永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

その他の最近のブログ記事

馬毛歯ブラシ

長崎県佐世保市にあります、宿泊体験展示場「道草の癒(いえ)」です。

20190121_mitikusa1.jpgのサムネイル画像 20190121_mitikusa2.jpgのサムネイル画像
20190121_mitikusa3.jpgのサムネイル画像

 

家づくりをご検討されてる方に、宿泊体験していただき、自然素材の家、エアパス工法の家を体感して頂いております。

ご宿泊いただいたお客様に、心ばかりの贈り物をしております。

馬毛歯ブラシです。

20190121_01_mage.jpgのサムネイル画像

こちらの馬毛歯ブラシは、当社の代表が家づくりや住まいづくり、家具について全国各地を回って情報収集している中で出会った歯ブラシです。東京の浅草にある、はけとブラシの専門店でお取扱いしている商品です。

この歯ブラシ、見た目は素朴な感じがしますが、すごい実力があります。

煙草をお吸いになる方は、ヤニ取りに絶大な効果があります。当社の代表や社員のなかにも愛用者がおり、お墨付きです。他にも、ステイン等にも効果があるようです。一般的な歯ブラシはナイロンや飽和ポリエステル樹脂ですが、馬毛の歯ブラシは適度なコシと弾力があり、歯茎のマッサージにも効果的といれております。

ご宿泊頂いたお客様からも好評です。

道草の癒の詳しい情報はこちら

http://eidai-house.co.jp/exhibition/sasebomitikusa.html

自然素材の家を体感でき、心も体も癒される道草の癒、ぜひ一度ご宿泊されてみて下さい。

「木」へんの漢字

長崎県佐世保市にあります永代ハウス本社ビル3階の応接室の写真です。

20190116_01_ousetusitu.jpgのサムネイル画像

こちらの応接室、天井や建具は杉板の無垢材を使用しております。

3階には応接室以外にも、社員が働く事務所のスペースもあり、そこも天井は全て杉板を使用しています。

この応接室に掛けてある版画のご紹介です。

20190116_02_kihen.jpgのサムネイル画像

「木」へんを使った漢字が版画で彫られています。

木の葉っぱや、枝振り、果実をモチーフに、ひとつひとつ個性的に表現されています。

建築資材としてもおなじみの、杉や松、桧。

身近な果実の柿、桃、梨。

花が綺麗な椿、桜、梅。

こちらは版画作家の倉富 敏之 先生の作品です。

(倉富敏之先生のご紹介はこちらから)

リンク先URL:http://www.eidai-house.co.jp/artist/

自然素材のぬくもりや、手作りの暖かみが伝わってくる、素敵な版画です。

ほかにも竹細工をモチーフにした作品など、さまざまな版画の作品を作られていらっしゃいます。

当社の代表が、日本各地で家づくりについて学ぶなかで、他にも多くの作家さんとの出会いがありました。

このような素晴らしい日本の伝統文化や職人さんの技術、これからも大切に、未来に受け継いで行きたいと思います。

NAGASAKIしごとみらい博

12/8(土)長崎大学総合体育館にて、「NAGASAKIしごとみらい博」が開催され、当社も出展させて頂きました。

当日は長崎県内約100社が出展し、県内の大学生のみなさんに会社のこと、しごとのことをご紹介しました。

当社のブースにもたくさんの学生さんに来ていただきました。

ありがとうございました!

 

今回のイベントには、企画・運営から学生スタッフさんが関わり、当日の司会進行や会場設営なども学生スタッフさんがお手伝いされていました。

学生スタッフのみなさんも大変お疲れ様でした。

 

これから就職活動を始める3年生の学生さんが来られていて、具体的に業種を絞っていらっしゃる方もいれば、今大学で学んでいる学部や学科に関わりなく、幅広い業種の話を聞きに来られた方もいらっしゃいました。

 

当社のことは、「テレビCMを見て知っていました!」という学生さんもいて、とても嬉しく思います。

これからも、学生の皆さんに当社のことを知っていただくために色々と活動していきたいと思います!

今日から12月です!

今年も残すところあと1ヶ月となりました。

みなさまにとってどんな1年だったでしょうか?

当社では11月27日に大忘年会を行いました。

毎年盛大に行う大忘年会、今年もお世話になった金融機関様、お取引企業様、メーカー様、業者様沢山の方にお集まりいただきました。

ご参加頂いた方々、ありがとうございました。

お酒を飲み交わしながら、今年一年のことを振り返り、来年に向けての意気込みを語り合います。

来年もいい年を迎えるには、まず今年の締めくくりをしっかりと!

あと1ヶ月、やり残しがないように、心もお家も整えながら過ごしましょう!

 

 

~平成30年 永代ハウス株式会社大忘年会~

DSCN0688_R.jpgのサムネイル画像

代表取締役 松村清一より挨拶

 

DSCN0699_R.jpg

今年は九十九島ベイサイド ホテル&リゾート フラッグス にて行いました。

 

DSCN0715_R.jpg

この場をお借りし、当社社員の永年勤続表彰を行いました。

11月になりました!

