永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

再生可能な天然資源「木」を使った家

自然破壊・環境破壊が世界的に深刻化していく中、再生可能な天然資源として「木」が見直されています。石油や石炭といった、使うと再生されることなく消失していく資源に対し、森林は一度伐採しても、新たに苗木を植えることで再び森林を作り出すことができます。植える、育てる、伐る、使う、再び植えるという循環型のサイクルが繰り返されていくのです。しかも、木は太陽エネルギーを原動力として、空気中の二酸化炭素を吸収し、酸素に変える働きがあります。

100年近くにわたって森林で二酸化炭素を吸収し、酸素に変えてきた木は、伐採された後、家の構造材として再生されることで、さらに100年以上生き続けることになります。

mitikusa2.JPG

(佐世保市 道草の癒展示場)

 

木を使った木造住宅のメリットとして、次の5つが挙げられます。

第1に、断熱性に優れていること。木は鉄やコンクリートよりも熱伝導率が低く、鉄に比べて350倍以上もの断熱性能を持っています。

次に耐震性。木は鉄やコンクリートに比べ、軽い割には強度が高い性質があります。地震は重いほど被害を受けやすいと言われているため、軽くて丈夫な木は被害を受けにくい素材と言えるのです。

第3のメリットは、調湿性です。木には必要に応じて、湿気を吸収したり、放出する特性があります。湿度が大きく上昇、あるいは低下した時、木を多く使った部屋ほど、水分をすばやく吸着・放出することが分かっています。

4つめのメリットは、経済性。木造住宅は鉄骨住宅や鉄筋コンクリート造住宅などに比べると、コストが低く抑えられます。

そして第5のメリットは、木が健康的な空間を創り、心に安らぎをもたらすこと。木のやさしい温もりは人を安らいだ気持ちにさせ、木の持つ調湿効果や成分がダニの繁殖を抑え、アレルギー性皮膚炎を防いでくれます。薬品や塗料を使わない無垢材ならば、シックハウスの心配もありません。近年は、小学校や老人介護施設などで床や壁に天然木を使うところが増えています。足の裏に伝わる木のやさしい感触、清々しい香りには、心を元気にし、癒してくれる力があるように思います。

 

実際、永代ハウスで木造住宅を建てた施主様の中には、「体調が良くなった」「子どものアレルギーが治った」「膝の痛みがなくなった」という方が数多くいらっしゃいます。木の恩恵を受け、木と暮らす喜びを一人でも多くの方に味わっていただきたいというのが心からの願いです。

hit1.jpg

(福岡市東区 hit香椎浜住宅展示場内 フォーシーズン)

寒波到来、水道管の凍結防止策

今期一番の寒波到来、永代ハウスの本社や支店がある長崎・佐賀・福岡でも各地で雪が降りました。12日にかけてまだ冷え込む予報です。

山間部はもちろん、平野部でも路面凍結の可能性がりますので、車の運転や歩行などには十分注意しましょう。

 

本日な水道管の凍結防止策についてです。

①外水道など外部にむき出しの状態であれば、布や保温材、ビニールテープなどで覆い、水道管を保温します。

②水道メーターボックスの中にも保温材やタオル(濡れないようにビニールに入れる)を詰め、水道メーター付近の水道管を保温します。

③夜間、少しだけ水を出し続ける。(水道代がかかりますので、桶やバケツなどに水を溜め、生活用水に利用するなど有効活用しましょう)

④水道管のほか、温水器や給湯器周りの凍結にもご注意ください。(詳しくは各機器の取扱説明書等を参照ください)

⑥水道管が凍結してしまった場合は、凍結している場所をタオル等で覆いぬるま湯をゆっくりかけましょう。(熱湯をかけると、水道管が破裂するおそれがありますので、絶対にしないでください。)

 

建物の北側面や、風当たりの強い場所は凍結しやすくなっています。

早めの対策で、水道管の凍結を予防しましょう。

 

 

佐世保市大塔町に新分譲地誕生!

