永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

知っておきたい木の話

今日は、永代ハウスがこだわって使用している自然素材、そのなかの「木の話」です。

 

日本の建築は木とともに発達してきました。今からおよそ1400年前、推古天皇と聖徳太子が用明天皇の遺願を継いで建立した法隆寺は、現存する世界最古の木造建築です。1993年には、ユネスコの世界文化遺産に日本で初めて登録されたことで、世界の人々から注目されるようになりました。法隆寺に使われている木材はヒノキです。

『日本書紀』に「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」という記述があるように、ヒノキは古くから神社や仏閣などに使われてきました。そもそもなぜヒノキが選ばれたのでしょうか?ヒノキは、伐採してからその後200年間は強度が高まり続け、その後100年もの歳月をかけて徐々に弱くなると言われます。この驚くべき耐久性こそがヒノキの本領です。

 

 

kinohanashi-2.JPG

 

 

ヒノキと同様に芳香があり、建築用材として古くから親しまれてきたスギは円形の樹幹が空に向かって真っすぐ伸びる特性があります。そのため、加工しやすく、強度も十分。現代の木造建築には欠かせない用材です。ところが最近は花粉症の原因としてスギ花粉が忌み嫌われています。この原因は、高度成長期にスギやヒノキの植樹が大規模に行われたものの、林業の衰退によって伐採や間伐に手が回らなくなったことがひとつ。さらに、昔は草原や土に吸着・分解されていた花粉が道路のアスファルト化やコンクリート化によって行き場を失ってしまったことも挙げられます。実は、花粉症は人間が経済発展優先のために引き起こした現代病とも言えるのです。

 

 

kinohanashi-1.JPG

 

 

スギ材について、永代ハウスでは九州産の杉を使っています。九州の家には、九州の自然環境の中で育った木がもっとも適していることは言うまでもありません。

時間が経つにつれて色あせる人工の新建材に対し、時の経過とともに味わいを増すのが天然木の魅力。家じゅうを包む清々しい木の香。やさしい温もりを感じながら素足で歩く心地よさ。木の家に一度住んでみれば、その違いに驚かれることでしょう。

 

 

kinohanashi-4.JPG