永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

家づくりは、夏を中心に考える。

梅雨が明けて、本格的な夏になってきました。

今日のブログは「家づくりは、夏を中心に考える。」です。

 

「家のつくりやうは、夏を旨(むね)とすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は、堪え難き事なり」

日本の三大随筆のひとつとされる吉田兼好の「徒然草」(1330年頃)にある有名な一節です。これは、家を建てる時は夏を主体に考えよ、冬の寒さは工夫次第でしのげるものの、夏の暑さは耐え難いものなのだから、という意味です。家を工夫することで、高温多湿の蒸し暑い夏を乗りきる。それは地球温暖化が深刻さを増す現代こそ重視したければならない考え方と言えるでしょう。

古くから日本の伝統的な民家には、夏場に自然の涼しさを取り込む工夫がなされていました。屋根の庇を長くし、縁側を設けて、直射日光が部屋に入らないようにする。襖や障子、ガラス戸などを引戸にすることですべて開け放てるようにし、風通しを良くする。地域によって風の吹く方向に家を配置する。猛暑に省エネが課せられた今、このような先人の知恵を活かした家づくりが求められています。

20190731_01.jpgのサムネイル画像