永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

家づくりお役立ち情報の最近のブログ記事

左官の仕事

建築を生業とする私達が素晴らしい技術と思うもののひとつに、古い民家にある土蔵の壁面に描かれた鏝絵(こてえ)があります。

鏝絵は、左官職人が鏝をまるで筆のように扱いながら、漆喰の浮彫で「鶴亀」や「鯉の滝登り」「雲龍」など、縁起の良い図柄を描き出したものです。これは施主への御礼の気持ちを表したものと言われています。

鏝ひとつで、これだけのものを描ける左官の技術は、日本が世界に誇れるものといえるでしょう。

sakan1.JPG

 

建築物の壁塗りに代表される左官工事の原型は、人が竪穴式住居で暮らしていた縄文時代にあります。当時は、土を団子のように丸めて積み上げ、土塀を築く原始的なものでした。これが時代とともに発展。飛鳥時代には石灰で壁を白くしたり、細く割った木で壁芯をつくる技術が生まれました。

平安時代には宮殿の建築や宮中の修理を行うため、宮中への出入りを許された「木工寮の属(さかん)」という役職がありました。漢字には「沙官」「沙翫」が当てられていました。今でも左官のことを「しゃかん」と言うことがありますが、これは当時の名残なのかも知れません。

茶の湯文化が発達した安土・桃山時代には、茶室の壁に色土が用いられるようになり、さらに砂や繊維を混ぜることで、美意識を重んじる繊細な表現をするようになりました。

江戸時代に入ると漆喰仕上げが誕生。商人の土蔵や町家へと普及し、漆喰彫刻や鏝絵という、極めて芸術性の高い装飾技術も生まれました。この時培った技術は、文明開化後の洋風建築の装飾にも生かされました。

左官の仕事は仕上げの美しさのみならず、家の耐久性や快適性にも大きく関わる大切なものです。近年はコンクリートパネルなどの台頭により、左官が腕を発揮する場面や左官仕事そのものが減ってきています。

けれども、日本の伝統建築において左官職人は、重要な位置を占めています。私たちは、左官職人がもっと見直されるべき技と知恵を備えた存在だということを忘れてはいけないと思います。

nishi1.JPG

(写真は福岡市西区 四季の家展示場2階寝室です。珪藻土の壁に藁を塗り込んでいます。)

 

今日から佐世保市春日町にて完成見学会をさせて頂く会場は、和室に珪藻土を塗っています。

珪藻土は脱臭性と調湿性に優れています。身近なところで言えば生活雑貨で、珪藻土のバスマットやコースターなども販売されています。

今回の見学会会場の和室は壁の一面に、アクセントカラーとして赤の珪藻土を塗っています。

カラーバリエーションが豊富なこと、塗り方の仕上げも、「塗りっぱなし仕上げ」「ストリーム仕上げ」「スパニッシュ仕上げ」など、様々できることなどで、珪藻土は人気があります。

左官職人の技を、是非会場でご覧ください。

 

 

大工の仕事

日本の建築は、大工の存在なしには語れません。

大工の名称は、建築技術者の組織の長官を指す官職名「大工」から来ています。副官は「小工」、実際に仕事にあたる人は「番匠(ばんじょう)」と呼ばれていました。また、宮中で建築や修理に携わるため組織された「木工寮」のなかで、木に関わる職を「右官」、土に関わる職を「左官」と呼んだとも言われています。

鎌倉幕府が成立すると、全国各地で寺院建築が活発化し、多くの職人集団が生まれました。頂点に立つ大工は、その下に5人、6人の「引頭(いんどう)」を従え、引頭は5、6人の「長」を従え、長は5、6人の「連」を従えて仕事に当たる、というタテ社会です。

daiku1.JPG

 

