永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

暮らしのお役立ち情報の最近のブログ記事

結露について

今回は〈結露〉についての話です。

〇結露は空気中の水分である湿気が「水滴」へと戻ったもの

結露は湿気を多く含む空気が冷たい物体により冷却される事で水滴に戻って結露、となります。

空気は温度によって蓄えられる事が出来る水蒸気の量(湿度)があり、気温が高いほどより多くの水蒸気をため込む事が出来ます。

お風呂から上がった湯気が脱衣室に流れ込んだ際、鏡が曇ります。鏡は浴室内の室温よりも冷却されているので、湿度ほぼ100%の空気が脱衣室に流れ込む事で鏡が重点的に曇っていくのです。ドライヤーで鏡や付近の温度を上げれば、空気を溜め込む事が出来る水蒸気の量が増えますので、曇りは消えていきます。

さて、最も結露が発生しやすいところと言えば、やはり外気に直接触れている窓ガラスでしょう。基本的に1枚のガラスで部屋と外気を区切っているので、冬場になれば窓ガラスは相当冷えます。冷えたガラス窓は浴室の鏡同様、どんどん結露していきます。

ketsuro1.jpg

 

冬場になると鍋の季節でもありますが、鍋で水をガンガン沸かす事で空気中の水分量はさらに高まり、室内の結露もしやすくなります。

(ストーブに水の入ったヤカンなどを乗せて使用しても、大量の水蒸気が発生します)

結露をしにくくする為には、湿った空気を追い出すこと。

除湿機の利用や、窓をあけての換気を行わなければなりません。

 

〇結露が発生したら

窓ガラスや窓枠に結露が発生した場合、床や壁の汚損防止と木部の腐食防止のために、こまめに拭き取ってください。

 

〇結露対策のポイント

結露を抑えるためには、室内の水蒸気をできるだけ抑えるようにする必要があります。

また、こまめに換気をして、水蒸気をできるだけ外に逃がしてやりましょう。

特に冬場は空気が乾燥しているので、ちょっとの換気やエアコンを付けるのも効果的です。

※特に空気のよろむ場所(押入など)は定期的に開放して換気を行いましょう)

 

〇水蒸気の発生を抑え、十分な換気を行う

ketsuro2.jpg

A:洗濯物を室内に干さない

B:カーテンやブラインドを長時間閉めておかない

C:草木や観葉植物、水槽のある場所は特に換気をする

D:人の呼吸や発汗も一因、寝る前の換気を

E:お風呂のフタや浴室のドアを開けっ放しにしない

F:炊事、食事の時間は換気を

G:加湿器の使用は控えめに(除湿器は効果的)

H:開放型暖房機の使用を控える

 

これからの季節は結露が発生しやすい時期です、適宜結露防止を行っていきましょう。

 

 

今日から11月です!

今日から11月が始まりました。今年も早いものであと2ヶ月です。

週末は、2週連続で台風の影響があったにも関わらず、完成見学会には多くのお客様がご来場いただきました。ありがとうございます。

 

本社がある佐世保は今日から「佐世保くんち」です。今日は佐世保市役所の前にある亀山八幡宮から、御旅所がある松浦公園(本社ビルのすぐ近くです!)まで御神幸行列の「お下り」があります。秋本番という感じがしてきます。

福岡支店がある福岡では日本シリーズで、ソフトバンクが開幕3連勝を飾り、2年ぶりの日本一まであと1勝と、盛り上がっています。

 

年末にかけて、これから少しずつ慌ただしくなってきます。

日本には年末に大掃除をする習慣がありますが、一説では「正月にやってくる神々を迎えるための清めの行事」と言われています。寒さの本番を迎える前、これからの時期は家のお手入れには最適の時期です。年末までの2ヶ月間のお手入れスケジュールを立てて、バタバタすることなく、余裕を持って大掃除に備えていきたいものです。

 

siki-apr.JPG

(こちらは佐世保市 四季の家展示場です。)

外部やお庭のお手入れも寒さ本番を迎える前に少しずつ取り組んでみましょう。

 

 

漆喰・珪藻土のお手入れ

昨日のブログ「左官の仕事」に関連して、今日は「漆喰・珪藻土のお手入れ」についてです。

 

nishi2.JPG

(こちらは福岡市西区 四季の家展示場の和室です)

 

 

〇日頃のお手入れ方法は?

