永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

知っておきたいホコリの話

掃除をしていると、「ついこの前掃除したばっかりなのに、もうホコリが溜まってる・・・」とか「いつの間にこんなに汚れてるの?」と思う事、ありますよね。

ここで改めて、掃除の相手であるホコリや汚れについて考えてみましょう。

戦う相手をよく知ることで、やり方やコツが分かってきます。

 

《ホコリの中身は何なのか?》

普段何気なく生活しているだけなのに、いつの間にかたまっているホコリ。このホコリは室内の空気中に浮遊しているさまざまな塵のことで、ハウスダストといいます。風や靴、衣服に付いて運ばれる砂や土が半分を締めると言われますが、目に見えるものでは、綿ボコリやフケ、食べ物のカスなどです。これらは目に見えますが、厄介なのは目に見えないホコリです。粉塵、花粉、ダニ、カビ胞子、微生物、たばこの煙、VOC(揮発性有機結合物質)などがあります。ホコリに含まれるこれらの物質が体内に入り込むと、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすことがあるので、ホコリには以外と注意が必要です。

 

《ホコリが舞ったり、積もったりするのはなぜ?》

ホコリは空気中を浮遊しているので、人が動くと空気がかき回され舞い上がり、再び上から落ちてくるという動きを繰り返しています。人が集まるリビングなどは、そこにあったほこりに加えて衣服についたホコリも増えるので、動くたびにホコリが舞っていることになります。また、布団の上げ下ろしなどは、布団の綿ボコリが落ちるため、寝室はホコリが多いと言われています。

一度舞ったホコリはゆっくりと落ちてきますが途中で家具や照明器具などがあると、その上に積もります。部屋の隅や家具の裏は空気が動かないので積もりやすいのです。

 

《床の種類や季節によっても溜まり方が違います》

ホコリを吸い取るのに掃除機を使いますが、絨毯の部屋とフローリングの部屋を同じように掃除をしていませんか?

絨毯はホコリを集めやすい材質です。人が歩くところ、出入り口やソファ付近、テーブルの周りにホコリが溜まりやすいです。

それに対してフローリングの部屋は、中を人が動くことに伴い、ホコリが隅へ隅へ移動します。

畳の部屋も同様です。それに加えて畳の縁もホコリが付着しやすくなっています。

季節でいうと、冬は室内を閉めきった状態で暖房器具を使うので、ホコリの量が多くなります。なのでエアコンやファンヒーター、空気清浄器のフィルターは冬になるとホコリが溜まりやすいのです。できるだけ細目にフィルターの掃除や換気を行いましょう。

春は黄砂やPM2.5、花粉や、強い風が吹くことで砂埃が舞う季節です。こまめに掃除機を掛けたり、拭き掃除をする必要があります。

 

ホコリがどんなものか分かると、掃除のコツが掴めてきます。お掃除をされる際は、是非参考にされてみてください。

nishi21.JPG

(福岡市西区 四季の家展示場)