永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

暮らしのお役立ち情報の最近のブログ記事

自分流のお手入れスケジュールを作ろう

毎日の掃除に十分な時間を割ける人はごく少ないものです。専業主婦でも何かと忙しく、ましてフルタイムの仕事を持っているような方では、食事や洗濯など、日頃の家事で精一杯。掃除まで手がまわらない・・・とお思いの方は多いと思いますし、それが実情だと思います。

また、家族構成、生活パターンの違いや、性格によってコツコツ型の人もいれば、一気にまとめて型の人もいますから、掃除のやり方や費やす時間はそれぞれ違って当たり前です。

でも、あまりに汚れすぎてからでは掃除が大変です。自分やご家族の生活にふさわしい掃除のやり方をあみだし、無理なく楽にこなしていきたいです。そこで、自分流(我が家流)の手入れスケジュールを作ろうというご提案です。

スケジュールを作るヒントをご紹介していきます。

 

〇1週間、1ヶ月単位で考える

毎日の掃除は

①ついでに掃除

②ながら掃除

③目立つところ、気になるところの掃除

を主体に広く、浅く、短時間で。負担になりすぎると毎日続きません。

あとは1週間に一度、1ヶ月に一度の掃除場所を決めてみましょう。

決めるポイントは1週間ごとは汚れやすいところ(例:キッチン床壁の拭き掃除、トイレ床拭き掃除、玄関土間拭き掃除 など)、1ヶ月ごとはこびりついたり、取りにくくなるところ(例:キッチン換気扇、風呂排水溝 など)にします。

決めた掃除場所と内容をカレンダーに落とし込み、あとは実行あるのみです!

長く続ける秘訣は、スケジュール通りできなくてもクヨクヨ落ち込まないことです。全くの計画倒れになると困りますが、長くゆるく続け、家が綺麗になっていくのが楽しくなり、習慣になればよいのです。

掃除がきちんとできた整った部屋では、心がスッキリとし、気分も落ち着きますし、仕事も家事も育児もはかどります。

 

〇季節に合わせたお手入れをする

スケジュールに沿って掃除を続けると、目立つ汚れはほとんどなくなります。

日頃の掃除に入ってないところ(例:押入や下駄箱の中、窓や網戸の汚れ、カーテンなど)は春夏秋冬、季節の変わり目で行ってみて下さい。

冷房器具や暖房器具などは使用する季節が終わった後に掃除をし、次のシーズンでも快適に使えるように掃除してから収納します。

 

外回りは普段の掃除ではなかなか手がまわりません。表札や門柱、ポスト、フェンスの状況、雨樋が落ち葉で詰まっていないか、外装板や基礎に異常はないか、半年に一度くらいで確認してみましょう。

春から秋にかけて、草むしりをし、庭木の状態も見ておきましょう。

 

参考にしながら、自分流のお手入れスケジュールを作られてみてはいかがでしょうか?

nishi23.JPG

(福岡市西区 四季の家展示場)

 

 

寒波到来、水道管の凍結防止策

今期一番の寒波到来、永代ハウスの本社や支店がある長崎・佐賀・福岡でも各地で雪が降りました。12日にかけてまだ冷え込む予報です。

山間部はもちろん、平野部でも路面凍結の可能性がりますので、車の運転や歩行などには十分注意しましょう。

 

本日な水道管の凍結防止策についてです。

①外水道など外部にむき出しの状態であれば、布や保温材、ビニールテープなどで覆い、水道管を保温します。

②水道メーターボックスの中にも保温材やタオル(濡れないようにビニールに入れる)を詰め、水道メーター付近の水道管を保温します。

③夜間、少しだけ水を出し続ける。(水道代がかかりますので、桶やバケツなどに水を溜め、生活用水に利用するなど有効活用しましょう)

④水道管のほか、温水器や給湯器周りの凍結にもご注意ください。(詳しくは各機器の取扱説明書等を参照ください)

⑥水道管が凍結してしまった場合は、凍結している場所をタオル等で覆いぬるま湯をゆっくりかけましょう。(熱湯をかけると、水道管が破裂するおそれがありますので、絶対にしないでください。)

 

建物の北側面や、風当たりの強い場所は凍結しやすくなっています。

早めの対策で、水道管の凍結を予防しましょう。

 

 

外まわり、日頃のお手入れと維持管理

いよいよ今年もあと1週間となりました。

皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

年末にかけて餅つきをしたり、角松を立てたり、しめ縄を飾られているお家などお正月を迎える準備をされている光景を見かけます。

家も感謝の気持ちを込めて掃除し、気持ちよく新年を迎えたいですね。

今日は『外回り、日頃のお手入れと維持管理』についてです。

higashi-2.jpgのサムネイル画像

 