今日から11月が始まりました。

今年も残すところあと2ヶ月です。

だんだん寒くなってきましたが、衣替えや冬支度は進んでいますか?

shiki53.JPG

(佐世保市棚方町 四季の家展示場)

日本には四季があり、季節の移り変わりで節目を感じることが出来ます。

当社の代表はよく、節目を重々しく迎えることの大切さを話してくださいます。

ハワイのような常夏も良いですが、日本には四季があることで、季節に応じた木々や花々、景色の移り変わり・旬の食材を使った季節の料理・伝統行事など、四季を楽しみながら暮らすことができます。

 

秋といえば、紅葉が美しく、食べ物も美味しく、気候も穏やかで読書やスポーツなどの趣味も楽しめる過ごしやすい季節です。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、いろんなかたちで平成最後の秋を楽しみましょう。

 

当社の展示場では、家づくりの秋という事で、みさなまのご来場をお待ちしております!

(お近くの展示場はこちらから)

 

 

10/16長崎新聞にて掲載(長崎県立大学講話)

佐世保市川下町にあります長崎県立大学にて、当社代表の松村が講話を行った内容が、10/16(火)の長崎新聞に掲載されました。

ns1016.jpg

長崎県立大学にて講話

10/9(火)、佐世保市川下町にあります長崎県立大学にて、当社代表の松村が講話を行いました。

内容は、長崎県立大学 地域創造学部 実践経済学科の科目「ビジネス経済の実践」についてです。

2年生の学生さん、約150名へのお話でした。

当社には長崎県立大学出身の社員も在職しており、インターンシップで学生さんが研修に来られたり、これまでも関わりのある学校でした。

題目は「これからの日本経済に対する日本人としての心得」という内容でした。

 

4125.jpg

 

今回の講話について、来週の長崎新聞にて掲載されるそうなので、その際はまたブログでご紹介致します。

 

飛騨の里

7月に今年度の研修旅行で、岐阜県高山市にあります飛騨の里を訪れました。

当社の代表が何度か足を運んだことがある場所で、この度の研修旅行で社員一同見学することが出来ました。

この飛騨の里には、合掌造りをはじめ、飛騨の古い貴重な民家が移築されて集落のようになっています。

hida-1.JPG

この地方の昔の農村での暮らしや、風景が浮かんでくるようでした。

移築されていますが、昔の姿をそのままに、土間、炊事場、仏間、縁側など実際に家の中に入って見ることができるので、大変貴重な体験をすることが出来ました。

現代の家造りは、高性能な断熱材や新建材、住宅設備などの開発で、どの地方に行ってもあまり変わらない家や造りになっていますが、まだ今のように新建材などがない時代の家づくりは、その地方に古くから伝わる伝統やその地方で暮らしていくための知恵が詰まった家づくりをされていたのです。

豪雪地帯であるこの地方の先人の知恵がたくさん詰まった合掌造りは、圧巻でした。

hida-2.JPG

200年も以前の家が今もこうやって移築され残っているのですから、当時の技術の素晴らしさ、歴史や伝統を保存してきた地域の方々の想いや素晴らしさを感じました。

当社のキャッチコピーでもある「古くならずに深くなる」を感じました。

きっと当時から大切に住まれ、丁寧に手入れをし、受け継がれてきたのだと思います。その過程や物語に人は愛着を持ち続けるのです。

当社の家づくりも家に愛着を持って、大切に受け継いで頂ける様に、伝統工法の木造住宅で、自然素材をふんだんに使用した本物の木の家づくりをご提案しております。

一人でも多くのお客様に、愛着を持って大切に住み継いで頂ける家をご提供していきたいと感じた研修旅行でした。

 

 

 

 

 

7月28日(土)発行の長崎建設新聞にて、2017年1月~12月の長崎県内の年間建築確認施工者リストが掲載されました。

佐世保市では当社が1位となりました。

これも一重に地域の皆様方のお陰と感謝しております。

kensetsushinbun.jpg

 

建築確認施工者リストは建売住宅の数も含めて集計されていますが、当社の家づくりは、建売住宅ではなく、お客様のご予算・希望の土地・希望の間取りなどをお伺いし、それぞれのお客様ごとにご提案をおこなっております。

当社の家づくりは「オンリーワン」の家づくりを目指しています。

ご家族の成長に寄り添い、家族に愛着を持たれるいい家をつくりたいという強い思いがあるからです。

これからも、オンリーワンの価値に磨きをかけて、心から喜んで頂ける家づくりを目指して企業努力を重ねてまいります。

 

 

 

安全大会

今年の全国安全週間は7/1~7/7までで、スローガンは

「新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災」

でした。

当社の取り組みでは、6月29日(金)佐世保市労働福祉センターにて、安全大会を開催致しました。

anzen1.JPGのサムネイル画像

 

安全大会では、今年の安全スローガンの発表や、労働基準監督署の方による講話、日頃当社で行っているクリーンプロジェクトの表彰などをさせて頂きました。

綺麗な現場で、災害防止に努められた職人さんたちを表彰します。

現場で作業する職人さん、業者さん、当社の現場監督、一人一人が労働災害防止の意識を高め、無事故で完成、お引渡を迎えられるよう、気持ちを引き締めます。

anzen2.JPGのサムネイル画像

また、今年は、当社と同じエアパスグループに加盟している三重県の住宅会社 アート宙様から、石田社長をお招きして講話をして頂きました。

anzen3.JPG

 

 

今年の夏は、7月ですが既に記録的な猛暑となっています。

過酷な環境でお仕事をされる職人さんたちの体調管理をしっかりと行い、労働災害が発生しないように管理監督を行っていきます。