永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

暮らしのお役立ち情報の最近のブログ記事

グリーンカーテン

ここ数日、涼しく過ごしやすい日が続いていますが、
昨年の夏の猛暑をおぼえていらっしゃいますでしょうか?
平成30年7月豪雨以降、太平洋高気圧の影響により厳しい暑さが続きました。
7月23日には埼玉県熊谷市にて全国歴代1位となる最高気温41.1℃を記録しました。

今年の夏も暑くなるのでしょうか…、夏はまだ少し先ですが、暑い夏を迎える前に、今年もグリーンカーテンを設置しました。

20190612_01.jpgのサムネイル画像

あざやかな緑と、葉っぱがひらひらと揺れる姿は見た目が涼やかなだけでなく、
葉から蒸散する水分が周囲の熱を奪うことにより温度上昇を抑制する効果も期待できます。ゴーヤは収穫して楽しむこともできます。

本社のベランダには2種類のゴーヤを植えています。

20190612_02.jpgのサムネイル画像

デリシャスゴーヤ・細長

20190612_03.jpgのサムネイル画像

ごろごろゴーヤ

それぞれ実に特徴があるようで、
どんなゴーヤが収穫できるかこれからの成長が楽しみです。

ご家庭でもグリーンカーテン取り組まれてみてはいかがでしょうか?

梅雨の時期、風水害への備え

今日から6月です。

昨日、九州南部の梅雨入りが発表されました。九州北部もこれから梅雨に入りますので、梅雨入り前に対策をして、風水害に備えておきましょう。

近年は各地で集中豪雨による被害が多く発生しています。昨年は、平成30年7月豪雨により、広島県や岡山県を中心に死者・行方不明者が230名に上り甚大な被害となりました。また、佐世保市でも大雨特別警報が発令され、相浦川・早岐川では氾濫水位を超え、一部地域に避難指示が出されました。

 

近年このような豪雨による自然災害が多発し、いつ災害に巻き込まれてもおかしくありません。自分の身は自分で守るための備えを、日頃から行っておきましょう。

 

・日頃から身の回りに危険な場所がないか調べ、災害時の避難場所など、予め確認しておきましょう。

・雨樋の詰まりや、排水升のごみを取り除いておきましょう。

・雨漏りが不安な個所が無いか家の点検をしておきましょう。

・レインコート、長靴、懐中電灯、非常食、ラジオ、モバイルバッテリーなど、いざとなったらすぐに避難できる準備をしておきましょう。

・市区町村の防災情報(広報誌・ホームページ等で)を確認しておきましょう。

 

また防災以外の面でも、梅雨時期の備えとして・・・

・湿度が高くなると、カビが発生しやすくなるので除湿機やエアコンの準備(フィルターの掃除など)をしておきましょう。

・エアパス工法のお客様は、床下換気口が閉まっているか確認しましょう。(梅雨が明けたら床下換気口を開けましょう)

 

湿気が多く、ジメジメした過ごしにくい季節がやってきますが、少しでも快適にすごせるように、いまから対策を十分に行っておきましょう。

 

また、当社の展示場は自然素材の調湿効果により、梅雨時期でも快適にご見学頂けますので、あえて梅雨時期のご見学もお勧めです!

各展示場でスタッフがお待ちしておりますので、どうぞお気軽にお越しください!

