本文へ移動

施工事例・お客様の声

長崎県注文住宅勾配天井と梁が美しい、明るく開放的な平屋
「動きやすい平屋にしたいけど、吹抜けの開放感も欲しい」との要望から生まれた家。リビングの窓も大きくしたので、見晴らしのよさを最大限に楽しめる、爽快で心地よい空間となった
リビングは杉と珪藻土、和室は漆喰と、部屋ごとに質感を変えつつも、自然素材の温もりが統一感に。エアパスなので空調はエアコン一つで十分
家に合わせて照明類もコーディネート
和紙と網代を組み合わせてつくった和室の天井。意匠を凝らしたデザインは客人からも好評
建具類はすべて永代ハウスのオリジナル
平屋の棟別二世帯住宅はどちらもエアパス工法を採用した無垢木の家(外観写真は両親の家)取材日、気温は3度ほどだったがエアパスで暖められた室内は暖房なしで18度だった
壁は吸湿性と防臭効果の高い珪藻土で職人による手塗り。風合いとパターンの美しさも魅力
福岡の注文住宅2008春号掲載
住み心地が住み心地が断然いいから両親にもすすめました

エアパス工法で壁の中を空気が循環し、季節ごとに快適な室温を保つ。「冷房に頼るのは、真夏の本当に暑い日か、来客で人数が増えたときくらい」とご主人。そんなときも、設定温度28度で充分に涼しい。
「自然」「開放感」「収納」この3つがA邸のキーワードです。暮らしの中でいつも自然とふれあう。家族が自然と集まる。色々な意味の「自然」と言う言葉を暮らしの中にたくさん取り入れました。また、「開放感」のあるリビングの中での暮らしができる間取り考えました。「収納」に関しては、毎日使うものを、使う場所にしっかりと収納することで、生活感を感じすぎることなく、生活空間をスッキリと保つことを可能にしています
TOPへ戻る