本文へ移動

スタッフ紹介

長崎県佐世保市佐世保第1営業所 所長 石原聖梨加
何でもご相談下さい!

好きなアーティスト:NiziU
インタビュー
人を大切する姿勢にひかれて永代ハウスに入社

Q:永代ハウスとの出会いは大学の就職活動のときですか?
はい。大学が佐世保市内で、距離的に近い会社を探していたときに永代ハウスに出会って、お話を聞かせていただきました。就職活動の軸に、「人の役に立つ仕事をしたい」という思いがあったのですが、永代ハウスはぴったりだと感じました。

Q:会社はどんなイメージでしたか? 
最初のイメージは「すごく人を大事にしている会社だなあ!」というものでした。今でもそのイメージは変わりません。社員の人の話を聞いたり面接を受けたりする中で、どんどん自分の軸と重なっていったので、「ここで働こう」と入社を決めました。
 
Q: どんなところで「人を大事にしている」と実感したのでしょう?
教育面です。建築業界は知らない世界だったので、もしかして技術がいるのかな?という心配があったんですが、「技術や知識よりも、まず人として新人を育てる」という考えがしっかりしていて安心できました。「ここなら自分が成長できる」と思ったことをよく覚えてます。 
入社から4年で所長のポジションへ!
Q:勉強熱心で、どんどん実力をつけて行かれたと聞いています! 
大学時代のアルバイトでも接客に携わっていたのですが、家という大きなものを販売するのは、やっぱり重みが違いました。覚えることもたくさんあるので、言われたことを忘れないようにメモを取ったり、1日の終わりには必ず振り返りをしたりして毎日コツコツの積み重ねています。 

Q:努力家ですね。 
お客さまの夢がどんどん膨らむこともよくあるので、まずお気持ちを受け止めて、お相手の立場に立った提案ができるようになりたいんです。最初の頃は上司の力を借りてお客さまと話すことも多かったのですが、ひとり立ちしてからは実力もついてきたのではないかと思います。
 
Q:自分でも成長を実感することがありますか? 
自分で自分の成長を実感するのは難しいですね(笑)。最初の頃は知識もなくて、やる気や熱意だけで契約をいただけていたのかと思います。3年まるまる働いて、ある程度知識もついてきたので、今では自信を持って商品をおすすめできるようになりました。 

Q:仕事のやりがいを感じるのはどんなときでしょう? 
ありきたりかもしれませんけど、「ありがとう」と言っていただけたときですね!感謝の言葉を言っていただけると、「この仕事をやって良かったな」と嬉しくなります。契約に至らないこともありますけど、それでも「ありがとう」の一言をいただけると「ここまで頑張って良かった」と心から思えるんです。
休日にリフレッシュしたら、翌日からまた全力投球!

Q:お休みの日はどんな風にリフレッシュタイムを?
本当は外に出かけるのが好きなんですけど、今は新型コロナで思うように外出できないので……。最近は、自宅でSNSを楽しんだり、映画を見たりして過ごしています。好きな本や漫画を集めている本棚があって、そこで過ごすのが楽しいんです。早く状況が落ち着いて、買い物に出たり体を動かしに行ったりしたいです! 
Q:出身は佐世保市内ですか? 
いえ、長崎県内の離島出身です。大学に進学するときに佐世保に出てきました。ナイショですけど、有名人が出た島でもあって、それが密かな自慢です。海がきれいで、魚が美味しいところなんですよ!今でも、魚介は島のものばっかり食べてます(笑) 

Q:素敵な環境で育ったんですね!その真っ直ぐさが仕事にも生きていると感じます。 
これからの目標は、お客さまから人柄で選んでもらえるようになることです!家は高額で簡単には買えないものだからこそ、営業担当者で決まるのだと感じるシーンを何度も見てきました。私もそんな先輩たちのように、「この人から家を買いたい」と思っていただけるようになりたいです。そのために、これからも勉強し続けます。 

Q:最後に、石原さんのアピールポイントをお客様にPRしてください! 
個人的には、シンプルな家に家具をコーディネートして個性を出す感じが好きで、そういったご相談をいただくのも嬉しいです。家具のことや、室内のコーディネートのことで迷ったら、ぜひお声をかけてください!納得できるお部屋の仕上がりを一緒に実現しましょう!
TOPへ戻る