ホコリや汚れは、ハタキや室内用ホコリ取りで取り除けます。

乾いた布や固く絞ったキレイな雑巾で軽く拭き取る事も出来ます。

 

〇落書き、手垢などの部分的な汚れはどうやって落とすの?

消しゴムを使用し消すことが出来ます。

また、メラミンスポンジに水を含ませ表面を軽くこするようにして汚れを取る方法もあります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

 

〇比較的広い範囲の汚れはどうやって落とすの?

中性洗剤(台所用洗剤)を適量(食器洗いに使用する程度)染み込ませた、表面の柔らかいスポンジで、汚れ面を軽く叩きます。

叩いて汚れが落ちない場合は、軽くこすります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

※必ず、キレイなスポンジか雑巾(真水かぬるま湯で濡らし、固く絞る)で拭き取り、表面に洗剤が残らないようにしてください。

※洗浄面は良く乾燥させてください。

 

〇コーヒーや醤油などで汚れた場合は?

植物性色素に由来する汚れは、家庭用の漂白剤(キッチンハイタ―など)で除去できます。換気を良くして、水で薄めた漂白剤をタオルなどに染み込ませ塗布した後、ドライヤーで乾かし、水を含ませたタオルで壁面を叩いて壁面に漂白剤が残らないようにしてください。

※予め目立たない箇所で試し、変色や色移りなど問題がない事をご確認ください。

 

〇壁と柱や梁、巾木やドア枠の取り合いの部分に隙間が出来ているのですが、どうしてですか?又、改善する方法はありますか?

木材は、大きければ大きい程、膨張や収縮が大きく発生します。

柱や梁など、比較的大きなものを使用している場合は、壁との隙間が大きく空いてしまう事があります。巾木や建具も同様に、乾燥による収縮によって壁との隙間が生じるのです。木材は呼吸して、生きているため、膨張や収縮を抑える事はできませんが、徐々に収縮が小さくなり、やがて落ち着いてきます。

sakan2.JPG

 

自然素材を使用した家は、ご家族の成長と共に、一緒に年月を重ねて味わい深くなっていきます。

漆喰や珪藻土の塗り壁は、ビニルクロスのように、サッと拭いて汚れが落ちると言ったものではありません。

ですが、ご自分でメンテナンスすることにより、味わいが深くなり、愛着も湧いてきます。メンテナンスには、多少の時間や手間が掛かりますが、その分、快適な住環境で生活が出来るのです。その点から言えば、自然素材を利用することで、その「恩恵を受けている」とも言えるでしょう。

永く大事に住んでいくために、日頃のお手入れを心がけたいものです。

家をご検討中の方は、間取りや設備のほかに、床や壁の仕上げをどうするかも検討されると思います。一度自然素材の家を見て触れて感じてみませんか?

自然素材の素晴らしさは、各展示場でご体感頂けますので、是非ご来場いただきたいと思います。(展示場の情報はコチラから)

 

エアパス工法のお客様へ

今朝は北海道から九州にかけて今季一番の冷え込みとなった所が多くなりました。

昨日は中秋の名月で、綺麗なまん丸の月を見ることができました。深まりゆく秋を感じます。

今日はエアパス工法の換気口の開閉時期についての話です。

エアパス工法の換気口についてですが、「いつ開閉すればいいの?」というご質問をいただきます。

基本的には【夏開ける、冬閉める】のシンプルな考え方ですが、その年の気候や、地域によっても前後しますし、人によって暑さ寒さの感じ方も違うので、目安としてこちらの表を参考にされてください。

 

 

airpass-kaiheizu.jpg

これからは閉める時期です。

目安として

小屋換気口・・・10月中旬~下旬

koya-closed.jpgのサムネイル画像

 

床下換気口・・・9月下旬~10月下旬

※床下換気口に小石やゴミが挟まっていたら、取り除いてから閉める様にしてください。そのまま無理に閉めると、故障の原因となります。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