江戸時代に入ると、このような複雑な呼び名はなくなり、建築に携わる職人を総称して「大工」と呼ぶようになりました。この大工集団のトップが「棟梁」です。

ひと口に「大工」と言っても、実はいくつもの専門分野に分かれています。一般的な木造住宅をつくる人は「家屋大工(家大工)」、寺社仏閣は「宮大工」、茶室なら「数寄屋大工」、和船や屋形船などをつくる「船大工」、障子や襖をつくる「建具大工」、他にも「彫り物大工」や「家具大工」など。これだけ微細に専門分野を分けているからこそ、プロ意識の高い、いい仕事ができるのです。

日本の伝統的な木造住宅は、家の芯となる柱を立て、梁や桁で組み立てていく軸組工法が基本でした。釘や金具は使わず、部材を成功に切り込んでつなぐ「継手(つぎて)」や「仕口(しぐち)」という木組み法は、芸術の域にまで達した技であり、卓越した先人の知恵そのものです。そこには、湿気の多い日本ならではの木の膨張収縮への配慮や、地震の揺れを分散し倒壊を防ぐなどの知恵が息づいてます。

daiku3.JPG

 

 

残念ながら現在は、建築のコストダウンや合理化、効率化の波に押され、大工の技の継承や、後継者の減少といった問題に直面しています。伝統の木造建築は日本文化そのものです。

永代ハウスは建築に携わる者の使命として、大工仕事を大切にしています。

 

 

 

 

 

電磁波から家族を守る「オールアース住宅」

今週末、10/14(土)15(日)は佐世保市にて完成見学会を開催致します。

この完成見学会(佐世保市オーシャンテラス鹿子前 会場)でご覧いただけるお家が「オールアース住宅」です。

今日はこの「オールアース住宅」についてのお話です。

 

最近では「健康住宅」という言葉が聞かれるようになり、ホルムアルデヒドが出ない家、カビやダニの発生を抑える空気循環型の家など、住む人の健康を重視した住まいが提案されるようになってきました。

ここにもう一つのテーマとして、永代ハウスがご提案したいのが、「電磁場」というテーマです。

電磁場は、過剰になると生体バランスを崩す原因になり、病気や神経障害などを引き起こす可能性があると言われています。また、様々なアレルギーを引き起こす原因の一つとしても注目されています。

永代ハウスは、この電磁場という問題の解決に、電磁場リスクを軽減したオールアース住宅に取り組んでいます。

 

 

こちらの図はオールアース住宅の仕組みです。

allearths.gif

床・壁・天井に張り巡らされている屋内配線からの電磁場は、さまざまな部材を伝って伝染し、身体の表面を覆います。電磁場の室内への侵入を防ぐために、アースをする必要があるのです。

オールアース住宅は、屋内配線からの電磁波(電場)をアースすることによりカットし、健やかな住まいづくりを実現しました。今の暮らしの便利さはそのままに、余分なものだけを取り除くことができたら・・・そんな想いから生まれた住まいです。

 

 

オールアース住宅について、詳しくはコチラをご覧下さい。

10/14(土)15(日)完成見学会について、詳しくはコチラをご覧ください。

「オールアース住宅」について少しでもご興味を持たれた方、是非見学会会場へお越しください。

 

 

庭~家と庭と木、そして人との融合~

永代ハウスのテーマは「家と庭と木、そして人との融合」です。

天然木を使った家には、それに呼応する庭があり、家族とともに歴史を刻む、という考え方です。

例えば、太陽の位置を意識しながら、できるだけ家の四方に庭が接するようにする。庭に常緑樹と落葉樹を植えて小さな森を形成する。庭の手入れや樹木の成長を通じて家族のコミュニケーションや子どもの情操教育につなげていく。このような永代ハウスの考え方を注ぎ込んだのが、自然と共生する家『フォーシーズン』です。

 

higashi-3.jpg

(福岡市東区hit住宅展示場内 フォーシーズン

 

昔の日本人は家を建てる時、生け垣や板塀で敷地を囲み、庭石を置き、植物を配して情感ゆたかな庭をつくりました。春夏秋冬、それぞれの快適さを暮らしの中で感じることができる家。新建材でつくった無機質とは対極にある有機的な家づくりです。無機質の家は歳月の流れとともに老朽化していきますが、有機的な家は住む人に誇りをもたらし、味わいを増していきます。