 

長かったGWも過ぎ、ようやく日常生活のリズムに戻ってきたという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今日のブログは、エアパス工法のお客様へ、小屋換気口開閉時期についてのご案内です。

5月も上旬から中旬に差し掛かり、一段と暖かくなってきました。

まだ小屋換気口を開けていない方、そろそろ小屋換気口開閉の時期になりました。

エアパス工法は床下換気口と小屋換気口を開閉することにより、「夏モード」と「冬モード」に切り替えることができます。

夏と冬のツーウェイで衣替えをする住宅です。

機械を使用しないので、故障の心配がありません。

 

小屋換気口の開閉時期ですが、4月中旬から5月上旬が開ける時期になっています。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

 

引手を下に引っ張り、金具からはずして換気口を開けましょう。

台風など強風が予想されるときは小屋換気口を閉めていただき、その後忘れずに開けてください。

 

koya-open.jpg

 

床下換気口は7月中旬頃開けましょう。

注意点は、梅雨明け後に開けることです。(梅雨の湿気を床下に入れないようにするためです)

 

※小屋換気口を閉めて、床下換気口のみ開けた状態でいると、小屋裏で結露が起こるため、絶対にしないでください。

 

エアパス工法は夏モード・冬モードで空気の流れを切替える「衣替えできる家」です。

当社では一日一家族限定でエアパス工法の家を宿泊体験できる「道草の癒」をご用意しております。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

花粉症の季節

少しずつ寒さもやわらぎ、暖かさを感じる日も増えてきましたが、花粉症の方には辛い季節がやってきました。

当社にも花粉症のスタッフがおりまして、マスクやティッシュが手放せず、辛そうにしている姿を見かけます。

花粉症の症状を軽減する為に、家づくりのなかでもお役に立てて頂きたい情報がありますのでご紹介いたします。

花粉症の対策として、『家の中に花粉を入れない』ということが重要です。

まず玄関です。

外から帰ってきた人の身体には花粉が付着しており、花粉ごと家へ持ち込む恐れがあります。玄関ホールでコートや羽織物、帽子などは脱ぎ、室内の持ち込まないようにしましょう。ここで活躍するのが玄関クロークです。クロークで花粉をとどめ、室内に持ち込まないようにしましょう。

次に洗濯物です。

外干しすると、干している間に花粉が付着し、取り込む際に花粉も一緒に部屋に入れてしまうことになります。花粉の舞うこの季節、出来るだけ部屋干しにしましょう。毎日毎日部屋干しとなると、洗濯物を干す場所の確保が必要になります。洗濯物を干す室内物干しスペースを確保出来ればよいのですが、間取り的にそんな余裕がないという方は、お風呂場に干すのがおすすめです。

お風呂場には換気扇が付いてますので、湿気を取りやすい仕組みになっています。(システムバスには浴室乾燥機能が付いている場合もあり、より早く洗濯物が乾きます。)換気扇を回しながら、扇風機やサーキュレーター、除湿機などを併用すると、より短時間で洗濯物が乾き、生乾きの臭いも防ぐことが出来ます。

洗濯機とお風呂場は近い場所にあり、洗濯して干すまでの動線も短く、急な来客があった時も目に付きにくい場所なので、慌てる心配もありません。

出来るところから花粉症対策、やってみてください。

 

食器洗い乾燥機のお手入れ

食器洗い乾燥機をお付け頂いているお客様、日頃のお手入れはどうされていますか?

毎日食洗機を使う家庭、乾燥機能だけ使用しているという家庭、様々あると思いますが、きちんと手入れし、正しい使い方をしないと、故障などにより想定より短くしか使えなくなる事もあります。

毎日やった方がいいお手入れと、月に一度など、定期的にして頂きたいお手入れがありますので、ご紹介いたします。


毎日のお手入れ

毎日のお手入れは、残菜フィルターの掃除です。

食器をセットする前に、残菜フィルターを取りはずし、溜まったゴミを捨て、水洗いします。

フィルターの目に詰まったゴミは、スポンジやブラシを使って取り除きます。(裏面もお忘れなく!)

