上籠。最近、驚く出来事がありました。
 
販売中の建売住宅を見に来られたお客さまが、家具なしの状態で見学された時はそのまま帰られたのですが、その後、彼女がコーディネートして家具を入れた状態でもう一度見学された際に、その場で購入を即決してくださったのです。
 
一生に一度かもしれない家の購入を即決する大きな決断を後押ししたのが、インテリアのセンスの良さでした。
 
上籠が研ぎ澄まされた感性を持ち、それを良い形で実現する力を持っていることがよくわかるエピソードです。その場にいた他のスタッフも「思わず感動した」と話してくれました。
 
これからどう成長するのかが楽しみな上籠。伸び代をたくさん持って、頑張って行ってくれることと思います。
 
インテリアのことや、暮らしのセンスのことなど、気になることがあれば、上籠にどんどんお尋ねください!
心から満足できるマイホームづくりを、しっかりサポートさせていただきます♪






TOPへ戻る