永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

平成から令和へ

昨日で平成が終わり、今日から令和の元号に変わります。

日本にとって、大きな節目を迎えました。

人生は一日一日の積み重ね、これからの令和の時代も一日一日を大切に、令和の元号に込められたように、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができるように過ごしていきたいと、改めて思いました。

 

永代ハウスが歩んできた平成の時代

30年と4カ月の平成の時代でした。

当社は元号が平成に変わる約1年前の昭和62年の12月に創業しています。

創業当時は、家を建てれば売れる時代で、木造住宅を中心に『安くて良い家』を目指して新しいものをとりいれたり、改善・研究を続けてきました。あわせて、土地付き建物を安価で提供してまいりました。

平成8年までは、建材メーカーに誘導された家づくり、住宅業界がさぼって技術をおろそかにしていました。

・・・木造住宅ではどこの会社でも同じ様な家になってしまう。やはり、木造住宅で差別化は無理かもしれないという思いがありました。

・・・大工さんや左官さんなど職人の技術がおろそかにされていった。

・・・昔は、地域それぞれ様々な個性があったのに今は全国どこへ行っても同じ様な風景になってしまった。

私達住宅にたずさわる者として反省せざるをえませんでした。

 

平成9年、思い返せばここからが本当の家づくりのスタートでした。

平成9年4月~消費税が5%になり、それまでのかけこみ建築、その後住宅着工の動きが少し鈍くなってきた頃でした。

技術屋あがりの当社社長としては、『やはり住宅における最高峰は鉄筋コンクリート住宅である』という考えを持っていました。鉄筋コンクリート住宅は高度な技術を必要とするため、差別化もできます。

 

平成11年、現場製作のコンクリート住宅に出会い、平成13年、『スーパーシェルター』として家族を守る強い住宅が誕生しました。

台風の被害を受ける地域や、敷地が狭い建替え(3階建)など幅広く対応できるようになりました。

しかし、頑強なスーパーシェルター・地震や台風、火事にも強いのですが、

・・・コンクリートって「冷たい」「固い」イメージ、コンクリートって「結露」も気になる

こういった問題もありました。

「もっと、もっと」の精神で全国を勉強してまわり、北は北海道から南は沖縄まで、本当に色々勉強の日々でした。

そこで出逢ったのが、

本物の「木」(無垢材)

コンクリートの冷たさや、結露を解消できる!ということで「木装コンクリート住宅(内部仕上がりは無垢材の木造り)」が誕生!

無垢材の良さである、

・程よい湿度を保って快適

・カビ、ダニ防止で衛生的

・木は目にもやさしい

・バランス良く音を吸収する

・木の香りでストレス解消

・木の床は衝撃を吸収する

 

平成15年

様々な出会いの中で家具職人さん、版画家、篆刻家、青竹細工職人さん、バスケットアーティスト、押し花・グラスアート等、それぞれの「道」でこだわりを持った本物志向のみなさんと知り合う事ができました。

その中の一人の家具職人さんが、当社社長と同じような考えでやっている会社が福島県にあると教えてくれたのです。

平成15年6月

最初は半信半疑でした、いざ福島へ。

展示場を見せていただき、エアパス工法と国産の木による木造住宅を見た時の驚きと感動。目から鱗が落ちるとは、まさにこの時のことだと社長は話します。

住いの工業化によって、起こったシックハウス症候群・間取りの変えにくさ・空調による身体への影響・以外にも早く老朽化する新建材・オリジナリティの低さなど、問題を解決できると思ったのです。

 

私達が本当に住みたい家は、身体にやさしく、様々な変化に富み、夏涼しく冬暖かい。いつまでも丈夫で、住めば住むほど味わいが出てくる。天然素材が息づいた本物の住まい。それは、懐かしい60年前の日本の住まいの伝統が生き、技が継承された本物の住まいでした。

たどり着いたのは結論は、『オンリーワンとは基本に帰り忠実に技術を磨きぬくこと』

大工さんや、左官さん、建具職人の技術の継承を積極的に行い、腕のいい職人と地元産の木による伝統工法の価値ある家を、手ごろな価格でご提供すること情熱を注いでまいりました。

 

伝統の技術を継承する一方で新しい技術も取り入れて融合しました。「エアパスの家」は、太陽熱や風、地熱など自然のエネルギーを、機械や設備なしに取り入れるエコ時代の住宅です。また、電磁波のリスクを軽減するために、床と配線の間に有機導電性繊維を入れてアース処理をする「オールアース住宅」も開発し、暮らしやすさを追求しています。

 

令和の時代が始まる、今期の指針は『挑戦』(チャレンジ)

今期の当社の指針には『挑戦』という言葉が掲げられています。

新しい時代、新しいことに挑戦(チャレンジ)し、これからもオンリーワンの価値を高め、心から喜んでいただける家づくりを目指して企業努力を重ねて参ります。