 

家庭という言葉が「家」と「庭」からできているように、家族が共に過ごす場は家と庭が一対になって初めて成立するのではないでしょうか。そしてもっと突き詰めて言わせていただくなら、庭や木、自然という有機的なものを大事にしなくなったことが今の日本人の在り様にもつながっているように思えます。

 

庭~季節を感じる情緒を演出~

前々回にお話していた「ウッドデッキ」の話に関連して、庭の話です。

 

家を建てる時、近年おろそかにされていると感じるものに庭があります。後々の手入れが簡単に済むようにということでしょうが、玄関アプローチや庭にコンクリートを多用している家が増えました。建物を取り巻く外構を無機質にすると、生活の情緒性に影響が出ると私たちは考えます。樹木や植物を無視しない家、四季を感じられない家は、住む人も気付かないうちに、暮らしから情緒や感受性を奪っていきます。

ガーデニングという言葉が一般化してから十数年経つでしょうか。人々の関心はイングリッシュガーデンやフランス・プロヴァンス風、カナダ風など、欧米に向きました。欧米の人々は庭への興味や関心が高いため、ガーデニングも発達しています。ただ、忘れてはならないのが、江戸時代までは日本が世界に名だたるガーデニング大国だったという歴史です。

nishi-1.JPG

(こちらは福岡市西区 四季の家展示場です)

 

日本のガーデニング、園芸は江戸時代に大きく開花しました。当時の園芸レベルは世界でも最高水準にあったと言われています。富裕層から庶民まで、誰もが植物や樹木に関心が高く、庭を美しくしつらえ、手入れしました。植木屋は新しい品種づくりにしのぎを削って希少な植物を数多く生み出し、人々を夢中にさせました。

その文化が廃れてしまったのは、戦争があったためです。一面焼け野原で住む家を失った日本人は、とても庭どころではなくなってしまいました。世界が注目した珍しい品種の数々も焼けて消失してしまったのです。

けれど、日本人の美意識の中には園芸文化が残っていると私たちは思います。何より、庭と家は引き離しては考えてはいけない関係にあるのです。例えば、家の周りを緑の植栽で囲むことで緑陰が生まれます。手軽なもので言えば、以前お話したグリーンカーテンもその一つだと思います。庭全体が林のようになれば、夏場の過ごしやすさは格段に違ってきます。その樹木が落葉樹であれば、夏場は繁った葉が日差しを遮り、冬場は落葉して温かい光が家の中に入ってきます。言うなれば、庭はもうひとつの家なのです。庭づくりで大切なのは気候風土です。日本には日本の、九州には九州の気候風土に合った植栽を考える必要があります。

kinohanasi-3.JPGのサムネイル画像

 

知っておきたい木の話

今日は、永代ハウスがこだわって使用している自然素材、そのなかの「木の話」です。

 

日本の建築は木とともに発達してきました。今からおよそ1400年前、推古天皇と聖徳太子が用明天皇の遺願を継いで建立した法隆寺は、現存する世界最古の木造建築です。1993年には、ユネスコの世界文化遺産に日本で初めて登録されたことで、世界の人々から注目されるようになりました。法隆寺に使われている木材はヒノキです。

『日本書紀』に「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」という記述があるように、ヒノキは古くから神社や仏閣などに使われてきました。そもそもなぜヒノキが選ばれたのでしょうか?ヒノキは、伐採してからその後200年間は強度が高まり続け、その後100年もの歳月をかけて徐々に弱くなると言われます。この驚くべき耐久性こそがヒノキの本領です。

 

 

kinohanashi-2.JPG

 

 