※小屋換気口を閉めて、床下換気口のみ開けた状態でいると、小屋裏で結露が起こるため、絶対にしないでください。

※お引渡後1年から3年までは、基礎のコンクリートや木材が、より乾燥する為、湿気を吐き出します。冬モード時も、月に一度、半日程度夏モードにすることによって小屋裏の結露防止になります。

※開閉時に調子が悪い箇所がありましたら、ご連絡ください。

 

 

バルコニー(防水)についてのお手入れ

永代ハウスでは、スカイプロムナードという金属防水のバルコニーを施工しております。(10年保証)

スカイプロムナードとは、耐久性・防水性に優れた鋼板に、表面保護膜加工を施し、建物の揺れなどに対応できる【オープンジョイント工法】を用いた、木造住宅に適している金属防水技術です。

シート防水や塗膜防水等の他の防水とは異なり、通常の水周りのお手入れ(表面や排水口のお掃除)にて永くご利用頂けます。

『ここが安心”雨を逃がす・雨を浸入させない”』

揺れることで、力を分散させ耐震性を発揮する木造住宅にマッチした施工になっています。

万が一雨が侵入しても、傾斜を設けたスプリングキャッチャーが雨を受け止めて排水溝へと逃がすようになっています。

また、瓦の/1/16と軽いので、重心も低く、荷重も少なくなります。

【お手入れと注意点】

・ゴミや枯葉は、水の流れをせき止めてしまいます。短期間による集中豪雨も珍しくありませんので、雨漏れの原因になります。ドレンやパイプが詰まる前に定期的なお掃除をお願いします。

・先のとがったものだと表面に傷が付き、雨漏れの原因となりますので、スパイクシューズやハイヒール、アルミ三脚椅子等の使用は避けてください。

・エアコンの室外機を置く場合、鋼板に穴を開けて取付けけないようにしてください。(防水層への加工は雨漏りの原因となります)barukoni.jpg

 

 

ウッドデッキ(保護塗料)

前回に引き続き、ウッドデッキ(ハードウッドを使用したウッドデッキは除きます)のお手入れについてです。

 

木は、含水率が高い状態ではカビや腐朽菌がすぐに繁殖してしまい、劣化を早めます。その為、お引渡時には『ノンロット』と言う、木材保護塗料を塗布してあります。この『木材保護塗料』は、木が腐ってしまう大きな要因である含水率を低く保つことが出来るものです。木の香りを感じられるほどの通気性をもつノンロットは、木が本来もっている水分を放出する力、調湿性を損ないません。これにより、できるだけ乾燥した状態を保ち、木を保護するのです。

 

しかしながら、木材にとっての厳し環境は塗料にとっても同様です。劣化の度合いを見ながら、早めのメンテナンスを行うことが長く付き合うコツといえます。

nonrotto.JPG

 

従来の木材保護塗料は「塗膜による木材表面保護」の考え方が強く、木本来の持ち味や風合いを十分に活かすことが出来ませんでしたが、ノンロットは「塗膜無しで木材を守る」高耐侯含浸型という特徴があります。

塗膜がない含浸型のため、塗り替え時の塗膜除去の手間が省け、経済的です。

刷毛さばきが容易でつなぎムラもできにくく、乾燥も早いので冬場でも効率よく安心して塗布できます。

 

dekki.JPG

(こちらは長崎県佐世保市棚方町の体験宿泊展示場 道草の癒のウッドデッキです)

ウッドデッキ(日頃のお手入れ)

今日はウッドデッキ(日頃のお手入れ)についてです。

こちらは福岡市東区 HIT香椎浜住宅展示場内の、我社の展示場「フォーシーズン」です。

higasshi-1.jpg

 

ウッドデッキを設けることで、内と外とを緩やかにつなぎ、くつろぎのスペースとしても活躍します。

外観やお庭のアクセントにもなります。

お客様からも「ウッドデッキを造りたいです!」との声をよく頂いております。

戸外にあることの多いウッドデッキは、お手入れを忘れがちですが、放っておくと、木の劣化が進みますので、保護塗料を塗り定期的なお手入れをしましょう。

日頃のお手入れポイント

①砂埃りはこまめに取り除きます。板と板の間に詰まった砂埃りも、先の細いものを使って取り除きます。

※砂埃りを放置しておくと、木材の乾燥を早める事になり、埃の中の腐朽菌が木を腐らせる場合があります。

②季節ごとに、デッキブラシ等で軽くこすり、水を流します。汚れがひどい場合は、中性洗剤で洗うと良いです(高圧洗浄機でも汚れを落とす事ができます)

