永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

結露について

今回は〈結露〉についての話です。

〇結露は空気中の水分である湿気が「水滴」へと戻ったもの

結露は湿気を多く含む空気が冷たい物体により冷却される事で水滴に戻って結露、となります。

空気は温度によって蓄えられる事が出来る水蒸気の量(湿度)があり、気温が高いほどより多くの水蒸気をため込む事が出来ます。

お風呂から上がった湯気が脱衣室に流れ込んだ際、鏡が曇ります。鏡は浴室内の室温よりも冷却されているので、湿度ほぼ100%の空気が脱衣室に流れ込む事で鏡が重点的に曇っていくのです。ドライヤーで鏡や付近の温度を上げれば、空気を溜め込む事が出来る水蒸気の量が増えますので、曇りは消えていきます。

さて、最も結露が発生しやすいところと言えば、やはり外気に直接触れている窓ガラスでしょう。基本的に1枚のガラスで部屋と外気を区切っているので、冬場になれば窓ガラスは相当冷えます。冷えたガラス窓は浴室の鏡同様、どんどん結露していきます。

ketsuro1.jpg

 

冬場になると鍋の季節でもありますが、鍋で水をガンガン沸かす事で空気中の水分量はさらに高まり、室内の結露もしやすくなります。

(ストーブに水の入ったヤカンなどを乗せて使用しても、大量の水蒸気が発生します)

結露をしにくくする為には、湿った空気を追い出すこと。

除湿機の利用や、窓をあけての換気を行わなければなりません。

 

〇結露が発生したら

窓ガラスや窓枠に結露が発生した場合、床や壁の汚損防止と木部の腐食防止のために、こまめに拭き取ってください。

 

〇結露対策のポイント

結露を抑えるためには、室内の水蒸気をできるだけ抑えるようにする必要があります。

また、こまめに換気をして、水蒸気をできるだけ外に逃がしてやりましょう。

特に冬場は空気が乾燥しているので、ちょっとの換気やエアコンを付けるのも効果的です。

※特に空気のよろむ場所(押入など)は定期的に開放して換気を行いましょう)

 

〇水蒸気の発生を抑え、十分な換気を行う

ketsuro2.jpg

A:洗濯物を室内に干さない

B:カーテンやブラインドを長時間閉めておかない

C:草木や観葉植物、水槽のある場所は特に換気をする

D:人の呼吸や発汗も一因、寝る前の換気を

E:お風呂のフタや浴室のドアを開けっ放しにしない

F:炊事、食事の時間は換気を

G:加湿器の使用は控えめに(除湿器は効果的)

H:開放型暖房機の使用を控える

 

これからの季節は結露が発生しやすい時期です、適宜結露防止を行っていきましょう。

 

 

11/23,25,26は完成見学会!

11/23(木・祝日)、25(土)、26(日)の三日間は、佐世保市鹿子前町にあるオーシャンテラス鹿子前にて2棟同時完成見学会を開催いたします。

201711-2.jpg

今回完成見学会をさせて頂くお家も、それぞれお施主様のこだわりが詰まった見どころいっぱいのお家に仕上がってます。

〈会場1:自然素材をふんだんに使用した、夏涼しく冬暖かいエアパスの家〉

・機械を使用せず、一年中快適なエアパス工法の家

・足腰にやさしい、玄関の板土間

・吹抜けが開放的なリビング

・水回りがまとまった、スッキリとした家事動線

・造作カウンターデスク、シューズクロークなど暮らしやすい工夫がいっぱい

・杉板を使った床・天井、壁には珪藻土を採用。自然素材にこだわった空間は、調湿効果と断熱効果抜群!

〈会場2:洋風仕上げ、設備にこだわった家〉

・室内からも室外からも利用できる便利なコンクリート土間の倉庫

・使いやすい水栓やシンクなど、機能性にこだわったシステムキッチン

・リビングは家族がくつろげる畳敷き

・LDKは調光をコントロールできる、おしゃれなロールスクリーンで統一

・棚を沢山設けた使いやすいWIC

・お子様の遊び場にもなるウッドデッキ

 

オーシャンテラス鹿子前には完成見学会会場のほかにも、オーガニックハウスの展示場〈ミルラン〉もありますので、いろんなタイプの家が一度に見学できる絶好の機会です。

沢山の方のご来場、心からお待ちしております。

永代ハウス創立30周年記念 May.J CHRISTMAS LIVE

私ども永代ハウス株式会社は、今年12月16日で創立30周年を迎えます。

社名の「永代ハウス」には《お客様に永く愛される会社、永く受け継がれていく会社になるように》という想いが込められています。私たちはこれからも技術力に磨きをかけて、オンリーワンの価値を高め、お客様に心から喜んで頂ける家づくりを目指して参ります。

