永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

インスタグラム

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

background

家づくりは土地選びから!

当社で家をご建築いただくお客様は、土地を購入して家を建てるパターンが多いです。もちろん、建て替えのお客様や、土地をお持ちのお客様もいらっしゃるのですが、圧倒的に土地をご購入してからが多いです。

この場合、土地選び、家の間取りや仕様、全体的な予算など、検討しなければならないことが多く、時間も労力もかかります。

 

今はインターネットなどで、手軽に情報収集ができる便利な世の中ですが、逆に情報が多すぎて本当に求めている情報を取捨選択するのは難しいと思います。

また、インターネットに出ている情報以外にも、住宅会社が自社で分譲している情報や、不動産業者を通じて当社に紹介いただく情報など、お客様自身で集めることができない情報もあります。

 

当社では家づくりのプロとして、土地と建物のご要望、ご予算から全体のバランスを考えて企画提案をおこなっていきます。

もちろん、お客様ご自身で土地を探して情報をお持ちいただく場合もご相談お受けいたします。水道や排水、道の問題、境界や権利の問題など、目には見えない問題や費用をはらんでいる場合もあるので、お客様にとって一番よい家づくりができるよう、一緒に考えていきます。

 

今は共働き世帯が多く、仕事や家事・育児で、時間が取れない方も多いと思います。限りある時間で、効率良く土地探しや家づくりを楽しんで頂くために、まずはお気軽にご相談下さい!

 

今週末の3連休は、先週に引き続き佐世保市全域土地大案内会を開催いたします。

今土地選びでお困りの方、これから探そうとされてる方、まだまだ先の計画だけど、まずは勉強してみたいという方、ぜひこの機会にご相談ください!

9/21(土)~23(月)10:00~17:00(雨天決行)

受付会場:佐世保市名切町「南欧の癒e-スタイル」展示場

 

佐世保市全域土地大案内会に関するお問い合わせは

0120-194-243

まで、お気軽にお問い合わせください!

 

ホームページ掲載の情報はこちら

20190913_01.jpg

 

 

 

温暖多雨な九州は全国の約4分の1の木材生産量を占める全国有数の林業地域です。九州に住む私たちの宝とも言える地元の木は、その地域の風土の中で年輪を重ねているので、その土地の気候特性に対する適応力があります。多湿な地方であれば、木の湿気に強くなり、劣化しにくい木材となります。

 

また、地域の木を伐り、使うことは新たに植林につながり、山を守ることができます。一本の木を植えるためには周囲の木が間引きされますが、これは間伐材として利用されます。地元の木であれば、運搬コストも抑えられるメリットもあります。

 

九州の森林で育った木を使い、その地域の気候風土を知り尽くした職人が建てる家。大量生産による工業化住宅が闊歩する現代ですが、地元産の天然木で熟練の大工がつくる家との違いは、住んでみれば一目瞭然。永代ハウスは木造住宅の素晴らしさを知り尽したハウスメーカーとして、九州のメリットを最大限に生かした家づくりに取り組んでいます。

20190917_01.jpg

今週末から2週連続の3連休です!

行楽シーズンなので各地でさまざまな催事が行われると思いますが!ぜひ当社のイベント

「佐世保市全域土地大案内会」へお越しください!

 

家づくりは土地選びから。

ご家族の暮らしを豊かに彩るために、

立地も環境も厳選し、

ご家族にぴったりの土地をご案内致します。

 

詳しくはこちら

 

今回の大案内会では、佐世保市南部から北部まで幅広く多数の土地情報を取り揃えています。佐世保市内で土地をお探しの方は、ぜひ案内会へご来場ください。

受付会場は、佐世保市名切町の南欧の癒e-スタイル展示場です。

案内会に関するお問い合わせは

永代ハウス 本社 0120-194-243

まで、お気軽にお電話ください。

 

たくさんの方々のご来場、こころよりお待ちしております!

20190913_01.jpg

先週から行われています、宇美町井野の新モデルハウス「南欧の癒e-スタイル」オープンイベントには、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

イベントは、今週末まで開催されています!この機会に、ぜひお立ち寄りください!

 

今日はなかの様子やみどころなど、「南欧の癒e-スタイル」の特徴をご紹介いたします!

