本文へ移動

スタッフ紹介

福岡市東区福岡東営業所 所長 河原翔平
名前
河原 翔平
部署福岡東営業所 所長
入社年2012年4月1日
出身地福岡県北九州市小倉北区
最終学歴長崎大学 経済学部
趣味野球観戦(プロ野球、高校野球)、卓球観戦 どちらもテレビで笑
入社したきっかけ出身が北九州で、大学が長崎であり、北部九州で就職したいと考えておりました。大学時代から、賃貸巡りをしており、家の図面を見たり、新しく建っている家を見るのが好きで、働くなら住宅業界と思っており、大手ではなく、地場で地域を支えている会社に勤めたいと思い、この条件に当てはまるのは永代ハウスだと思い、入社するに至りました。

お客様へメッセージ
衣食住の“住”に携わらせて頂き、生活する上では欠かせない家づくりを任させて頂いております。謙虚に素直に、そして誠実な対応を心掛け、出来上がった家に住む皆様の安全と健康、そして笑顔を心よりお祈りしながら、日々の活動に取り組んでおります。世の中が日々進化・変化していく中で、私も日々進化・変化していけるように精一杯努力して参ります!私とご一緒に立派な財産を創りあげ、人生を大いに楽しみましょう!


幼稚園の頃の写真です!年長さんの時のマラソン大会です。無我夢中でひたすら全力で走っている写真で、1位になった、今でも鮮明に覚えている思い出の1枚です
大学時代に硬式野球部に所属していました。バイトを優先しすぎて、なかなか練習には行けませんでしたが、遠征時は試合に出させてもらいとても良い思い出です。今は野球をしていませんが、野球を見るのはとても好きです!
家族と閉園する年にかしいかえんに行きました!男2人ですが、とてもはしゃいで疲れ果てました…が、とても楽しかったです!笑
インタビュー
お客さまの喜びをダイレクトに感じられるのが、この仕事の良さ

Q:最初に、住宅業界で働いて感じるやり甲斐について聞かせてください!

河原:一生の財産であるマイホームづくりに関わることができる点ですね。衣食住の中で、一番大きな住環境に携われて、お客さまから「永代ハウスに頼んで良かった」「新しい家の暮らしが楽しい!」といった感想をダイレクトに聞かせていただけるのは、この仕事ならではだと思います。

Q:最初のご成約のときはどうでしたか?

河原:まだ駆け出しで、がむしゃらに頑張っているときだったですが、いろいろなメーカーを見た上でうちに決めて頂けたとき、思わず鳥肌が立ちました。

Q:嬉しくてですか?

河原:いやもう必死だったので、あまりよく覚えてなくて(笑)。ただ、「暖かい家にしたい」というご要望をはっきりとお持ちだったので、何度もご訪問してたくさんお話をさせていただきました。完成した家ではエアコンに頼らず、真冬でもヒーター一台で過ごしていただいているそうです。

Q:真冬にヒーター一台で過ごせる家は素晴らしいですね!

河原:永代ハウスに入社したのは、お客さま第一の姿勢に惹かれたからでした。その思いを叶えられたことが、とても嬉しかったですね。永代ハウスは一貫して「安心感の高い家づくり」に注力しています。体に負担をかけない家づくりだったり、子育てがしやすい家だったりとニーズはさまざまですが、その一つひとつを丁寧にサポートできるこの仕事は、やはりステキですね。
お客さまに信頼していただける人になるため、自分を研鑽し続ける

Q:日頃、気をつけていることはありますか?

河原:世の中の動きをニュースでチェックしたりして、知らない分野のことでも学ぶように心がけています。

Q:それはなぜですか?

河原:私たちがお会いするお客さまの年齢層はさまざまで、人として出来上がっていらっしゃるような方とお話しする機会もあります。そのような方ほど、世の中の動きも視野に入れながら家について考えておられると思うので、こちらが無知なままでは太刀打ちできませんし、何より、信頼していただけないですから。知識力や情報力をつけるために、日々の努力は欠かしません。

Q:お客さまに正面から向き合うための努力なのですね。

河原:そうですね。弊社は真面目に、実直にお客さまと向き合うことをモットーとしていますから、他のスタッフも、それぞれに情報収集を頑張っていると思いますよ!
永代ハウスを育てていく一人として、足元を固めて行きたい

Q:今後の目標を教えてください! 

河原:個人的な目標ではなく、弊社の目標ですが……。永代ハウスは、2030年までに、福岡県内で50営業所を増やすという大きな目標を打ち立てています。自分達はその足がかりにいるわけですね。先駆けとして、今自分達がしていることが、後から入社してくる人達にそのまま受け継がれて行くと思うと大きなプレッシャーでもあり、気が引き締まる思いですが、目標をしっかり見据えて前進したいですね。
Q:所長という肩書きがついたことで、以前と違う部分はありますか?
 
河原:そうですね、責任は重くなりましたが、自分らしいチャレンジができるポジションでもあると考えています。お客さまに喜んでいただけるように頑張って参ります。
Q:所長としての毎日は多忙を極めると思いますが、エネルギーの源は何ですか?

河原:休日に子どもと一緒に過ごすことですね。疲れたらまったり休んで(笑)。自宅は弊社で建てたのですが、リビングが一番のお気に入りで、子どものおもちゃを広げたり、めいっぱい使って走り回ったりして過ごしています。

Q:やっぱり、愛着のある家で家族と過ごすひとときが一番ですね。

河原:本当にそうだと思います。自分の家づくりの経験も生かして、お客さまが笑顔になれる家をご提供し続けたいと思います。
(弊社運動会にて 角材切りリレーに全力で挑む!)
私が担当した物件はこちら!



TOPへ戻る