花粉症の季節

少しずつ寒さもやわらぎ、暖かさを感じる日も増えてきましたが、花粉症の方には辛い季節がやってきました。

当社にも花粉症のスタッフがおりまして、マスクやティッシュが手放せず、辛そうにしている姿を見かけます。

花粉症の症状を軽減する為に、家づくりのなかでもお役に立てて頂きたい情報がありますのでご紹介いたします。

花粉症の対策として、『家の中に花粉を入れない』ということが重要です。

まず玄関です。

外から帰ってきた人の身体には花粉が付着しており、花粉ごと家へ持ち込む恐れがあります。玄関ホールでコートや羽織物、帽子などは脱ぎ、室内の持ち込まないようにしましょう。ここで活躍するのが玄関クロークです。クロークで花粉をとどめ、室内に持ち込まないようにしましょう。

次に洗濯物です。

外干しすると、干している間に花粉が付着し、取り込む際に花粉も一緒に部屋に入れてしまうことになります。花粉の舞うこの季節、出来るだけ部屋干しにしましょう。毎日毎日部屋干しとなると、洗濯物を干す場所の確保が必要になります。洗濯物を干す室内物干しスペースを確保出来ればよいのですが、間取り的にそんな余裕がないという方は、お風呂場に干すのがおすすめです。

お風呂場には換気扇が付いてますので、湿気を取りやすい仕組みになっています。(システムバスには浴室乾燥機能が付いている場合もあり、より早く洗濯物が乾きます。)換気扇を回しながら、扇風機やサーキュレーター、除湿機などを併用すると、より短時間で洗濯物が乾き、生乾きの臭いも防ぐことが出来ます。

洗濯機とお風呂場は近い場所にあり、洗濯して干すまでの動線も短く、急な来客があった時も目に付きにくい場所なので、慌てる心配もありません。

出来るところから花粉症対策、やってみてください。

 

前へ

『南欧の癒e-スタイル』モデルハウス建築中

次へ

【佐世保】2棟同時完成見学会