本文へ移動

家族にやさしい、体にやさしい。自然素材の建売住宅

2022-06-23
カテゴリ:実例紹介
こんにちは!永代ハウスの広報担当です。
「自宅ではストレスを感じず、リラックスして過ごしたい」
「子どもの体や肌にやさしい家で安心して子育てをしたい」
こんな声をいただくことがあります。

本日は、永代ハウスが自信を持っておすすめしている、杉材の良さを生かした良質な建売住宅をご紹介しましょう。
◆夏もサラリと爽やかに過ごせる杉材の床
(建売住宅:福岡県糸島市二丈7号地「平屋」)
こちらは、床に杉の無垢材を敷き込んだ建売住宅、糸島市二丈の平屋のリビングです。

木目のやわらかな表情が、家族だんらんのひと時を心地良く包んでくれそうですね。

杉材が日本の家づくりに適している理由のひとつが、優れた調湿性能。
日本の夏のジメジメとした湿気を吸収してくれるので、夏でも室内の空気を爽やかに整えてくれますよ♪

人工塗料を塗ったフローリングは水を弾くため、汗をかいた肌で触れるとベタベタするのですが、水分を吸収・排出する杉材は、素足で歩いてもいつもサラリとした歩き心地です。

タンクトップ1枚で床にゴロンと転がってお昼寝、なんて大胆な過ごし方を楽しむ方もいるほどです!

杉の木はたくさんの空気層を持っていて、日本の四季に合わせて湿度を吸ったり吐いたりする優れた機能を持っています。

カビや細菌を抑制する殺菌作用もあわせ持っていて、床や柱、天井にしっかり用いることで、殺虫剤やカビ取り剤の使用を減らすことも可能です。

お子さまや高齢のご家族、ペットと暮らすご家庭にとっては何より安心な素材と言えるのではないでしょうか。

◆外気温に左右されすぎない、快適温度の空間に
(建売住宅:福岡県福岡市城南区樋井川「おひさまタウン樋井川3号地」)
たくさんの空気層を持っているということは、外の温度に左右されにくい性質であるということ。
杉材は保温力の高さでも優秀な素材で、寒い季節に触れてもヒヤリとした冷たさを感じさせません。

冷え性で長年困っていたというお客さまが永代ハウスで自然素材の家を建てられた後、「今まで靴下の重ねばきをしても冷たかった足元が、冬に素足でも平気なくらい改善されました!」と嬉しそうに報告してくださったことも♪

個人差はあると思いますが、冷たさを感じる素材は、やはり体温を奪いやすいもの。
杉の無垢材の持つ保温力が、体の熱を奪わずに守ってくれることに、改めて驚かされました。

夏でも冷え性でエアコンが辛い方には、肌に直接触れた時に程よい温度感を得られる自然素材を床に用いることをおすすめします。

◆無垢材ならではのクッション性が足にやさしい
(建売住宅:福岡県糸島市二丈5号地「和モダン」)
杉の無垢材が多くの人に好まれるのは、適度にクッション性があるためでもあります。

小さなお子さまや高齢のご家族の足も、ペットの足も、ちょうど良い柔らかさで受け止めてくれて負担がかかりにくいのです♪

あまり意識することではありませんが、歩行するたびに足から伝わる衝撃は、「1歩で体重の約1.5倍」とも言われるくらい、思った以上に強いもの。

歩き方のクセなど個人差はありますが、床の硬さが体調に何らかの影響を及ぼしてしまう可能性はゼロではありません。

子ども部屋や多世帯同居の個室の床に無垢材を使うことで、毎日積み重なる体への負担をやわらげることができるでしょう。

◆家中が杉の香りに包まれる心地良さ
(建売住宅:福岡県福岡市城南区樋井川「おひさまタウン樋井川1号地」)
杉の無垢材をしっかり用いた家は、玄関に入った瞬間、ふわりと良い香りに包まれます。

杉は、リラックスをもたらす成分「フィトンチット」を多く含んでいて、まさに天然のアロマを感じることができるのです♪

新築から数年経っても、訪れる人から「良い香りがする」と言われるほど、長期間にわたって香りの効果が持続します。

「この香りのせいか、子ども達がリビングで気持ち良さそうに昼寝をしています」など、とても可愛らしいエピソードをいただくことも!

画像でご紹介している4棟の建売住宅は、いつでも見学可能です。
これからどんどん暑くなります。真夏でも心地良い自然素材の空間を、ぜひ体感しにいらしてくださいね♪


各建売住宅の詳細はこちら
糸島市二丈7号地「平屋」
糸島市二丈5号地「和モダン」
福岡市城南区樋井川「おひさまタウン樋井川1号地」
福岡市城南区樋井川「おひさまタウン樋井川3号地」

 



TOPへ戻る