永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

秋、エアコンのお手入れ

近頃は少しずつ、夏から秋に季節が変わっていくのを感じます。

朝晩は窓を開けてると肌寒いほどです。

そろそろ、エアコンの出番も減ってきているのではないでしょうか?

来年も快適にエアコンを使用できるように、秋晴れの日にエアコンのお手入れをしてみてはいかがでしょうか?

エアコンの中にホコリや汚れが溜まった状態でいると、カビやダニが発生し、エアコンを付けた時に風と一緒に室内に送られます。

普段のお手入れでは、フィルターのホコリを掃除機で吸い取る程度で十分ですが、シーズン終わりの秋には水洗いすることをおススメします。

スポンジに、薄めた中性洗剤を付けて、フィルターを傷めないように優しく丁寧に洗いましょう。

最後に洗剤をきれいに洗い流し、日陰でしっかりと乾かします。

 

本体のアルミフィンも、シーズン終わりにはお手入れをしましょう。

アルミフィンに付いたホコリは、ブラシで優しくかきだしながら掃除機をかけると取り除くことができます。

しっかり掃除したい方は、スプレータイプのエアコン洗浄剤も市販されています。(取扱説明書をよく読んでご使用ください。)

洗浄後は、内部を完全に乾かしましょう。(送風コースで時間ほど稼働させ乾燥させます。)

清掃後、内部が十分乾燥していなままだと、そこからまたカビなどが発生することがあります。

そのためにも、湿気の少ない秋晴れの日にお手入れをしましょう。

 

室外機についても、一緒にチェックしてみましょう。

室外機の周り、裏にゴミや枯葉など溜まっていませんか?今年は台風も多かったので、以外と物が飛んできて挟まっていたりするかもしれません。ゴミや枯葉が溜まっていたり挟まっていれば、取り除きましょう。

室外機の周辺の風通しが悪いと、エアコンの稼働率が悪くなります。

出来るだけ、周囲に風通しを阻害するものを置かないようにしましょう。

家もエアコンも、こまめな手入れで永く大切につかっていきましょう。