本文へ移動

施工事例・お客様の声

長崎県注文住宅妻や子ども達に健康に暮らせる家を
「四季の家」展示場で見たつくりが気に入って真似したという2階。1階を見下ろせるロフトはお子様のお気に入りの空間。窓際には広めの机を設えてあり、将来はお子様の勉強スペースになる予定
キッチン横の土間にかまどを設置。休日の朝はみんなでご飯を炊いてアウトドア気分を楽しむ
冬は薪ストーブ一つで家中暖房。クーラーはなく今年の猛暑でも大丈夫だったというから驚き
檜の香りが満ちた浴室。「ここに入るようになり温泉に行きたいと思わなくなった」とご主人
木を張ったキッチンまわりは空間と調和
和の趣きながらユニークなデザインが印象的な玄関。左奥の大型クローゼットには衣類を収納
福岡の注文住宅2007秋号掲載
妻や子ども達に健康に暮らせる家を

「将 来の夢は本物の木の家を建てる事。」私は医師という職業がら家づくりを命と結びつけて考えていました。妻や子ども達に健康に暮らせる家を。と思っていたと ころ新聞に載っていた「夏暑くなく、冬寒くない」という四季の家展示場を家族みんなで五島から佐世保へ見に行きました。その時にエアパス工法の説明を聞い て、自然素材との相乗効果に感動し、何度も足を運びました。長い時はお弁当を持参しモデルハウスで6時間程過ごしたりしましたが、子ども達が床に寝そべっ て気持ちよさそうに過ごし、帰りたがらなくて困ってしまいました(笑)。その姿に納得し、決断しました。一番びっくりしたのは冬は薪ストーブひとつで暑い ほど温まるし、夏はクーラーなしで過ごしています。近所にある妻の実家ではこうはいきません。暑さ寒さは土地の気候ではなく、家のつくりの問題だと、改め てエアパスのすごさに感動しています。他には、昔ながらのかまどを作ったりしていますのでゆくゆくは外国からのホームステイ等を行って、日本の住まいの良 さを教えてあげられたらと思っています。これからの家族みんなで仲良く健康に暮らしたいと思っています。いつでも遊びに来てくださいね。
TOPへ戻る