永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

2018年7月アーカイブ

安全大会

今年の全国安全週間は7/1~7/7までで、スローガンは

「新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災」

でした。

当社の取り組みでは、6月29日(金)佐世保市労働福祉センターにて、安全大会を開催致しました。

anzen1.JPGのサムネイル画像

 

安全大会では、今年の安全スローガンの発表や、労働基準監督署の方による講話、日頃当社で行っているクリーンプロジェクトの表彰などをさせて頂きました。

綺麗な現場で、災害防止に努められた職人さんたちを表彰します。

現場で作業する職人さん、業者さん、当社の現場監督、一人一人が労働災害防止の意識を高め、無事故で完成、お引渡を迎えられるよう、気持ちを引き締めます。

anzen2.JPGのサムネイル画像

また、今年は、当社と同じエアパスグループに加盟している三重県の住宅会社 アート宙様から、石田社長をお招きして講話をして頂きました。

anzen3.JPG

 

 

今年の夏は、7月ですが既に記録的な猛暑となっています。

過酷な環境でお仕事をされる職人さんたちの体調管理をしっかりと行い、労働災害が発生しないように管理監督を行っていきます。

 

360°バーチャル展示場はじめました!

皆様がお持ちの、パソコンやスマホで、360°バーチャル展示場が見れるようになりました。

360biz.jpg

 

これまでも当社のホームページで、展示場のご案内をしておりましたが、写真や説明分だけでは伝えられなかったことを、360°バーチャル展示場をご覧頂くことでお伝えできると思います。

間取り図とも連動していますので、今見ているところが間取り図のどこなのか、どの角度をみているのかも分かります。

 

 

まずは、弊社の自然素材の家づくり、エアパス工法の原点となっている佐世保市棚方町の「四季の家」展示場を公開いたしました。

360°バーチャル展示場「四季の家」はこちら

(今後、他の展示場も随時公開していきますので、その際は改めてご紹介いたします)

 

「四季の家」展示場は広がり間取りとなっています。

開放感いっぱいの広々とした間取り、リビングの天井吹抜けを360°バーチャル展示場で、ゆっくりご覧ください。

360°バーチャル展示場をご覧いただき、ご興味を持たれた方は、是非リアルの展示場へお越しください。

 

 

【本社】2棟同時完成見学会

佐世保市で行われる2棟同時完成見学会のご案内です。

 

今週末 7/14,15,16の3連休、佐世保市にて2棟同時完成見学会を開催致します。

お引渡前のお客様の家をご覧いただける貴重な機会となっております。

2018-7.jpg

会場が2か所ございますので、それぞれの会場へ直接お越しください。

 

【山手町会場:自然素材をふんだんに使った心地よい家】

こちらの家は、2階建てで約32坪のおうちです。間取りは3LDKとなっております。

1階は体にやさしい自然素材をふんだんに使っております。

無垢材の杉板、壁の珪藻土など、自然素材ならではの風合いや足ざわりの良さをご体感いただけます。

また、これらの素材は調湿効果が抜群です。

造り付の食品庫や下駄箱で、収納もたっぷり確保しています。

外観は杉板を使った趣きあるデザインに仕上がりました。

 

【グランドベルクシティ花高会場:子育て世代にもぴった、太陽光発電の家】

こちらの家は、2階建てで約32坪のおうちです。間取りは4LDKとなっております。

フローリング仕上げの洋風のおうちです。

玄関ホールやダイニングにニッチを設け、色々と飾れるようにしています。

洗面脱衣室に造り付の収納を設けているので、衣類やタオル、洗剤のストックなどもスッキリ収納できます。

対面式のキッチン、LDK、和室が直線でつながっているスッキリとした間取りです。

子育て世代に嬉しいリビング階段です。

外観はシンプルでスタイリッシュに仕上がっています。

 

どちらのおうちもお客様のこだわりが詰まった素敵な家に仕上がっていました。

お施主様のご厚意による貴重な見学会となっておりますので、皆様ぜひ会場へお越しください。

 

見学会に関するお問い合わせは、永代ハウス(株)本社

0120-194-243

まで、お気軽にお問い合わせください。

エアパス工法 床下換気口開閉時期のご案内

この度の平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復旧を、心からお祈りいたします。
 
 
 
 
 
 
 