佐世保市大塔町に全4区画の新分譲地が誕生します。

1/13(土)14(日)に分譲地販売会を開催いたします!

周辺には商業施設が充実している人気の大塔エリア、先着順のご案内となりますので、大塔周辺で土地をお探しの方、少しでもご興味のある方、是非販売会へご来場ください。

2018-13.jpg

交通利便性・商業施設が充実した暮らしやすい街、大塔。

・JR大塔駅 徒歩5分

・大塔町バス停 徒歩5分

・イオン大塔 徒歩6分

・エレナ大塔徒歩11分

佐世保大塔ICも近く、西九州自動車道へのアクセスも良好。

校区は大塔小学校、日宇中学校となっております。

こちらの大塔団地以外にも佐世保市内の分譲地情報を多数揃えておりますので、ご希望のエリアをお伝え頂ければ、随時ご案内をしております。

インターネットには未掲載の情報もありますので、なかなかご希望の土地が見つからない・・・と言う方もご相談ください。

 

1/13(土)14(日)

大塔団地分譲地販売会 10:00~17:00(雨天決行)

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

エアパスの家完成見学 会開催中!

長崎県佐世保市原分町にて、エアパスの家完成見学会を開催中です。

期間は、1/6(土)7(日)8(日)の開催です。

お客様のご厚意による三日間限定となっております。

時間は10:00~17:00(雨天決行)です。

この機会にぜひエアパス工法(冬モード)の効果を体感してみてください!

詳しくはこちらをご覧ください。

 

また、佐世保市棚方町にあります、弊社分譲地『ふじみ台』も好評につき、続々建築中です。

(完成見学会チラシの裏面にて詳しくご紹介しております)

 

ふじみ台という分譲地名の由来・・・

相浦・中里にある愛宕山は別名『愛宕富士』とも言われ古くから佐世保市民に愛される美しい里山です。

頂上付近には『かんかん石』というものが登山道脇にあり、自分の年齢の数だけ石をたたくと願いが叶うとか。

愛宕山を望む住宅街として、住む人にも訪れる人にも愛され続ける街でありたいという想いのもと『ふじみ台』と名づけられました。

 

西九州自動車道 相浦中里IC開通で佐世保市街まで車で13分、させぼ五番街まで車で17分、イオン大塔まで車で20分の好アクセスが魅力です。

通勤や通学にはMRが便利、MR棚方駅まで徒歩3分。

お買い物や病院、金融機関も車で5分圏内に沢山揃っていて生活利便性に富んだ分譲地です。

お得なセットプラン例もご用意しております。

2018-2.jpg

また、ふじみ台には常設展示場がありますので、今回の完成見学会にはご都合がつなかい方でも、ふじみ台で展示場をご見学いただけるようになっております。(四季の家 / 道草の癒

ぜひ一度、完成見学会・ふじみ台のご見学にお越しください。たくさんの方々のご来場お待ちしております。

 

 

 

FFG調査月報2018年1月号に掲載頂きました

明けましておめでとうございます。

本年も家づくりや、暮らしに役立つ情報をお届けしていきますので宜しくお願い致します。

 

『FFG調査月報2018年1月号に掲載頂きました。』

 

ふくおかフィナンシャルグループが発行するFFG調査月報という冊子があります。

この冊子はふくおかフィナンシャルグループの福岡銀行、熊本銀行、親和銀行の各店舗に設置されているほか、ふくおかフィナンシャルグループの取引企業へ配布されているものです。

このFFG調査月報の2018年1月号トップインタビューという企画で、弊社が掲載されました。

内容は親和銀行頭取 吉澤俊介様と弊社代表取締役 松村清一の対談や展示場を訪問いただいた様子などです。

弊社創業までの経緯や、創業してから30年のなかで起きた出来事、人材育成についての取り組みなどを掲載いただいてます。

ffg1.JPG

(ふじみ台四季の家展示場にて、左から弊社代表取締役松村、親和銀行 吉澤頭取、吉田本店営業部長)

ffg2.JPG

ffg3.JPG

 