 

「南欧の癒e-スタイル」

太陽のように明るく、暖かい雰囲気が魅力の南欧風プロヴァンス地方の住まいをお手本に、おしゃれな暮らしを楽しんでいただけるこだわりのアイテムを随所に標準採用。見る人の心をひきつけ、家で過ごす毎日を、より「特別」にしてくれます。

20190906_01.jpg

 

モデルハウスの特徴

けいそう土の壁杉板の床けやきの窓台など、自然素材でナチュラルに仕上げた室内

・開放感たっぷりのリビング吹抜け

レトロ風デザインの和室建具壁のアーチ

S瓦窓モール妻飾り格子入り窓などがアクセントの南欧風外観

・シンプルなデザインながら存在感たっぷりのアイアンの階段手摺

・カーテンや照明も室内の雰囲気と合わせてかわいくコーディネート

階段下収納や、シューズクロークなど、充実した収納の間取り

アールの下がり壁や、角をおとしたコーナーがやさしい雰囲気の室内

20190906_02.jpg

 

「南欧の癒e-スタイル」新商品発売記念キャンペーン

「南欧の癒e-スタイル」をご契約頂いた方、ウッドデッキ4.5㎡分(20万円相当)をプレゼント!

 

先着限定10棟で行っていますキャンペーン、あと6棟となっています!

また、来場特典としてご来場の皆様に選べる日用品&家づくりヒントが満載!九州の家づくり読本をプレゼントいたします!

※無くなり次第終了となります。

 

お車でお越しの方は、

カーナビ検索 : 糟屋郡宇美町井野277_2付近

で検索してお越しください。

 

こちらの地図と、現地付近の「永代ハウス」看板を目印にお越しください。

 

お問い合わせは、

永代ハウス 福岡支店 0120-412-188

まで、お気軽にお電話下さい!

9月に入りました。朝晩は気温も下がり過ごしやすくなってきました。

学校も始まり、普段の生活が戻ってきましたね。

9月は年度の上半期の閉め月になるので、これまでを振り返り、上半期のまとめをするよい月にしたいです!

 

今日のブログは、「インスタでいいねが多かった水廻り」についてです。

 

当社のインスタグラム、ご覧いただいている方、いいねを付けて頂いている方、いつもありがとうございます。

今日は今年1月28日に初めて投稿をして以来、
約7カ月の間でいいねの数が多かったトップ3をご紹介いたします。
(2019年9月3日現在の集計にて)

 

第3位 フォーシーズン展示場のお風呂(福岡市東区)

20190904_01.jpg

黒のタイルがシックで洗練された印象のお風呂です。
当社の展示場では桧風呂を施工していることが多い中、洗練されたモダンな印象に作った「フォーシーズン」展示場のお風呂はひときわ人気を集めました!

 

第2位 オーガニックハウス ミルラン展示場の洗面脱衣室(長崎県佐世保市)

20190904_02.jpg

間接照明がモダンな造作の洗面化粧台。
照明・収納の取り方、建具のデザインなど、オリジナリティーあふれる仕上げに出来るのが造作の良さだと思います。
造作で洗面化粧台を作られる方の参考になる一枚でした。

 

第1位 フォーシーズン展示場のキッチン(福岡市東区)

20190904_03.jpg

おしゃれなタイルや、くるみを使ったキッチンが第1位でした。
第3位のお風呂と同じく、フォーシーズン展示場の写真です。

当社の展示場は和のイメージが強いと思われる方が多いと思いますが、フォーシーズン展示場はこれまでの展示場と、床や壁の仕上げはほぼ同じでも、アイアンの手摺や、広葉樹の棚や家具、タイルを使うことで、落ち着いた和モダンの雰囲気に仕上げた展示場になっています。
この和モダンのテイストが気に入って頂け、第1位となっているんでしょう!

ちなみに、当社が行っているSNSで、ピンタレストもあるのですが、こちらでもこの1位の写真が最も多く見られていたのです!

(とても人気のある写真だったので、当社のスマホサイトのトップページ写真に使っています)

 

インスタのいいね!の1位から3位まで、水廻りの写真が独占でした!

