永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

玄関ドアを替えました

佐世保市四季の家にあります四季の家展示場、今年の4月で築14年になりました。

オープン以降、これまでも少しずつ替えてきたところがありました。

・三和土の土間から板土間へ

・2階子供部屋にバルコニーを設置

・畳の縁を黒から白へ(室内ファブリックも白系へ)

などなど・・・少しずついろいろなところを替えていました。

 

そして今年は夏に玄関ドアを新しく作り替えました。

Before

siki52.JPG

 

 

After

siki53.JPG

 

 

使用している木の材質が変わりました。

以前は杉材で作った玄関ドアでした。今回はくるみで作った玄関ドアです。

くるみはウォールナットという名称で流通しており、加工がしやすく強度もあります。重厚感ある木目や格調高い色合いで、広い用途に使われています。

とても深みのある色合いで、使い込むにつれて味わいが出て、時間と共に磨きがかかります。

くるみは広葉樹で、洋のイメージを出し玄関が重々しく格調高く感じるようになりました。

それに合わせて、玄関ポーチの土間の目地を黒く塗装しました。(写真では光の関係で白っぽく見えますが)

玄関ドアとポーチの目地の色調を統一することで、まとまりのある印象になりました。

 

ちなみに、福岡市東区にあるフォーシーズン展示場(hit香椎浜住宅展示場内)の玄関ドアは、チェリーでこちらも広葉樹です。

genkan.jpgのサムネイル画像

チェリーはバラ科の木材で、心材は当初やさしい風合いの淡いピンク色ですが、光を浴びることで時間の経過と共に気品ある飴色に変わっていきます。

 

 

新しく生まれかわった四季の家展示場玄関、これまで見学したことのある方も、はじめての方も、来られた際にはごゆっくり見られてください。

siki54.JPG

(佐世保市棚方町 四季の家展示場の詳しい情報はこちら