綺麗になった残菜フィルターを戻し、食器をセットし、食洗器を使用しましょう。

(残菜フィルターを取り外した底に水が溜まっていますが、これは汚水の逆流を防ぐものなので、異常ではありません。)


月に一度のお手入れ(気づいた時に)

食洗器の全面扉部分や、引き出しのふち、溝などを拭き上げます。

ノズルを取り外し、ノズルの先端にゴミ等が詰まってないか確認しながら水洗いします。

(ノズルの取り外し、装着については各食洗器メーカーの取扱説明書を参照してください)


水アカやヌメリがあるとき(数か月おきのお手入れ)

食洗器の庫内洗浄専用の洗剤があります。こちらを使用し、庫内の洗浄を行います。

食洗器によっては、庫内洗浄コースがあります。

(市販で様々な商品があるので、各洗剤の使用法を参照してください)

20190130_oteire1.jpgのサムネイル画像

共働き世帯も増えて、忙しい人には特に重宝する食器洗い乾燥機。

洗濯機と同じく、毎日使う物なので、良い状態をキープしながら使い続けていきましょう。

表札・ポスト・インターホンのそうじ

今年もあと1週間ほどで終わります。

みなさん、大掃除は着々と進んでいらっしゃいますか?

なかなか時間取れない、隅々まで手が回らないという方、表札・ポスト・インターホンならささっと掃除ができますよ!

 

外にあるので、実は意外と汚れているんですよね。

風水では玄関は運気の出入り口と言われてることもあり、掃除のする甲斐のある場所です。表札・ポスト・インターホンの掃除をするだけでも気分はスッキリしますよ!

 

表札は木製、ガラス製、ステンレス製など、材質によっては使用する洗剤に注意が必要なものもありますので、洗剤を使用する場合は、表示をよく確認してください。ぐらつきや、傾きがないかも確認しておきましょう。

 

ポストは、中に不要なものやゴミが溜まっていないか、開閉がスムーズに出来るかなどを確認し、水拭きしましょう。

 

インターホンも、土埃などを落とし、水拭き、汚れがひどい場合は中性洗剤を水で薄めたもので拭き掃除しましょう。

 

大掃除もラストスパート、頑張りましょう!

 

ピンタレストはじめました!

永代ハウスでは「ピンタレスト」を始めました。

 

12.jpg

 

公式アカウントをつくり、写真をアップしています。

(永代ハウスのピンタレストはコチラから)

 

ピンタレストは、ウェブサイトの画像をブックマークする、画像がメインのSNSです。

ウェブサイト上にある、お気に入りの写真やアイデアを集めて保存していくイメージです。

保存した写真は、種類に分けてフォルダに保存できるので、整理もしやすく、直感的に使えるSNSです。

20181214-2.jpg

当社のような住宅系の写真やアイデアも多いSNSで、これから家を建てようかな?と検討していらっしゃる方は、ご自分が建てたい家のイメージやアイデアを集めるのにも活躍するSNSだと思います。

 

ピンタレストで「外観 ナチュラル」「木づくりの家」「リビング インテリア」「収納 アイデア」などのキーワードで探すと、いろんな方がピンタレストで集めた写真を見ることができます。

 

住宅系以外でも、整理収納・料理・ファッション・メイク・ラッピング・フラワーアレンジなど、様々な分野の写真やアイデアを探すことが出来ます。

興味のある方は、ぜひ一度、ピンタレストを使われてみて下さい。

20181214-3.jpg

玄関ドアを替えました

佐世保市四季の家にあります四季の家展示場、今年の4月で築14年になりました。

オープン以降、これまでも少しずつ替えてきたところがありました。

・三和土の土間から板土間へ

・2階子供部屋にバルコニーを設置

・畳の縁を黒から白へ(室内ファブリックも白系へ)

などなど・・・少しずついろいろなところを替えていました。

 

そして今年は夏に玄関ドアを新しく作り替えました。

Before

siki52.JPG

 

 

After

siki53.JPG

 

 

