本文へ移動

永代ハウスのSDGsへの取組み

Sustainable Development Goals
SUSTAINABLE DEVELOPMENT
永代ハウス
 × 
SDGs

第1回長崎県SDGs登録制度の登録事業者に認定されました

永代ハウス株式会社は、長崎県におけるSDGsの普及・促進を目的とした「第1回長崎県SDGs登録制度の登録事業者」に認定されました。

長崎県では、SDGsに取り組む県内企業等を「見える化」することにより、他の県内企業等へSDGsの取組を波及させ、県内企業等の経営強化と地域課題の解決による本県の地方創生につなげることを目的とした制度です。

今後も様々な活動を通じてSDGs達成に向けた取組を推進してまいります。


【登録日及び登録期間】
(1)登 録 日 令和4年3月31日
(2)登録期間 令和4年3月31日から令和6年3月31日まで

永代ハウスSDGs宣言
3.すべての人に健康と福祉を 
・高気密・高断熱住宅を普及することにより健康で快適な暮らしを提供。
・自然エネルギーを活用した住宅(エアパス工法)や自然素材を使用した家を提案し、安心安全な住宅を提供。

4.質の高い教育をみんなに
・人としての正しい生き方や企業理念が浸透するように社内での勉強会を実施。

5.ジェンダー平等を実現しよう
・育休、時短勤務、テレワークなど育児に対して柔軟に対応。
6.安全な水とトイレを世界中に
・宅配水事業により、安心で安全な水をお客様に提供。
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
・ゼロエネルギー住宅(ZEH)の普及。
・脱炭素社会に貢献するために住宅への太陽光発電システム、蓄電システムの普及。
8.働きがいも経済成長も
・各部門を会社に見立てた部門別採算を導入し、一人一人が主役となった組織作りを実施。

10.人や国の不平等をなくそう
・国籍を問わない人財登用。
・性別を問わないリーダー登用により、男女共同参画の職場つくりに努める。



11.住み続けられるまちづくりを
・耐震等級1~3の住宅を提供し、地震にも強い家づくり。
・長期優良住宅を提供することにより次世代へ住み継げる住宅を普及。

12.つくる責任つかう責任
・最新の省エネ基準に適合した住宅を提供することによる、省エネ住宅の普及。
・35年間のアフターメンテナンスと長期保証で永く安心して住んでいただけるようアフターサポートを実施。


13.気候変動に具体的な対策を
・太陽光発電システムや蓄電池システムを普及することで気候変動の要因である二酸化炭素の排出を抑制。
・クールビズ、ウォームビズ、オフィスカジュアルの導入によるエアコン使用量の削減。

15.陸の豊かさも守ろう
・林業が衰退している昨今、国産材を使用することで山林の衰退を建築の立場から支援。
・九州の材木を利用、森林資源の循環を促進し、林業の継続と豊かな森林を守る。
・永く住める住宅を推進することで、森林減少の抑制に貢献。
17.パートナーシップで目標を達成しよう
企業理念:私たちは全従業員の物心両面の幸せを追求し、共に働くことに喜びを感じ、信頼と生きがいを持てる企業にします。上下関係ではない、心と心で結ばれたパートナーシップを重視した経営を実施する。
①物の幸福=何があっても安定的に雇用を守り続けられる基盤づくり
②心の幸福=従業員に挑戦機会を提供する。(新規事業・拠点展開等)
部門別採算による全員参加の経営を実施
TOPへ戻る