本文へ移動

スタッフ紹介

長崎県佐世保市佐世保第2営業所 所長 上杉旭
名前
上杉 旭
部署佐世保第二営業所 所長
入社年平成25年4月1日
出身地熊本県熊本市西区河内町(みかんが有名な田舎町です)
最終学歴長崎外国語大学 外国語学部 現代英語学科
趣味・ギター(最近はやっていない…バンドしたい…)・格闘技観戦(RIZIN・K-1)
入社したきっかけたまたまバイトが休みの時に会社説明会が行われていたのがきっかけです。

お客様へメッセージ
私も家を建てましたので間取りや資金の相談など成功・失敗体験を踏まえながらお客様へ最適な住まいのご提案をさせて頂きます。ぜひ、一緒に最高の家を造っていきましょう!
家族で2月に熊本旅行に行きました。地元が熊本ですが阿蘇に行くのは久々でした~温泉やグリーンランドに家族で楽しく過ごせました~写真は阿蘇のどこかの展望台です(名前忘れました)ここまでの行く時の斜面と階段を登ったときに「運動不足」という現実を突きつけられました。真冬なのに汗だくになりながら登ったのもいい思い出です。
これは私の庭です。冗談です。九十九島公園という新しい公園です。近くに住んでいるのでたまに散歩したり、海を眺めて自然の優美さを肌で感じています(カッコつけてます)~ここを休みの日に妻とウォーキングして運動不足を解消しよう!と意気込んで取り組みましたが3日坊主でした。おとなしくビリーズブートキャンプをしておきます。芝が貼ってあるので芝スキーしたら最高ですよ!
休みの日は子ザル(子供)2匹(2人)と公園行ったり、おもちゃ買ったり、海に行ったり、おもちゃ買ったりしています。最近では、「トイザらスは無くなりました」と言って購買意欲を下げる努力はしていますが、YouTubeの影響もあり若干加速気味です。しかし、子供から教わることもたくさんあるので健康に大きく育ってくれればと思います。
新卒採用の活動も真面目に積極的に行っています。(写真は(左)統括部長の木場さんと(右)ただのお調子者)ワクワクするような会社、カッコイイ会社を目指して取り組んでいます。若い世代が中心になって活躍できる会社ですのでどんどんチャレンジしていきます!
インタビュー
住む人のために全力を尽くす永代ハウスに惹かれました!

Q:永代ハウスに入社した理由を教えてください。

上杉:大学で就職活動を始めるときに、営業職を希望して会社を探し始めました。いろいろな業種があったんですが、永代ハウスに出会って、子どもの頃の体験を思い出したんです。それで永代ハウスを受けてみようと思いました。

Q:どんな思い出があったんですか?

上杉:祖父が大工で、物心ついた頃から家を建てている現場に遊びに行っていたんです。小学生ごろですから大したことはできませんが、お手伝いなんかもしたりして。家が建って行くのが面白くて、日曜日の休みになると祖父について行っていました。

Q:家づくりを間近で見た体験が、今の仕事につながっているんですね!

はい。特に永代ハウスが掲げていた「木の家」が印象に残りました。住む人の健康を考えた素材にこだわる家づくりが、祖父が手掛けていた日本らしい木造の家づくりの記憶とつながって。「ここで働きたい」と思いました。
私たちの仕事は、お客様それぞれの物語の1ページに入ること

Q:お客様の夢を叶えるために、どんな心構えで仕事をしているのでしょう?

上杉:家づくりは、お客さまにとって一生に一度のことです。ご家族にとっては大きな節目ですから、私たちが中途半端な気持ちでいてはいけないと肝に銘じています。
お客さまそれぞれに異なるニーズに柔軟に合わせるのは大変な仕事でもありますが、家を買うということそのものが、人生の物語の重要な1ページなんです。私たちはそのページの中に入っていることを意識して、真剣に対応しなければなりません。

でも、どんなに大変なことがあっても、ご入居前に「ありがとうございます」と言っていただけたら、全ての苦労が報われますね。
これは、家をお世話している会社でしか感じられない醍醐味です。そここそが、この仕事の素晴らしさだと感じます。
休日は、永代ハウスで建てた家でのんびりを満喫♪

Q:平日は仕事に全力投球して、休日はどんな風に過ごしているのですか?

上杉:お家大好きなので、自宅でのんびりしてますね(笑)。大学時代にバンド活動をしていたこともあって、ギターを弾いて遊んだりしています。

Q:防音は大丈夫ですか?

上杉:大丈夫です!3年ほど前に自社で建てた気密性の高い家なので、遮音性もしっかりしているんですよ。特別に防音室を作っていなくても、普通の音量なら問題はありません。

Q:ご自宅を建てる際にこだわった点は?

上杉:リビングの開放感ですね。空間をどうするかで迷って、吹き抜けにしました。お客さまでも吹き抜けにしようかどうしようかと迷う方が多いので、自分の経験をお話させていただくこともあります。メリットもデメリットも率直にお伝えしていますので、お悩みの方はぜひお尋ねいただければと思います。

Q:間取りの悩みは、経験者の体験談を聞くのが一番ですね。

上杉:経験者は家づくりの先輩ですからね!正直に言えば、100点の家って難しいものではあるんです。私も成功したと思う部分もあれば、ここはちょっと失敗だったかなと感じる部分もありまして。それを包み隠さずお話しして、お客さまの家を100点に近づける手がかりにしていただけたら嬉しいですね。
永代ハウスで家づくりをご検討いただいているお客様へ

Q:これから家づくりを考えようと思っているお客さまにメッセージをお願いします!

上杉:永代ハウスは、お客さまがご納得いただけるまで、とことんお付き合いする会社です。どんな小さなことでも、どうぞお気軽にお尋ねください。
佐世保に本社を構えて、地元の皆さまに喜んでいただけるよう地域に密着し尽力してまいりました。

永代ハウスは、永遠の永に時代の代と書きます。その社名の通り、これからもお客さまが永く幸せに暮らして行ける家づくりを提案し、寄り添ってまいります。






TOPへ戻る