使用している木の材質が変わりました。

以前は杉材で作った玄関ドアでした。今回はくるみで作った玄関ドアです。

くるみはウォールナットという名称で流通しており、加工がしやすく強度もあります。重厚感ある木目や格調高い色合いで、広い用途に使われています。

とても深みのある色合いで、使い込むにつれて味わいが出て、時間と共に磨きがかかります。

くるみは広葉樹で、洋のイメージを出し玄関が重々しく格調高く感じるようになりました。

それに合わせて、玄関ポーチの土間の目地を黒く塗装しました。(写真では光の関係で白っぽく見えますが)

玄関ドアとポーチの目地の色調を統一することで、まとまりのある印象になりました。

 

ちなみに、福岡市東区にあるフォーシーズン展示場(hit香椎浜住宅展示場内)の玄関ドアは、チェリーでこちらも広葉樹です。

genkan.jpgのサムネイル画像

チェリーはバラ科の木材で、心材は当初やさしい風合いの淡いピンク色ですが、光を浴びることで時間の経過と共に気品ある飴色に変わっていきます。

 

 

新しく生まれかわった四季の家展示場玄関、これまで見学したことのある方も、はじめての方も、来られた際にはごゆっくり見られてください。

siki54.JPG

(佐世保市棚方町 四季の家展示場の詳しい情報はこちら

 

 

 

 

エアパス工法のお客様へ

今週で10月も終わります、早いもので今年もあと2ヶ月となりました。

あと2ヶ月ですが年末は、やる事が多く何かと忙しくなる時期です。

今からできる大掃除や片付けなどは、計画的に進めて行きましょう。

 

エアパス工法のお客様は、冬モードに切り替える時期になりました。

床下換気口と、小屋換気口を閉めて、冬モードにしましょう。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

※こちらの図は開閉時期の目安を表しています。お住まいの地域や、暑さ寒さの感じ方はそれぞれだと思いますので、目安として参考にされてください。

 

小屋換気口を閉めましょう。

下記の写真のように、引手を下へ引っ張り、金具にひっかけると、小屋換気口が閉じます。

 

koya-closed.jpgのサムネイル画像

 

 

床下換気口を閉めましょう。

写真のように、つまみを横にしてレバーを止めます。

今年は台風が多かったので、床下換気口付近に葉っぱやゴミが引っかかっているかもしれません。

換気口を閉める際に取り除きましょう。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

 

換気口開け閉めの際に不具合がございましたら、当社までご連絡ください。

 

エアパス工法は機械設備を使用せず、夏涼しく、冬暖かい「夏モードと冬モード」を切替えることが出来る家です。

家の中の温度差による血管の収縮で血圧が変動し、心筋梗塞や脳卒中が引き起こされるヒートショック。日本では交通事故で亡くなる方が年間約5千人(事故後30日以内)なのに対し、年間約1万4千人の命がヒートショックによって奪われています。

エアパス工法の家は壁体内を暖かい空気が循環するため、使っていない部屋や北側の水回り(トイレや浴室)でも温度差がないのが特徴です。家中がほぼ均一の温度に保たれるため、ヒートショックによるダメージを受けにくいメリットがあり、年を重ねても安心・安全です。

 

(エアパス工法について、詳しくはこちら

エアパス工法を体感されたい方は、各展示場へお越しください。

 

エアパス工法 床下換気口開閉時期のご案内

10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月となりました。

朝晩は肌寒くなってきました。

 

エアパス工法のお客様へ、床下換気口開閉時期についてのご案内です。

エアパス工法は床下換気口と小屋換気口を開閉することにより、「夏モード」と「冬モード」に切り替えることができます。

夏と冬のツーウェイで衣替えをする住宅です。

機械を使用しないので、故障の心配がありません。

 

床下換気口の開閉時期ですが、9月下旬から10月下旬が閉める時期になっています。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

 

床下換気口を閉めましょう。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

 

小屋換気口は10月中旬~下旬が閉める時期になっています。

エアパス工法は夏モード・冬モードで空気の流れを切替える「衣替えできる家」です。

当社の各エアパス工法の展示場にて体感してみて下さい。

(展示場案内はこちら

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。