詳しくはホームページの雑誌CM情報に記事を掲載しております。(こちら

年末年始営業日のご案内

今年も1年、お世話になりました。

今年は12月16日に、創立30周年の大きな節目を迎えることが出来ました。

この30年という大きな節目を機に、弊社社員一同、より一層皆様に満足して頂ける家づくりを目指し邁進して参ります。

年末ご多忙の折ではございますが、お体にお気をつけて良き年をお迎えください。

 

《年末年始の休業日》

年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 

12/29(金)~1/3(水)

新年は1/4(木)から営業となっております。

新春 エアパス工法の家完成見学会開催!!

来年1/6(土)7(日)8(月)の3日間、佐世保市原分町にて、新春 エアパス工法の家完成見学会を開催いたします。

2018-1.jpg

無垢の木の香りが漂う自然素材を贅沢に使用したエアパス工法の家です。

今回の完成見学会の見どころです。

・一年中快適なエアパス工法の家。

・床は無垢材の杉板。

・玄関クロークや寝室のWICなど、収納もたっぷり。

・2階の寝室と子供部屋も、床は無垢材の杉板で木の香りいっぱい。

・リビングは、床に無垢材の杉板、壁に珪藻土を採用。自然素材にこだわった空間は、調湿効果と断熱効果抜群。

 

お客様のご厚意による三日間限定の完成見学会となっております。

この機会に、是非ご覧頂きたいと思います。ご来場心よりお待ちしております。

 

外まわり、日頃のお手入れと維持管理

いよいよ今年もあと1週間となりました。

皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

年末にかけて餅つきをしたり、角松を立てたり、しめ縄を飾られているお家などお正月を迎える準備をされている光景を見かけます。

家も感謝の気持ちを込めて掃除し、気持ちよく新年を迎えたいですね。

今日は『外回り、日頃のお手入れと維持管理』についてです。

higashi-2.jpgのサムネイル画像

 

 

◆敷地

通常の降水量ならば、自然と敷地に浸透していきますが、台風や豪雨などのように一時に大量の降水があった場合などは、敷地(庭)に水が残る場合がございます。ですが、建物の四方にタメマスがありますので時間が経つにつれ自然と地下に浸透していきますので、心配されないようにしてください。

◆雨水枡(タメマス)の掃除

梅雨入り前や台風、大雨の前は、枡の掃除をしておきましょう。

雨水枡にゴミや泥などが溜まっていると、スムーズに排水できず、詰まる原因にもなります。

敷地に湿気が多いと、衛生上好ましくないばかりでなく、建物の劣化を早めるほか、シロアリなどの、害虫発生の原因にもなります。時々水を流して、排水状況をチェックしましょう。ゴミや泥が溜まっているようでしたら、ゴミバサミやスコップなどで取り除き、スムーズに流れるように3ヶ月に1度くらいは掃除してください。

◆外構・植栽

「植栽のメンテナンス」

●水やりについて:

植えつけ後(お引渡後)は、根が十分に水を吸う事ができませんので、植え付けから3~4週間程度は土の表面が乾いたら、ホースなどを使いたっぷり(目安:樹木1本あたり10リットル以上)あげてください。

《冬場(12月~3月)の植え付け直後:日中(午前10時~午後2時まで)に行ってください》

夕方に水をやると、夜半の冷え込みで水が凍り、根を傷める場合があります。

《夏場(7月~9月)の植え付け直後:1日に2回の水やりが必要です》

朝方は午前9時まで、夕方は午後5時以降に行ってください。日中の水やりは厳禁です。日中に水やりをすると、地面に浸み込んだ水が気温の上昇でお湯となり、根腐れの原因となります。夕立などが降った後は、土の状態を見て、乾いていれば水やりをします。

《新しい芽が出てきたら、土に根が張った証拠》

土に根が張ってしまえば、特段水やりの必要はありません。4~5日晴天が続くなどして、土が乾燥したり、葉がしおれるような事があれば、朝、または夕方にたっぷりと水をあげます。日当たりなども考え、状況により加減をしてください。