~ 永代ハウス創立30周年記念 May.J CHRISTMAS LIVE ~

20171110170816021_0001.jpg

公演日:2017年12月16日(土)

開場:16:30

開演:17:00

会場:アルカスSASEBO大ホール

全席指定 一般 5,000円(税込) 小中学生 2,500円(税込)

※小学生以上はチケットが必要です。

※未就学児で座席が必要な場合は小中学生チケットをお買い求めください。

チケット発売中

ローソンチケット 0570-084-008(Lコード82206)

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード346-777)

イー・プラス http://eplus.jp

アルカスSASEBOチケットカウンター 0956-42-1111

 

お問合せ

FM長崎 095-828-2020

主催:FM長崎

協賛:永代ハウス株式会社

企画・制作:FM長崎 NEW WORLD PRODUCTIONS

協力:エイベックス・エンタテインメント

今週末は完成見学会開催

今週末の11/11(土)12(日)は佐世保市鹿子前町の分譲地、オーシャンテラス鹿子前にて完成見学会を開催いたします。

201711.jpg

今回のお客様の家も、こだわりいっぱいです。

LDKには無垢の杉板を貼っているので、木の香りが室内に広がります。

家族みんなが過ごすリビングが居心地の良い空間に仕上がっています。

寝室には大容量のWICを設け、荷物もスッキリ収納できます。

オーシャンテラス鹿子前には、オーガニックハウス展示場「ミルラン」もありますので、同時にこちらもご見学頂けます。

お客様の家が続々と完成し、新しい街並みができてきている「オーシャンテラス鹿子前」です。いよいよあと11区画となりました。

ご家族のご予算と暮らしに合わせて、プランをご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

 

今日から11月です!

今日から11月が始まりました。今年も早いものであと2ヶ月です。

週末は、2週連続で台風の影響があったにも関わらず、完成見学会には多くのお客様がご来場いただきました。ありがとうございます。

 

本社がある佐世保は今日から「佐世保くんち」です。今日は佐世保市役所の前にある亀山八幡宮から、御旅所がある松浦公園(本社ビルのすぐ近くです!)まで御神幸行列の「お下り」があります。秋本番という感じがしてきます。

福岡支店がある福岡では日本シリーズで、ソフトバンクが開幕3連勝を飾り、2年ぶりの日本一まであと1勝と、盛り上がっています。

 

年末にかけて、これから少しずつ慌ただしくなってきます。

日本には年末に大掃除をする習慣がありますが、一説では「正月にやってくる神々を迎えるための清めの行事」と言われています。寒さの本番を迎える前、これからの時期は家のお手入れには最適の時期です。年末までの2ヶ月間のお手入れスケジュールを立てて、バタバタすることなく、余裕を持って大掃除に備えていきたいものです。

 

siki-apr.JPG

(こちらは佐世保市 四季の家展示場です。)

外部やお庭のお手入れも寒さ本番を迎える前に少しずつ取り組んでみましょう。

 

 

今週末まで開催!完成見学会!

先週、佐世保市春日町にておこなわれた完成見学会には、足元が悪い中、たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

春日町の完成見学会は、10/28(土)29(日)まで開催されます。

先週ご都合が合わずにご見学頂けなかったみなさま、今週末までご見学頂けますので是非お越しください。

kasuga.jpgのサムネイル画像

今回の見学会は、こんな方々におすすめです。

・ビルトインガレージの家を建てたい方

・照明器具や、クロスなど、室内のインテリアにもこだわりたい方

・「シンプル」「モダン」「スタイリッシュ」「おしゃれ」な家にしたい方

・2階リビングの間取りをご検討の方

・一味違う、モダンな和室を見てみたい方

・壁面収納、木造りの格子など、こだわりの造作を家造りに取入れてみたい方

・鉄骨階段にあこがれのある方

とても見どころあふれる家に仕上がっていますので、ご興味のある方はぜひご来場ください。

漆喰・珪藻土のお手入れ

昨日のブログ「左官の仕事」に関連して、今日は「漆喰・珪藻土のお手入れ」についてです。

 

nishi2.JPG

(こちらは福岡市西区 四季の家展示場の和室です)

 

 

〇日頃のお手入れ方法は?

