永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

エアパス工法のお客様へ

今週で10月も終わります、早いもので今年もあと2ヶ月となりました。

あと2ヶ月ですが年末は、やる事が多く何かと忙しくなる時期です。

今からできる大掃除や片付けなどは、計画的に進めて行きましょう。

 

エアパス工法のお客様は、冬モードに切り替える時期になりました。

床下換気口と、小屋換気口を閉めて、冬モードにしましょう。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

※こちらの図は開閉時期の目安を表しています。お住まいの地域や、暑さ寒さの感じ方はそれぞれだと思いますので、目安として参考にされてください。

 

小屋換気口を閉めましょう。

下記の写真のように、引手を下へ引っ張り、金具にひっかけると、小屋換気口が閉じます。

 

koya-closed.jpgのサムネイル画像

 

 

床下換気口を閉めましょう。

写真のように、つまみを横にしてレバーを止めます。

今年は台風が多かったので、床下換気口付近に葉っぱやゴミが引っかかっているかもしれません。

換気口を閉める際に取り除きましょう。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

 

換気口開け閉めの際に不具合がございましたら、当社までご連絡ください。

 

エアパス工法は機械設備を使用せず、夏涼しく、冬暖かい「夏モードと冬モード」を切替えることが出来る家です。

家の中の温度差による血管の収縮で血圧が変動し、心筋梗塞や脳卒中が引き起こされるヒートショック。日本では交通事故で亡くなる方が年間約5千人(事故後30日以内)なのに対し、年間約1万4千人の命がヒートショックによって奪われています。

エアパス工法の家は壁体内を暖かい空気が循環するため、使っていない部屋や北側の水回り(トイレや浴室)でも温度差がないのが特徴です。家中がほぼ均一の温度に保たれるため、ヒートショックによるダメージを受けにくいメリットがあり、年を重ねても安心・安全です。

 

(エアパス工法について、詳しくはこちら

エアパス工法を体感されたい方は、各展示場へお越しください。