永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

2018年10月アーカイブ

エアパス工法のお客様へ

今週で10月も終わります、早いもので今年もあと2ヶ月となりました。

あと2ヶ月ですが年末は、やる事が多く何かと忙しくなる時期です。

今からできる大掃除や片付けなどは、計画的に進めて行きましょう。

 

エアパス工法のお客様は、冬モードに切り替える時期になりました。

床下換気口と、小屋換気口を閉めて、冬モードにしましょう。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

※こちらの図は開閉時期の目安を表しています。お住まいの地域や、暑さ寒さの感じ方はそれぞれだと思いますので、目安として参考にされてください。

 

小屋換気口を閉めましょう。

下記の写真のように、引手を下へ引っ張り、金具にひっかけると、小屋換気口が閉じます。

 

koya-closed.jpgのサムネイル画像

 

 

床下換気口を閉めましょう。

写真のように、つまみを横にしてレバーを止めます。

今年は台風が多かったので、床下換気口付近に葉っぱやゴミが引っかかっているかもしれません。

換気口を閉める際に取り除きましょう。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

 

換気口開け閉めの際に不具合がございましたら、当社までご連絡ください。

 

エアパス工法は機械設備を使用せず、夏涼しく、冬暖かい「夏モードと冬モード」を切替えることが出来る家です。

家の中の温度差による血管の収縮で血圧が変動し、心筋梗塞や脳卒中が引き起こされるヒートショック。日本では交通事故で亡くなる方が年間約5千人(事故後30日以内)なのに対し、年間約1万4千人の命がヒートショックによって奪われています。

エアパス工法の家は壁体内を暖かい空気が循環するため、使っていない部屋や北側の水回り(トイレや浴室)でも温度差がないのが特徴です。家中がほぼ均一の温度に保たれるため、ヒートショックによるダメージを受けにくいメリットがあり、年を重ねても安心・安全です。

 

(エアパス工法について、詳しくはこちら

エアパス工法を体感されたい方は、各展示場へお越しください。

 

「2018 NAGASAKIしごとみらい博」に出展します

2018年12月8日(土)に開催されます「2018NAGASAKIしごとみらい博」に当社が出展致します。

このイベントは、地元企業と学生を繋ぐイベントです。

従来の就職活動で行われているような会社説明会とは異なり、学生さんと企業が気軽に情報交換を行いながら、地元企業や長崎の魅力を知ってもらうことで、将来長崎で暮らし働くことを選択するきっかけにしてもらおうというイベントです。

(イベントの詳細はこちら

就職活動の会社説明会ではないので、当日学生さんは「私服できてね!」とのことです。

お楽しみ抽選会もあるようで、とても楽しそうなイベントです。

当社がどのような会社か、どんな先輩社員が働いているのか、たくさんの学生さんに知って頂く良い機会にしたいと思っております。

私達もたくさんの学生さんとお会いできるのを楽しみにしています。

 

住まいのにおい

当社の住宅展示場をご見学に来られるお客様からよく「この展示場は木の香りがいいですね!」と言われます。

佐世保市棚方町にある四季の家展示場に来られたお客様に「この展示場は築14年になるんですよ。」とご説明すると、「14年も経ってるのに、まだこんなに木の香りがするんですね!」とびっくりされます。

なかには、「今までいろんな住宅展示場を見てきたけど、ツンとした匂いがすごくて、長時間展示場を見学できなかったんです。」という方もいらっしゃいました。

臭いの感じ方は個人差が大きく、同じ臭いに対しても心地よいと感じる人もいれば、不快と感じる人もいます。喫煙などの生活習慣、暮らしてきた環境や経験の影響があるとも言われています。

今日は「住まいのにおい」ということで書かせていただいてますが、住まいのにおいといっても、家の中の食べ物のにおい、ペットのにおい、観葉植物のにおいなど、様々あるなかで、家を建てる材料のにおいについてご紹介したいと思います。

 

・木のかおり

当社の展示場の「木の香り」ですが、これは杉の木の香りです。

当社では床や天井に無垢の杉板を使用しています。

とても落ち着くいい香りですが、この香りの正体はフィトンチッドといわれる揮発性物質です。

フィトンチッドは、リラックス効果を与えたり、快適な睡眠をもたらすなど、様々なメリットがあります。

・塗料のかおり

生活なのかで利用されてるさまざまなもの(木やプラスチック、金属、紙など)はその多くが塗料で塗装されています。

塗料の目的は、色づけ、水や汚れなどからの表面の保護です。

当社では室内の杉板塗装に「キヌカ」という塗料を使用しております。

キヌカは溶剤不使用の100%自然由来成分でできています。溶剤とは塗装しやすくするために塗料を希釈する液体のことで、よく知られているものではシンナーなどがあります。塗料が乾く際に空気中に放散されるのですが、なかには刺激臭があったり、有害な化学物質が含まれている物もあります。

キヌカは溶剤不使用の為、刺激臭を発しないことと、木の表面に塗膜を作らないことで、木の質感を変えず、木が持つ香りを損なわないというメリットがあります。

 