ホコリや汚れは、ハタキや室内用ホコリ取りで取り除けます。

乾いた布や固く絞ったキレイな雑巾で軽く拭き取る事も出来ます。

 

〇落書き、手垢などの部分的な汚れはどうやって落とすの?

消しゴムを使用し消すことが出来ます。

また、メラミンスポンジに水を含ませ表面を軽くこするようにして汚れを取る方法もあります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

 

〇比較的広い範囲の汚れはどうやって落とすの?

中性洗剤(台所用洗剤)を適量(食器洗いに使用する程度)染み込ませた、表面の柔らかいスポンジで、汚れ面を軽く叩きます。

叩いて汚れが落ちない場合は、軽くこすります。

こすりすぎると、表面をキズつける場合がありますのでご注意ください。

※必ず、キレイなスポンジか雑巾(真水かぬるま湯で濡らし、固く絞る)で拭き取り、表面に洗剤が残らないようにしてください。

※洗浄面は良く乾燥させてください。

 

〇コーヒーや醤油などで汚れた場合は?

植物性色素に由来する汚れは、家庭用の漂白剤(キッチンハイタ―など)で除去できます。換気を良くして、水で薄めた漂白剤をタオルなどに染み込ませ塗布した後、ドライヤーで乾かし、水を含ませたタオルで壁面を叩いて壁面に漂白剤が残らないようにしてください。

※予め目立たない箇所で試し、変色や色移りなど問題がない事をご確認ください。

 

〇壁と柱や梁、巾木やドア枠の取り合いの部分に隙間が出来ているのですが、どうしてですか?又、改善する方法はありますか?

木材は、大きければ大きい程、膨張や収縮が大きく発生します。

柱や梁など、比較的大きなものを使用している場合は、壁との隙間が大きく空いてしまう事があります。巾木や建具も同様に、乾燥による収縮によって壁との隙間が生じるのです。木材は呼吸して、生きているため、膨張や収縮を抑える事はできませんが、徐々に収縮が小さくなり、やがて落ち着いてきます。

sakan2.JPG

 

自然素材を使用した家は、ご家族の成長と共に、一緒に年月を重ねて味わい深くなっていきます。

漆喰や珪藻土の塗り壁は、ビニルクロスのように、サッと拭いて汚れが落ちると言ったものではありません。

ですが、ご自分でメンテナンスすることにより、味わいが深くなり、愛着も湧いてきます。メンテナンスには、多少の時間や手間が掛かりますが、その分、快適な住環境で生活が出来るのです。その点から言えば、自然素材を利用することで、その「恩恵を受けている」とも言えるでしょう。

永く大事に住んでいくために、日頃のお手入れを心がけたいものです。

家をご検討中の方は、間取りや設備のほかに、床や壁の仕上げをどうするかも検討されると思います。一度自然素材の家を見て触れて感じてみませんか?

自然素材の素晴らしさは、各展示場でご体感頂けますので、是非ご来場いただきたいと思います。(展示場の情報はコチラから)

 

左官の仕事

建築を生業とする私達が素晴らしい技術と思うもののひとつに、古い民家にある土蔵の壁面に描かれた鏝絵(こてえ)があります。

鏝絵は、左官職人が鏝をまるで筆のように扱いながら、漆喰の浮彫で「鶴亀」や「鯉の滝登り」「雲龍」など、縁起の良い図柄を描き出したものです。これは施主への御礼の気持ちを表したものと言われています。

鏝ひとつで、これだけのものを描ける左官の技術は、日本が世界に誇れるものといえるでしょう。

sakan1.JPG

 

建築物の壁塗りに代表される左官工事の原型は、人が竪穴式住居で暮らしていた縄文時代にあります。当時は、土を団子のように丸めて積み上げ、土塀を築く原始的なものでした。これが時代とともに発展。飛鳥時代には石灰で壁を白くしたり、細く割った木で壁芯をつくる技術が生まれました。

平安時代には宮殿の建築や宮中の修理を行うため、宮中への出入りを許された「木工寮の属(さかん)」という役職がありました。漢字には「沙官」「沙翫」が当てられていました。今でも左官のことを「しゃかん」と言うことがありますが、これは当時の名残なのかも知れません。

茶の湯文化が発達した安土・桃山時代には、茶室の壁に色土が用いられるようになり、さらに砂や繊維を混ぜることで、美意識を重んじる繊細な表現をするようになりました。

江戸時代に入ると漆喰仕上げが誕生。商人の土蔵や町家へと普及し、漆喰彫刻や鏝絵という、極めて芸術性の高い装飾技術も生まれました。この時培った技術は、文明開化後の洋風建築の装飾にも生かされました。