 

◆敷地

通常の降水量ならば、自然と敷地に浸透していきますが、台風や豪雨などのように一時に大量の降水があった場合などは、敷地(庭)に水が残る場合がございます。ですが、建物の四方にタメマスがありますので時間が経つにつれ自然と地下に浸透していきますので、心配されないようにしてください。

◆雨水枡(タメマス)の掃除

梅雨入り前や台風、大雨の前は、枡の掃除をしておきましょう。

雨水枡にゴミや泥などが溜まっていると、スムーズに排水できず、詰まる原因にもなります。

敷地に湿気が多いと、衛生上好ましくないばかりでなく、建物の劣化を早めるほか、シロアリなどの、害虫発生の原因にもなります。時々水を流して、排水状況をチェックしましょう。ゴミや泥が溜まっているようでしたら、ゴミバサミやスコップなどで取り除き、スムーズに流れるように3ヶ月に1度くらいは掃除してください。

◆外構・植栽

「植栽のメンテナンス」

●水やりについて:

植えつけ後(お引渡後)は、根が十分に水を吸う事ができませんので、植え付けから3~4週間程度は土の表面が乾いたら、ホースなどを使いたっぷり(目安:樹木1本あたり10リットル以上)あげてください。

《冬場(12月~3月)の植え付け直後:日中(午前10時~午後2時まで)に行ってください》

夕方に水をやると、夜半の冷え込みで水が凍り、根を傷める場合があります。

《夏場(7月~9月)の植え付け直後:1日に2回の水やりが必要です》

朝方は午前9時まで、夕方は午後5時以降に行ってください。日中の水やりは厳禁です。日中に水やりをすると、地面に浸み込んだ水が気温の上昇でお湯となり、根腐れの原因となります。夕立などが降った後は、土の状態を見て、乾いていれば水やりをします。

《新しい芽が出てきたら、土に根が張った証拠》

土に根が張ってしまえば、特段水やりの必要はありません。4~5日晴天が続くなどして、土が乾燥したり、葉がしおれるような事があれば、朝、または夕方にたっぷりと水をあげます。日当たりなども考え、状況により加減をしてください。

※常緑樹(冬も葉が落ちない)も、落葉樹(冬に葉が落ちる)も、植栽によるストレスで、一時的に葉が落ちる事がありますが、水やりを続けて行う事で、根が伸び、水分を吸収できるようになり新しい葉が出てきます。

 

●施肥(肥料について):

植えつけの際に、元肥(植えた後に成長するための肥料)を入れておりますので、しばらくは必要ありません。花や実がなった後や、翌年の葉が出る前に根元に、固形油粕や緩効性肥料(ゆっくり効く肥料)などをばらまくと樹木の成長が良くなります。

 

●植栽を植える場所の注意点(基礎周辺を避ける)

ガーデニングやご自身で木を植える場合には、建物周辺(基礎周辺)を避けて植えてください。植物によっては、根が張りすぎて、基礎を傷めてしまう場合があります。又、植物によっては横に大きく成長するものもあります。数年後、大きくなった時や剪定の事も考えて、樹種を選び植樹する事をお勧めします。

 

ご参考にされながら、メンテナンスをされてみてください。

壁紙の汚れやキズについて

大掃除の時期になってきました。

普段お手入れ出来ないところの掃除や、ひと手間かかるメンテナンスなどを行い、長く大切に住んでいきましょう。

今日はビニル壁紙のお手入れについてです。

・壁紙表面についたホコリやゴミは、はたきをかけたり、掃除機で吸い取ってください。

・水性の汚れの場合には、真水に浸した布を固く絞って、汚れを吸い取るように拭いてください。

落ちにくい時は、家庭用中性洗剤を水で薄めたもので拭き取り、必ず真水で壁紙表面に残った洗剤を拭き取ってください。洗剤が残ったままだと、変色の原因になります。

・ジョイント部分に水や汚れが入ると、剥がれたり、汚れが落ちなくなるので注意して下さい。

・表面に凸凹がある場合は、歯ブラシなどを使用すると効果的ですが、表面をきつく擦りますと壁紙を傷めてしまいますので、目立たない所で試し、やさしく擦るように心がけてください。

・タバコのヤニは、アルカリ性洗剤で拭き取ってください。

(※中性洗剤同様、拭き残しのないように注意してください)

