本文へ移動

性能もデザインも間取りも高品質な住まい!たモデルハウス「QUOL(クオル)」。佐世保市棚方町(ふじみ台)に堂々完成

2021-07-15
カテゴリ:実例紹介
こんにちは!永代ハウスの広報担当です。
 
先週に引き続いて、長崎県佐世保市棚方町(ふじみ台)に新しく登場するモデルハウスをご紹介いたします!
 
こちらは、和モダンスタイルの「QUOL」。勾配屋根を用いた落ち着きのある外観が特徴です。
◆年齢を問わず愛される落ち着きと、災害に強い強靭な構造
「QUOL」の品質は、永代ハウスが展開するモデルの中でも、胸を張っておすすめできる高さです。
 
まず、外観デザインの重厚感。
伝統的な日本家屋の勾配屋根を取り入れた和のニュアンスは、どの年齢の方からも好感度が高く、注文住宅でも多くオーダーをいただいています。
 
ウッド素材や丸窓をあしらって、落ち着きある風情を演出。お好きな樹木などを合わせていただくと、外観の美しさがより映えるでしょう。
 
「日本家屋のタイプは揺れやすい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、大切なのは形ではなく建て方です。
 
QUOLの工法には通常よりも耐久性の強い基礎を採用し、耐震基準の中で、最も高い「耐震等級3」の住まいを完成させました!
 
「耐震等級3」とは、災害時に避難場所として指定される建物に指定されるレベル。
揺れに強く、万が一の災害時にもダメージを最小に抑える強さを持っています。
◆暮らしやすさの鍵は収納力。欲しいところにピタッと収納
QOULの設計で気を配ったのは、「かゆいところに手が届く、気持ち良い収納」でした。
 
家族の靴で雑然としがちな玄関には、お客さまから見えないように仕切りを立てたシューズクロークを設置。
つい増えがちな靴も、すっきりと片付けられます♪
 
また、LDKには、階段下のスペースも活用して3カ所に収納スペースを作りました。
「リビングにはなるべく物を置きたくない」という方に、このアイディアはとても好評をいただいています。
 
特に、寝室横に設けたウォークインクローゼットは必見!
寝室にタンスを入れて狭くなった経験はありませんか?
そんな悩みをまるごと解決できる、3畳分の広さがある大容量のクローゼットです。
 
洗濯物だって、ここでアイロンがけをしたら、そのままハンガーにかけて終了でもOK◎
◆嬉しい機能が詰まったLDK。どこにいても楽しく過ごせる♪
家族が集うリビングは、天井を吹き抜けにして、採光が十分に取れるウッドデッキと組み合わせました。
 
素足で出られるウッドデッキは、大人も子どもも大好きな場所。
畳スペースは小上がりになっていて、ゴロンと横になると青空が見えて気持ち良いですよ♪
 


C値=1.0以下という非常に気密性の高いつくりなので、真夏の窓辺でも快適に過ごしていただけます。
 
回遊性の高いアイランドキッチンには、遠赤外線効果で調理ができる次世代の調理器具「スーパーラジエントヒーター」を採用しました。
 

(画像は棚方町(ふじみ台)H-6号地)
従来のラジエントヒーターとはまったく違う構造で、IH調理器よりも電磁波が少ないことでも注目を集めています。
お肉料理もふっくらカリッと仕上がるんですよ。お料理好きな方には必見です!
 
そして、ちょっと気を利かせたのが、キッチンの壁に作りつけているカウンター。
ちょっと書き物をしたり本を読んだりするのにちょうど良い「ママスペース」を作りました♪
台所仕事は立っている時間が長くて疲れますよね。
すっと座って休憩できて、時には用事も済ませられるカウンターは、思いのほか便利です。
ぜひ現地で実際に座ってみてください!
 
落ち着いた住み心地とモダンなデザイン、そして強靭な構造。すべてを叶える家づくりを、永代ハウスがお手伝いします。



TOPへ戻る