 

使う材料、塗料で室内のにおいは変わります。

これまで住宅展示場を見学されて、「ツンとくる臭いが気になった」という経験をお持ちの方、化学物質に対して敏感な方は、ぜひ当社の展示場を見学されてみてみてくださ。

nishi13.JPG

(福岡市西区 四季の家 展示場)

 

10/16長崎新聞にて掲載(長崎県立大学講話)

佐世保市川下町にあります長崎県立大学にて、当社代表の松村が講話を行った内容が、10/16(火)の長崎新聞に掲載されました。

ns1016.jpg

長崎県立大学にて講話

10/9(火)、佐世保市川下町にあります長崎県立大学にて、当社代表の松村が講話を行いました。

内容は、長崎県立大学 地域創造学部 実践経済学科の科目「ビジネス経済の実践」についてです。

2年生の学生さん、約150名へのお話でした。

当社には長崎県立大学出身の社員も在職しており、インターンシップで学生さんが研修に来られたり、これまでも関わりのある学校でした。

題目は「これからの日本経済に対する日本人としての心得」という内容でした。

 

4125.jpg

 

今回の講話について、来週の長崎新聞にて掲載されるそうなので、その際はまたブログでご紹介致します。

 

【佐世保】「南欧の癒e-スタイル」説明ご案内会

10/13(土)14(日)、佐世保市棚方町 ふじみ台の四季の家展示場にて、先日発表した新商品「南欧の癒(いえ)e-スタイル」の説明ご案内会を開催致します。

憧れのデザイン「南欧風」を厳選したディティールで仕上げる永代ハウスの新商品「南欧の癒e-スタイル」についての説明ご案内会です。

2018-10.jpgのサムネイル画像

 

こんな方は、是非ご来場ください。

・洋風のかわいい家をお好みの方

・アンティーク感のある家をお好みの方

・レンガやタイルの雰囲気を家づくりに取り入れてみたい方

・オレンジやベージュ、白など、やさしい色合いの家をご希望の方

・アーチの下がり壁で、かわいい雰囲気の家にあこがれる方

 

参考プランとして、ふじみ台セットプラン例をご用意しております。

ご興味のある方は、ぜひ、説明ご案内会にお越しください!

 

新商品「南欧の癒(いえ)e-スタイル」発売

当社では、この度、新商品「南欧の癒(いえ)e-スタイル」を発売致しました。

 

社会や経済も、常に変化し、動いています。

人々の意識や価値観も変化し、多様化しています。

それに伴い、社会が求めるニーズも多様化しています。

そこで、お客様のニーズに応えられる商品を作るため、プロジェクトチームを立ち上げました。

さまざまニーズがあるなかで、まず南欧風の家をお客様に分かりやすい形で、コストも抑えてご提供できる形を考えていきました。

 

そしてこの度の新商品「南欧の癒(いえ)e-スタイル」を発表することになりました。nanou.jpg

 

憧れのデザイン「南欧風」を厳選したこだわりのディティールで仕上げる永代ハウスの「南欧の癒e-スタイル」をご紹介いたします。

《こだわりの標準仕様》

・明るいミックスカラーが可愛いS瓦

・家の個性が出る妻飾り

・オシャレなアイアンの階段手摺、タオルリング、トイレットペーパーホルダー

・深い軒の出で、重厚感ある佇まい

・オシャレな格子付き片上げ窓+窓モール

・内部、外部の壁にR加工

・かわいいレンガ調外部角コーナー

・バルコニー手摺

・外壁はベルアート吹付仕上げ

 

充実の標準仕様で、憧れの南欧風の家をご提案致します。

また、発売記念キャンペーンとして、「南欧の癒e-スタイル」をご契約頂いたお客様、先着10棟限定で、ウッドデッキ4.5㎡分(20万円相当)をプレゼント致します。

 

新商品「南欧の癒e-スタイル」及び、キャンペーンに関するお問い合わせは、

本社(佐世保)0120-194-243

福岡支店0120-412-188

まで、お気軽にお問い合わせください。

 

エアパス工法 床下換気口開閉時期のご案内

10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月となりました。

朝晩は肌寒くなってきました。

 

エアパス工法のお客様へ、床下換気口開閉時期についてのご案内です。

エアパス工法は床下換気口と小屋換気口を開閉することにより、「夏モード」と「冬モード」に切り替えることができます。

夏と冬のツーウェイで衣替えをする住宅です。

機械を使用しないので、故障の心配がありません。

 

床下換気口の開閉時期ですが、9月下旬から10月下旬が閉める時期になっています。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

 

床下換気口を閉めましょう。

yukasita-closed.jpgのサムネイル画像

 

小屋換気口は10月中旬~下旬が閉める時期になっています。

エアパス工法は夏モード・冬モードで空気の流れを切替える「衣替えできる家」です。

当社の各エアパス工法の展示場にて体感してみて下さい。

(展示場案内はこちら

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。