 

【ご注意】

・清掃の際にシンナーや薬剤(壁紙専用いたいのもの)、溶剤などを使用するのは止めてください。壁紙を傷つける恐れがあります。

・貼り合わせ部分に水や溶剤残しがあると、剥がれや変色の原因となりますので、ご注意ください。

・洗剤を使用する場合には、注意事項をよく読んだ上で作業を行ってください。

 

【壁紙が部分的に剥がれてきた・・・どうしたらいいでしょうか?】

・部分補修が可能です。(早めの処置で拡大を防ぎましょう)

・剥がれが部分をめくり、下地の汚れ(古いのりや油分など)を拭き取り、しっかり乾燥させます。

・下地にキズや凹凸、下地材の剥がれなどが有る場合は、サンドペーパーやパテなどで補修後、壁紙表面に市販の木工用ボンド、文具のり、壁紙専用のりを塗布し、貼ってください。

(はみ出したのりは、変色の原因になりますので、キレイに拭き取ってください)

※お引渡し時にお渡しする住まいの救急箱に入っているジョイントコークでも接着可能です。

※市販されている、壁紙(クロス)補修セットなども利用できます。壁紙を貼り付ける際のローラーがセットになっている物もありますので、それを使うと作業がしやすくなります。

 

20171207.jpg

【壁の入り隅部分やクロスの継ぎ目の部分が割れてきた・・・どうしたらいいでしょうか?】

・ジョイントコークで目立たなくする事が可能です。

①施工する面は、汚れを落としきれいにしておきます。

②ノズルを目地に合わせて、中身を搾り出しながらスライドさせます。

③指で軽く押さえてスライドさせ、目地にジョイントコークを入れ込みます。

④はみ出た部分は、キレイな固く絞った雑巾で拭き取ります。

(この時、強く押さえてこすらない様に注意してください)

※壁面のヒビ割れ(入り隅や継ぎ目以外)にも対応できます。

結露について

今回は〈結露〉についての話です。

〇結露は空気中の水分である湿気が「水滴」へと戻ったもの

結露は湿気を多く含む空気が冷たい物体により冷却される事で水滴に戻って結露、となります。

空気は温度によって蓄えられる事が出来る水蒸気の量(湿度)があり、気温が高いほどより多くの水蒸気をため込む事が出来ます。

お風呂から上がった湯気が脱衣室に流れ込んだ際、鏡が曇ります。鏡は浴室内の室温よりも冷却されているので、湿度ほぼ100%の空気が脱衣室に流れ込む事で鏡が重点的に曇っていくのです。ドライヤーで鏡や付近の温度を上げれば、空気を溜め込む事が出来る水蒸気の量が増えますので、曇りは消えていきます。

さて、最も結露が発生しやすいところと言えば、やはり外気に直接触れている窓ガラスでしょう。基本的に1枚のガラスで部屋と外気を区切っているので、冬場になれば窓ガラスは相当冷えます。冷えたガラス窓は浴室の鏡同様、どんどん結露していきます。

ketsuro1.jpg

 

冬場になると鍋の季節でもありますが、鍋で水をガンガン沸かす事で空気中の水分量はさらに高まり、室内の結露もしやすくなります。

(ストーブに水の入ったヤカンなどを乗せて使用しても、大量の水蒸気が発生します)

結露をしにくくする為には、湿った空気を追い出すこと。

除湿機の利用や、窓をあけての換気を行わなければなりません。

 

〇結露が発生したら

窓ガラスや窓枠に結露が発生した場合、床や壁の汚損防止と木部の腐食防止のために、こまめに拭き取ってください。

 

〇結露対策のポイント

結露を抑えるためには、室内の水蒸気をできるだけ抑えるようにする必要があります。

また、こまめに換気をして、水蒸気をできるだけ外に逃がしてやりましょう。

特に冬場は空気が乾燥しているので、ちょっとの換気やエアコンを付けるのも効果的です。

※特に空気のよろむ場所(押入など)は定期的に開放して換気を行いましょう)

 

〇水蒸気の発生を抑え、十分な換気を行う

ketsuro2.jpg

A:洗濯物を室内に干さない

B:カーテンやブラインドを長時間閉めておかない

C:草木や観葉植物、水槽のある場所は特に換気をする

D:人の呼吸や発汗も一因、寝る前の換気を

E:お風呂のフタや浴室のドアを開けっ放しにしない

F:炊事、食事の時間は換気を

G:加湿器の使用は控えめに(除湿器は効果的)

H:開放型暖房機の使用を控える

 

これからの季節は結露が発生しやすい時期です、適宜結露防止を行っていきましょう。

 

 

今日から11月です!