ヒノキと同様に芳香があり、建築用材として古くから親しまれてきたスギは円形の樹幹が空に向かって真っすぐ伸びる特性があります。そのため、加工しやすく、強度も十分。現代の木造建築には欠かせない用材です。ところが最近は花粉症の原因としてスギ花粉が忌み嫌われています。この原因は、高度成長期にスギやヒノキの植樹が大規模に行われたものの、林業の衰退によって伐採や間伐に手が回らなくなったことがひとつ。さらに、昔は草原や土に吸着・分解されていた花粉が道路のアスファルト化やコンクリート化によって行き場を失ってしまったことも挙げられます。実は、花粉症は人間が経済発展優先のために引き起こした現代病とも言えるのです。

 

 

kinohanashi-1.JPG

 

 

スギ材について、永代ハウスでは九州産の杉を使っています。九州の家には、九州の自然環境の中で育った木がもっとも適していることは言うまでもありません。

時間が経つにつれて色あせる人工の新建材に対し、時の経過とともに味わいを増すのが天然木の魅力。家じゅうを包む清々しい木の香。やさしい温もりを感じながら素足で歩く心地よさ。木の家に一度住んでみれば、その違いに驚かれることでしょう。

 

 

kinohanashi-4.JPG

水へのこだわり『逆浸透膜浄水器』

今日は、お客様へお出ししている『水』についてご紹介いたします。(詳しくはこちら

永代ハウスでは、

健康的な生活に大切な三大要素は『室内空気』・『食べ物』・『水』

だと考えています。

私達の体は、赤ちゃんで約75%、大人で約65%が水でできています。

毎日の健康の基本である『水』ですが、弊社では逆浸透膜浄水器「アクアクオリア」をご提案しております。

(事務所にアクアクオリアを設置しているので、スタッフが飲むお茶やコーヒーもアクアクオリアのお水を使っています)

逆浸透膜は、水中に含まれるごみや不純物(化学物質、花粉、細菌など)を除去しますので、安心で、やさしくきれいなピュアウォーター(純水)をつくることができます。業務用では信頼できる浄水器として多く採用されています。

その、逆浸浸透膜浄水器の浄水スピードをアップしたのが「アクアクオリア」です。プロ仕様がコンパクトになり、ご家庭でも毎日簡単にピュアウォーター(純水)をお楽しみいただけるようになりました。

参考までに、

水道水のフィルター(中空糸膜 一般的に0.1ミクロンの孔)

逆浸透膜の孔のサイズは、0.0001ミクロン(1㎜の1千万分の1の大きさです)

このフィルターで、水に入り込んだ極小の化学物質を取り除きます。

家を建てる時には、毎日の生活に欠かせない「お水」についても見直してみてはいかがでしょうか?

 

aquaqualia.jpg

 

住まいのギャラリー

長崎県佐世保市松浦町にあります、永代ハウス本社ビルの2Fと3Fには「住まいのギャラリー」がございます。

打合せスペースのほか、キッチンや洗面化粧台、システムバスの展示、建具コーナー、エアパス工法の大きな模型など、家づくりに役立つものを多数展示しております。

3f-1.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

こちらはキッチンのコーナーです。

キッチンは4台、タカラスタンダード、LIXIL、クリナップの3社の商品を展示しております。

キッチン前面の壁に貼っているタイルも特徴的です。

凹凸があったり、ランダムな幾何学模様だったりと、家づくりのアクセントになるような材料です。

お部屋のなかの造作や、ワンポイントでアクセントに使用するとおしゃれな仕上がりになりそうです。

 

3f-3.JPG

こちらはエアパス工法の模型です。

床下や小屋裏の換気口の開閉の仕方、使用している断熱材、完成してしまったら見ることが出来ない壁の中(エアパス工法は断熱材を挟んで、外壁側と内壁側に2つの通気層があります)など、じっくりと見ることが出来ます。

3f-4.JPG

こちらは、内装材のコーナーです。

漆喰や珪藻土を塗った見本を展示しております。

 

 

家づくりの参考になる情報がたくさんありますので、お気軽にお立ち寄りください。