※常緑樹(冬も葉が落ちない)も、落葉樹(冬に葉が落ちる)も、植栽によるストレスで、一時的に葉が落ちる事がありますが、水やりを続けて行う事で、根が伸び、水分を吸収できるようになり新しい葉が出てきます。

 

●施肥(肥料について):

植えつけの際に、元肥(植えた後に成長するための肥料)を入れておりますので、しばらくは必要ありません。花や実がなった後や、翌年の葉が出る前に根元に、固形油粕や緩効性肥料(ゆっくり効く肥料)などをばらまくと樹木の成長が良くなります。

 

●植栽を植える場所の注意点(基礎周辺を避ける)

ガーデニングやご自身で木を植える場合には、建物周辺(基礎周辺)を避けて植えてください。植物によっては、根が張りすぎて、基礎を傷めてしまう場合があります。又、植物によっては横に大きく成長するものもあります。数年後、大きくなった時や剪定の事も考えて、樹種を選び植樹する事をお勧めします。

 

ご参考にされながら、メンテナンスをされてみてください。

12/23(土)24(日)福岡市南区で完成見学会開催

12/17(日)の完成見学会にはたくさんのお客様にご来場いただきました、ありがとうございます。

見学会はいよいよ今週末までとなっております。

12/23(土)24(日)福岡市南区和田でのオーガニックハウス『アザレア』完成見学会

お客様のご厚意による完成見学会です。貴重なこの機会にぜひオーガニックハウスをご覧ください。

ORGANIC_b4_omote-001.jpgのサムネイル画像

今回の完成見学会でのみどころです。

・建物外部に使用しているレンガと同じレンガを室内でも使用しております。このことによって、外と内の空間を緩やかに繋ぎます。

・深い軒の格子(トレリス)から差し込む光と壁面や内部に落ちる影が、時間の経過とともに移ろいで行き、空間に一層の演出をもたらせます。そのトレリスから見上げる切り取られた空にも趣きが感じられます。

・窓や出入り口を天井いっぱいまでの開口とすることで、すっきりと美しくなると同時に、向こう側まで続く天井面が見えることで空間の連続性が感じられます。

・天井の高い部分と低い部分(ライトデッキ)が空間に変化を付け、室内をゆるやかに区分し、内外の空間に一体感をもたせます。また、間接照明の光は室内をやわらかい光で包み込みます。

・出入り口や通路は絞り込み、リビングは大きく開放する。高さにも緩急をつけることにより見せ場となる空間をさらにドラマティックに演出します。

・幾何学模様をデザインしたオーガニックハウスオリジナル玄関ドアや笠木

などなど、他にも見どころがいっぱいの見学会となっております。

oh-mr.jpg

oh-op.jpg

oh-rb.jpg

(オーガニックハウス施工事例)

こちらでご紹介した以外にも、施工事例や写真等ご用意しておりますので、ぜひ見学会へご来場ください。

12月17日(日)と23日(土)24(日)の3日間、オーガニックハウス完成見学会を開催いたします。

ORGANIC_b4_omote-001.jpg

オーガニックハウスとは、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの建築思想を受け継いだ住宅で「世代を超えて住み継がれる家」をコンセプトにかかげ、長い年月を経ても色あせない美しさと、居心地の良さを常に考えた住宅です。

今回、完成見学会でご覧頂ける「アザレア」は、「有機的建築」の基本概念と日本建築の優美さを融合し、居住空間のくつろぎはもちろんのこと、自然に家族の絆と、この充足感を分かち合うことのできる絶妙な距離感を大切にしたコンセプトスタイルの家です。

ORGANIC_b4_ura-001.jpg

この機会に、ぜひ完成見学会に足をお運びいただき、オーガニックハウスを体感されてみて下さい。

佐世保市には、オーガニックハウスの常設展示場 ミルランもございます。ご興味のある方は、こちらもご見学頂けますのでお問い合わせください。