今日から11月が始まりました。今年も早いものであと2ヶ月です。

週末は、2週連続で台風の影響があったにも関わらず、完成見学会には多くのお客様がご来場いただきました。ありがとうございます。

 

本社がある佐世保は今日から「佐世保くんち」です。今日は佐世保市役所の前にある亀山八幡宮から、御旅所がある松浦公園(本社ビルのすぐ近くです!)まで御神幸行列の「お下り」があります。秋本番という感じがしてきます。

福岡支店がある福岡では日本シリーズで、ソフトバンクが開幕3連勝を飾り、2年ぶりの日本一まであと1勝と、盛り上がっています。

 

年末にかけて、これから少しずつ慌ただしくなってきます。

日本には年末に大掃除をする習慣がありますが、一説では「正月にやってくる神々を迎えるための清めの行事」と言われています。寒さの本番を迎える前、これからの時期は家のお手入れには最適の時期です。年末までの2ヶ月間のお手入れスケジュールを立てて、バタバタすることなく、余裕を持って大掃除に備えていきたいものです。

 

siki-apr.JPG

(こちらは佐世保市 四季の家展示場です。)

外部やお庭のお手入れも寒さ本番を迎える前に少しずつ取り組んでみましょう。

 

 

漆喰・珪藻土のお手入れ

昨日のブログ「左官の仕事」に関連して、今日は「漆喰・珪藻土のお手入れ」についてです。

 

nishi2.JPG

(こちらは福岡市西区 四季の家展示場の和室です)

 

 

〇日頃のお手入れ方法は?

ホコリや汚れは、ハタキや室内用ホコリ取りで取り除けます。

乾いた布や固く絞ったキレイな雑巾で軽く拭き取る事も出来ます。

 

〇落書き、手垢などの部分的な汚れはどうやって落とすの?

消しゴムを使用し消すことが出来ます。

また、メラミンスポンジに水を含ませ表面を軽くこするようにして汚れを取る方法もあります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

 

〇比較的広い範囲の汚れはどうやって落とすの?

中性洗剤(台所用洗剤)を適量(食器洗いに使用する程度)染み込ませた、表面の柔らかいスポンジで、汚れ面を軽く叩きます。

叩いて汚れが落ちない場合は、軽くこすります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

※必ず、キレイなスポンジか雑巾(真水かぬるま湯で濡らし、固く絞る)で拭き取り、表面に洗剤が残らないようにしてください。

※洗浄面は良く乾燥させてください。

 

〇コーヒーや醤油などで汚れた場合は?

植物性色素に由来する汚れは、家庭用の漂白剤(キッチンハイタ―など)で除去できます。換気を良くして、水で薄めた漂白剤をタオルなどに染み込ませ塗布した後、ドライヤーで乾かし、水を含ませたタオルで壁面を叩いて壁面に漂白剤が残らないようにしてください。

※予め目立たない箇所で試し、変色や色移りなど問題がない事をご確認ください。

 

〇壁と柱や梁、巾木やドア枠の取り合いの部分に隙間が出来ているのですが、どうしてですか?又、改善する方法はありますか?

木材は、大きければ大きい程、膨張や収縮が大きく発生します。

柱や梁など、比較的大きなものを使用している場合は、壁との隙間が大きく空いてしまう事があります。巾木や建具も同様に、乾燥による収縮によって壁との隙間が生じるのです。木材は呼吸して、生きているため、膨張や収縮を抑える事はできませんが、徐々に収縮が小さくなり、やがて落ち着いてきます。

sakan2.JPG

 

自然素材を使用した家は、ご家族の成長と共に、一緒に年月を重ねて味わい深くなっていきます。

漆喰や珪藻土の塗り壁は、ビニルクロスのように、サッと拭いて汚れが落ちると言ったものではありません。

ですが、ご自分でメンテナンスすることにより、味わいが深くなり、愛着も湧いてきます。メンテナンスには、多少の時間や手間が掛かりますが、その分、快適な住環境で生活が出来るのです。その点から言えば、自然素材を利用することで、その「恩恵を受けている」とも言えるでしょう。

永く大事に住んでいくために、日頃のお手入れを心がけたいものです。

家をご検討中の方は、間取りや設備のほかに、床や壁の仕上げをどうするかも検討されると思います。一度自然素材の家を見て触れて感じてみませんか?

