永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

フランク・ロイド・ライトが提唱する「有機的建築」とは?

自然界における植物や動物の形は、種として生き延び、繁栄するための構造や仕組みになっています。

例えば、花はその花を構成する部分に無駄のない統合性のある単純な美しさがあります。

それはその花が自然界の中で生存するという、又、種を引き継ぐという生命の最も根本的な目的の為に創造された形であり、そこには形態と機能の一致した美しさがあります。

このような自然界の成り立ちと同じ原理で建築物を創ろうとするのがフランク・ロイド・ライトの「有機的建築」の考え方です。

彼の設計、建築した住宅はあらゆる部分が全体と調和して連続性を持ち、統一感をもってデザインされています。

建物全体、内外部は、あたかも一つの生命体のように機能を持ち、精神性を持っているのです。

 

 「有機的建築」とは?

   環境に調和していること

   文化、人の暮らしに適合していること

   素材の特質を生かしていること

   人間の身体にあっていること

 

オーガニックハウスは日本国内で唯一、アメリカ、フランク・ロイド・ライト財団からライセンスを受けています。

オーガニックハウス「ミルラン」展示場は、佐世保市鹿子前町にあります、オーシャンテラス鹿子前分譲地内にございます。

世界的巨匠「フランク・ロイド・ライト」の建築思想が息づく美しい暮らしをご堪能ください。

oh18.jpg

 

oh16.JPG

(佐世保市鹿子前町 ミルラン展示場)