永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

寒波到来、水道管の凍結防止策

今期一番の寒波到来、永代ハウスの本社や支店がある長崎・佐賀・福岡でも各地で雪が降りました。12日にかけてまだ冷え込む予報です。

山間部はもちろん、平野部でも路面凍結の可能性がりますので、車の運転や歩行などには十分注意しましょう。

 

本日な水道管の凍結防止策についてです。

①外水道など外部にむき出しの状態であれば、布や保温材、ビニールテープなどで覆い、水道管を保温します。

②水道メーターボックスの中にも保温材やタオル(濡れないようにビニールに入れる)を詰め、水道メーター付近の水道管を保温します。

③夜間、少しだけ水を出し続ける。(水道代がかかりますので、桶やバケツなどに水を溜め、生活用水に利用するなど有効活用しましょう)

④水道管のほか、温水器や給湯器周りの凍結にもご注意ください。(詳しくは各機器の取扱説明書等を参照ください)

⑥水道管が凍結してしまった場合は、凍結している場所をタオル等で覆いぬるま湯をゆっくりかけましょう。(熱湯をかけると、水道管が破裂するおそれがありますので、絶対にしないでください。)

 

建物の北側面や、風当たりの強い場所は凍結しやすくなっています。

早めの対策で、水道管の凍結を予防しましょう。