九州北部の梅雨明けが発表されました。
先週の台風や豪雨と打って変わって、今週は連日晴れマーク、最高気温30°越えの予報がでています。
本格的な夏の訪れを感じます。
熱中症対策など、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。
 
 

エアパス工法のお客様へ、床下換気口開閉時期についてのご案内です。

エアパス工法は床下換気口と小屋換気口を開閉することにより、「夏モード」と「冬モード」に切り替えることができます。

夏と冬のツーウェイで衣替えをする住宅です。

機械を使用しないので、故障の心配がありません。

 

床下換気口の開閉時期ですが、7月中旬で、梅雨明け後が開ける時期になっています。

airpass-kaiheizu.jpgのサムネイル画像

 

 

床下換気口を開けましょう。

yukasita-open.jpg

 

 

小屋換気口は4月中旬から5月上旬に開ける時期となっておりました。

まだ小屋換気口を開けていらっしゃらないお客様は、床下換気口と一緒に開けて下さい。

koya-open.jpg

※台風の際は、強風による雨の吹込みを防止する為、小屋換気口・床下換気口を閉めて頂きます様おねがいします。

 

エアパス工法は夏モード・冬モードで空気の流れを切替える「衣替えできる家」です。

当社では一日一家族限定でエアパス工法の家を宿泊体験できる「道草の癒」をご用意しております。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 
 

木材の習性(隙間・割れ・離れ)

前回にひきつづき、木材の習性のはなしです。

daiku3.JPGのサムネイル画像

 

Q:壁や天井のクロスの離れ、しっくいや珪藻土の割れが発生した。

壁の下地や柱など材木の呼吸により、膨張や収縮を繰り返しています。

それにより壁や天井に用いているボードが引張られます。

その為にクロスの継ぎ目やボードの継ぎ目部分が離れるように線が入ってしまいます。

対処方はお引渡し時にお渡ししているクロスのコークボンドを離れている箇所へ充填していただき、余分なコークボンドは濡れタオル等で拭き取って頂ければ継ぎ目が目立たなくなります。

(漆喰や珪藻土にも使用できます)

 

Q:床(杉、桧などの無垢材)の離れ(隙間)や段差が気になる。

木は部屋の余分な湿気を吸湿したり乾燥時期には水分を放出するなど呼吸を行います。

それにより木は乾燥して縮んだり、湿気を吸って膨張したりを年間通して繰り返しています。

その習性は木の板の一枚、一枚で異なります。

節の無い部分は柔らかく膨張や収縮が大きいのですが、節の有る部分は硬いため、膨張や収縮が節の無い板と比べ小さくなるのです。

対処方としまして部屋の乾燥を抑える事により無垢材の縮みを少なくする方法をお試しください。

(床材の隙間に木を埋めたり、段差解消の為に削ったりは出来ません。)

 

Q:梁の割れや梁と壁の隙間が気になる。

無垢材は部屋の余分な湿気を吸湿したり乾燥時期には水分を放出して呼吸をしています。

それにより無垢材は乾燥して縮んだり吸湿して膨張したりを年間通して繰り返しています。

実際に乾燥していくなかで木には割れが必ず生じますが、もちろん強度に影響が出る程ではありません。

梁と壁との隙間が気になられる場合は、対処法としましてお引渡時にお渡ししているクロスのコークボンドを隙間へ充填していただき余分なコークボンドは濡れタオル等で拭き取って頂ければ離れが目立たなくなります。

部屋の乾燥を抑える事により無垢材の縮みを少なくする事が出来ます。

 

Q:化粧柱の背割りの隙間が気になる。

化粧材で柱(無垢材)を建てる場合、見えない部分もしくは見えにくい部分の一面に背割りを入れます。背割りとは、化粧の柱が乾燥した時に発生する割れを防止または軽減させる為に、あらかじめ割れ目を入れる事です。背割りを入れる事で柱の中心部がすばやく蒸発し、他の面が割れにくくなるのです。

しかし、化粧柱を建てる場所により背割りが目立つ場合は背割りの割れが目立たないように木を入れて隙間を埋めますが、本来であれば割れを防止させる為の背割りですので木を埋めずにそのままにしておくか、埋めたとしても片側を接着しませんので柱の乾燥が進めばおのずと背割りが開いて隙間が出来てるのは必然ですのでご理解をお願い致します。

 

木材の習性を理解しながら、木材との上手な付き合い方や、対処法をご理解いただければと思います。