自然素材の素晴らしさは、各展示場でご体感頂けますので、是非ご来場いただきたいと思います。(展示場の情報はコチラから)

 

エアパス工法のお客様へ

今朝は北海道から九州にかけて今季一番の冷え込みとなった所が多くなりました。

昨日は中秋の名月で、綺麗なまん丸の月を見ることができました。深まりゆく秋を感じます。

今日はエアパス工法の換気口の開閉時期についての話です。

エアパス工法の換気口についてですが、「いつ開閉すればいいの?」というご質問をいただきます。

基本的には【夏開ける、冬閉める】のシンプルな考え方ですが、その年の気候や、地域によっても前後しますし、人によって暑さ寒さの感じ方も違うので、目安としてこちらの表を参考にされてください。

 

 

airpass-kaiheizu.jpg

これからは閉める時期です。

目安として

小屋換気口・・・10月中旬~下旬

koya-closed.jpgのサムネイル画像

 

床下換気口・・・9月下旬~10月下旬

※床下換気口に小石やゴミが挟まっていたら、取り除いてから閉める様にしてください。そのまま無理に閉めると、故障の原因となります。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

※小屋換気口を閉めて、床下換気口のみ開けた状態でいると、小屋裏で結露が起こるため、絶対にしないでください。

※お引渡後1年から3年までは、基礎のコンクリートや木材が、より乾燥する為、湿気を吐き出します。冬モード時も、月に一度、半日程度夏モードにすることによって小屋裏の結露防止になります。

※開閉時に調子が悪い箇所がありましたら、ご連絡ください。

 

 

バルコニー(防水)についてのお手入れ

永代ハウスでは、スカイプロムナードという金属防水のバルコニーを施工しております。(10年保証)

スカイプロムナードとは、耐久性・防水性に優れた鋼板に、表面保護膜加工を施し、建物の揺れなどに対応できる【オープンジョイント工法】を用いた、木造住宅に適している金属防水技術です。

シート防水や塗膜防水等の他の防水とは異なり、通常の水周りのお手入れ(表面や排水口のお掃除)にて永くご利用頂けます。

『ここが安心”雨を逃がす・雨を浸入させない”』

揺れることで、力を分散させ耐震性を発揮する木造住宅にマッチした施工になっています。

万が一雨が侵入しても、傾斜を設けたスプリングキャッチャーが雨を受け止めて排水溝へと逃がすようになっています。

また、瓦の/1/16と軽いので、重心も低く、荷重も少なくなります。

【お手入れと注意点】

・ゴミや枯葉は、水の流れをせき止めてしまいます。短期間による集中豪雨も珍しくありませんので、雨漏れの原因になります。ドレンやパイプが詰まる前に定期的なお掃除をお願いします。

・先のとがったものだと表面に傷が付き、雨漏れの原因となりますので、スパイクシューズやハイヒール、アルミ三脚椅子等の使用は避けてください。

・エアコンの室外機を置く場合、鋼板に穴を開けて取付けけないようにしてください。(防水層への加工は雨漏りの原因となります)barukoni.jpg

 

 

ウッドデッキ(保護塗料)

前回に引き続き、ウッドデッキ(ハードウッドを使用したウッドデッキは除きます)のお手入れについてです。

 

木は、含水率が高い状態ではカビや腐朽菌がすぐに繁殖してしまい、劣化を早めます。その為、お引渡時には『ノンロット』と言う、木材保護塗料を塗布してあります。この『木材保護塗料』は、木が腐ってしまう大きな要因である含水率を低く保つことが出来るものです。木の香りを感じられるほどの通気性をもつノンロットは、木が本来もっている水分を放出する力、調湿性を損ないません。これにより、できるだけ乾燥した状態を保ち、木を保護するのです。

 

しかしながら、木材にとっての厳し環境は塗料にとっても同様です。劣化の度合いを見ながら、早めのメンテナンスを行うことが長く付き合うコツといえます。

nonrotto.JPG

 

従来の木材保護塗料は「塗膜による木材表面保護」の考え方が強く、木本来の持ち味や風合いを十分に活かすことが出来ませんでしたが、ノンロットは「塗膜無しで木材を守る」高耐侯含浸型という特徴があります。

塗膜がない含浸型のため、塗り替え時の塗膜除去の手間が省け、経済的です。

刷毛さばきが容易でつなぎムラもできにくく、乾燥も早いので冬場でも効率よく安心して塗布できます。

 

dekki.JPG

(こちらは長崎県佐世保市棚方町の体験宿泊展示場 道草の癒のウッドデッキです)