左官の仕事は仕上げの美しさのみならず、家の耐久性や快適性にも大きく関わる大切なものです。近年はコンクリートパネルなどの台頭により、左官が腕を発揮する場面や左官仕事そのものが減ってきています。

けれども、日本の伝統建築において左官職人は、重要な位置を占めています。私たちは、左官職人がもっと見直されるべき技と知恵を備えた存在だということを忘れてはいけないと思います。

nishi1.JPG

(写真は福岡市西区 四季の家展示場2階寝室です。珪藻土の壁に藁を塗り込んでいます。)

 

今日から佐世保市春日町にて完成見学会をさせて頂く会場は、和室に珪藻土を塗っています。

珪藻土は脱臭性と調湿性に優れています。身近なところで言えば生活雑貨で、珪藻土のバスマットやコースターなども販売されています。

今回の見学会会場の和室は壁の一面に、アクセントカラーとして赤の珪藻土を塗っています。

カラーバリエーションが豊富なこと、塗り方の仕上げも、「塗りっぱなし仕上げ」「ストリーム仕上げ」「スパニッシュ仕上げ」など、様々できることなどで、珪藻土は人気があります。

左官職人の技を、是非会場でご覧ください。

 

 

完成見学会開催!

今週末10/21(土)22(日)と来週末10/28(土)29(日)、佐世保市春日町にて完成見学会を開催いたします。

今回の完成見学会の見どころは・・・

・重厚感のあるこだわりの外観

・真っ赤なシャッターがアクセントのビルトインガレージ

・各部屋イメージに合わせて貼り分けたアクセントクロス

・珪藻土の色使いが斬新な和室

・スタイリッシュな鉄骨階段

・2階に設けた23帖のLDKには4枚建ての引き違い窓があり、明るく開放的な空間

・和室の間接照明や格子、ニッチなど随所に設けたこだわりの造作

・WIC、各部屋にも収納がたっぷり

 

このように、見どころが沢山の完成見学会となっております。

kasuga.jpg

お施主様のご厚意による完成見学会となっております。

お引渡前の貴重な4日間の見学会になりますので、この機会に是非ご覧いただきたいと思います。

沢山の方々のご来場、心よりお待ちしております。

大工の仕事

日本の建築は、大工の存在なしには語れません。

大工の名称は、建築技術者の組織の長官を指す官職名「大工」から来ています。副官は「小工」、実際に仕事にあたる人は「番匠(ばんじょう)」と呼ばれていました。また、宮中で建築や修理に携わるため組織された「木工寮」のなかで、木に関わる職を「右官」、土に関わる職を「左官」と呼んだとも言われています。

鎌倉幕府が成立すると、全国各地で寺院建築が活発化し、多くの職人集団が生まれました。頂点に立つ大工は、その下に5人、6人の「引頭(いんどう)」を従え、引頭は5、6人の「長」を従え、長は5、6人の「連」を従えて仕事に当たる、というタテ社会です。

daiku1.JPG

 

江戸時代に入ると、このような複雑な呼び名はなくなり、建築に携わる職人を総称して「大工」と呼ぶようになりました。この大工集団のトップが「棟梁」です。

ひと口に「大工」と言っても、実はいくつもの専門分野に分かれています。一般的な木造住宅をつくる人は「家屋大工(家大工)」、寺社仏閣は「宮大工」、茶室なら「数寄屋大工」、和船や屋形船などをつくる「船大工」、障子や襖をつくる「建具大工」、他にも「彫り物大工」や「家具大工」など。これだけ微細に専門分野を分けているからこそ、プロ意識の高い、いい仕事ができるのです。

日本の伝統的な木造住宅は、家の芯となる柱を立て、梁や桁で組み立てていく軸組工法が基本でした。釘や金具は使わず、部材を成功に切り込んでつなぐ「継手(つぎて)」や「仕口(しぐち)」という木組み法は、芸術の域にまで達した技であり、卓越した先人の知恵そのものです。そこには、湿気の多い日本ならではの木の膨張収縮への配慮や、地震の揺れを分散し倒壊を防ぐなどの知恵が息づいてます。

daiku3.JPG

 

 

残念ながら現在は、建築のコストダウンや合理化、効率化の波に押され、大工の技の継承や、後継者の減少といった問題に直面しています。伝統の木造建築は日本文化そのものです。

永代ハウスは建築に携わる者の使命として、大工仕事を大切にしています。