③ジメジメした部分にコケの様なものが生えた時は、デッキブラシでこすれば落ちます。

 

higashi-2.jpg

 

植木鉢やプランターを置いて、ガーデニングを楽しまれる方も多いかと思います。同じ場所に長時間置いていると、底面の部分に風通しが無く、湿気を帯びて汚れたり、腐食するおそれがあります。定期的に位置を移動するだけでなく、何かの台に乗せ、底面の風通しを良くしておきましょう。

9月になり、朝晩は秋の気配を感じます。お庭のお手入れもしやすい季節になってきました。お手入れをすることで、より一層愛着が湧いてくると思います。

床(杉板)のキズを補修する方法

弊社の展示場は、壁や天井、床に自然素材をふんだんに使用しております。

nishi-shikinoie.jpg

(写真は福岡市西区 四季の家展示場です。詳しくはこちら

 

塗料にもこだわりがあり、キヌカというお米が原料の塗料を使用しています。

kinuka.jpg

 

膜を作らないので木が本来持つ調湿効果を妨げないこと、香りを損なわないことなど、自然素材を楽しむためには適した塗料です。

床(杉板)の普段のお手入れとしては、掃除機かけや乾拭きが基本ですが、

「物を落として傷がついてしまった…どうすればいいですか?」というご相談をいただくことがあります。

そんな時は、濡れた布巾とアイロンで、キズを修復することができます。

大きな傷や凹みでなければ修復が可能です。

(アイロンを使いますので、火傷にご注意ください)

 

手順は簡単

1、キレイな雑巾を水でたっぷり濡らし(滴らない程度)キズにあてます。

kizu1.jpg

kizu2.jpg

2、雑巾の上から、アイロンをあてます。(『ジュッ』と音が出てスチームが立つ程度)

kizu3.jpg

3、 木の戻り具合を見ながら、から拭きして完了

kizu4.jpg

 

※雑巾や水が汚れていると、その汚れを無垢材が吸い込んで、汚れがこびりついてしまいます。必ずキレイなものを使用してください。

※キズの補修をした後は、キヌカなどの保護塗料を塗っておきましょう。

グリーンカーテン

暑い夏を少しでも快適に過ごすための工夫として、グリーンカーテンがありますが、我社の展示場でも毎年グリーンカーテンをしています。

こちらは長崎県佐世保市棚方町にあります、道草の癒展示場です。現在長崎県で放送中の弊社テレビCMも、この道草の癒展示場で撮影したCMです。

greencurtain.JPG

(道草の癒展示場は、一日一家族限定で、宿泊体験が出来る展示場です。詳しくはこちら

あざやかな緑と、葉っぱがひらひらと揺れる姿は見た目が涼やかなだけでなく、葉から蒸散する水分が周囲の熱を奪うことにより温度上昇を抑制する効果も期待できます。ゴーヤは収穫して楽しむこともできますね。

今年の立秋は8月7日でしたから、暦の上では秋のはじまりとなっていますが、現実的にはまだまだ暑い日が続くと思われます。

夏の疲れが出やすい頃になります、体調管理に気を付けてお過ごしください。

 

台風時の対策

今年の夏は例年以上に、厳しい暑さが続いていますね。

しかし、今週末は強い台風5号が接近しており、6日の午後には、強い勢力を保ったまま、九州に上陸するおそれがあるそうです。

 

強い雨風が予想されますので、被害を最小限に抑えるために、出来る対策を行っていきましょう。(弊社が建築中の現場でも先日より台風養生をおこなっております。)

 

雨風が強まると、外での作業はとても危険ですので、台風が接近する前に十分に家の外回りの安全対策を行ってください。

 

エアパス工法の家にお住いの方は、小屋換気口と床下換気口を閉めてください。

(強風による雨の吹込みを防止する為です。)

 

yukasita-closed.jpg

koya-closed.jpg

台風が通過し、雨風が止みましたらまた開けてください。

迷走を続けている台風5号、今後の進路に十分警戒してください。