永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

四季を感じる家と庭と植栽

福岡市東区hit香椎浜住宅展示場内に、我社の展示場「フォーシーズン」があります。

ご来場された方はお気づきかもしれませんが、こちらの展示場、敷地に対して建物を斜めに配置しております。

higashi-3.jpg

(福岡市東区 フォーシーズン展示場)

建物を斜めに配置することで、

全ての部屋から庭の植栽が彩る四季(フォーシーズン)を楽しめるようになります。

例えば、四角いかたちの敷地があったとして、建物を敷地に対して斜めに配置することで、四隅に三角形の庭が出来ます。

この三角形の庭は、室内から見ると奥行きがあるように見えますし、実際に長方形の庭に比べて、比較的大きな木を植えることが出来ます。

落葉樹と、常緑樹をバランスよく植えることで、夏は繁った葉で日差しを遮ることができ、冬は葉を落とし日中の日差しを部屋におとしこむなど、季節の移ろいを感じる庭にすることができます。

 

また、広く奥行きのある庭を利用し、ウッドデッキを設け、室内と室外をつなげる工夫をし、家族団らんのスペースとして利用したり、お子様の遊び場として利用したり・・・日々の暮らしを豊かにしてくれます。

フォーシーズン展示場でもリビングダイニングから出入りできる大きなデッキを設けています。夏はここにグリーンカーテンを設置します。

higasshi-1.jpg

higashi-5.jpg

(福岡市東区 フォーシーズン展示場 リビングダイニング~ウッドデッキ)

また、道路から玄関までのアプローチも直線的でなく、斜めに誘導したり、道路の真正面から玄関が見えにくくなるなど、家の顔にもなる空間の演出に様々な工夫ができます。

また、配置の工夫によって、隣家の窓と対面しないようすることもでき、視線が重ならないなどのメリットもあります。

 

家だけでなく庭作りも考える事で、より居心地のよい住まいとなります。