水廻りに興味・関心のある方が多いようですね。
家づくりでは間取りのなかで水廻りをどこに置くか、どんな設備を選ぶか、迷われることが多いと思うので、今後もホームページやインスタ、ピンタレストの写真を参考にして頂ければと思います。

安全大会

この度の北部九州大雨で被災された皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

まだ週間天気予報では雨や雷が続きますので、今後も土砂災害などへの警戒を行いましょう。

 

防災の話に関連して・・・

今年も7/5に、永代ハウス株式会社安全大会を開催致しました。

ホームページの会社行事でもご紹介しておりました。

毎年安全大会を行うのですが、当社の家を建てている「永代ハウスパートナーズ」の企業の方や、職人の方々にお集まりいただき、安全意識を高める為に行っています。

 

安全大会は一年に一度、従業員や作業員が一同に集まり、皆で災害防止や安全意識を高める大きな節目です。

 

今年の全国安全週間スローガンは「新たな時代に PDCAみんなで築こう ゼロ災職場」でした。

 

これからも、永代ハウス従業員と永代ハウスパートナーズが協力し、安全衛生管理をより一層推進するとともに、安全な職場環境を形成していきます。

 

20190724_01.jpg

20190724_02.jpg

20190724_03.jpg

20190724_04.jpg

インスタやブログでご紹介してきた「南欧の癒e-スタイル」がいよいよ8/31(土)オープンいたします!

こちらのチラシが、フリーペーパーぱど に折込(宇美町井野周辺地域)されます。

20190827_01.jpg

 

ホームページ展示場ページでもご紹介しています!

パソコンサイトは(https://www.eidai-house.co.jp/exhibition/fukuokananou-e.html
スマホサイトは(https://www.eidai-house.co.jp/sp/exhibition/f04/

 

・南欧風の外観がお好きな方
・自然素材を使った家に興味がある方
・ナチュラルな雰囲気のインテリアがお好きな方
・アイアンの階段手摺を見てみたい方
・オリジナリティあふれるモダンな和室に興味のある方
・吹抜けのある開放的なLDKをご希望の方
・糟屋郡の宇美町や須恵町で土地をお探しの方
(見学会では土地情報も豊富に揃えています、これ以外でもご希望のエリアがあればご案内いたします)

 

南欧の癒e-スタイルの見学会は
8/31(土)、9/1(日)、7(土)、8(日)の4日間、10:00~18:00迄行われます。

お車でお越しの方は、
カーナビ検索 : 糟屋郡宇美町井野277_2付近
で検索してお越しください。

 

こちらの地図と、現地付近の「永代ハウス」看板を目印にお越しください。

20190827_02.jpg

 

南欧風の外観、自然素材を活かしたナチュラルな内観!

太陽のように明るく、暖かい雰囲気が魅力の南欧プロヴァンス地方の住まいをお手本に、
おしゃれな暮らしを楽しんでいただけるこだわりのアイテムを随所に採用した住まい!
この機会にまずはご見学にお越しください!

お問い合わせは、
永代ハウス 福岡支店 0120-412-188
まで、お気軽にお電話下さい!

福岡県糟屋郡宇美町井野にあります、
当社の分譲地「四季の郷宇美町井野Ⅱ」に新しいモデルハウスがオープンします。

 

「南欧の癒e-スタイル」、こちらのモデルハウスがいよいよ8/31(土)~福岡にもオープンします。
ただいまオープン準備の真っ最中です。

ホームページでもご紹介するので、今しばらくお待ちください!

 

「南欧の癒e-スタイル」は、今年のGWに佐世保市名切町でもモデルハウスがオープンしており、
これまでたくさんのお客様にご見学頂いております。

福岡の「南欧の癒e-スタイル」も、見どころたっぷりに仕上がっています。

内観イメージ、外観イメージはこのような感じです!

20190822_01.jpg 20190822_0.jpg 20190822_01.jpg

 

太陽のように明るく、暖かい雰囲気が魅力の南欧プロヴァンス地方の住まいをお手本に、
おしゃれな暮らしを楽しんでいただけるこだわりのアイテムを随所に採用した住まい!
この機会にまずはご見学にお越しください!

詳しい情報は、改めてホームページでご紹介いたします。

永代ハウスは24時間テレビ「愛は地球を救う」チャリティーに協賛しています。

20190819_01.jpg

期間中当社の社名が入った協賛CMがNIBにて放送されます。

社会貢献活動の一環として、協賛させて頂きました。

今年のテーマは

 人と人 ~ともに新たな時代へ~ です。

集められた募金は「福祉」・「環境」・「災害支援」の3つの支援活動が行われています。

今年の24時間テレビは8/24(土)~8/25(日)に放送されます。

独自の発展を遂げた九州の家づくり。

今日のブログは「独自の発展を遂げた九州の家づくり。」です。

これまでブログで当社の研修旅行についてご紹介した際、国内旅行は訪れた地方の歴史や文化を知るための旅行であるとお話してきました。さまざまな場所に研修旅行に行きましたが、本当に、地方によって家づくりの特徴があるなと感じます。

今日は私たちがいる九州の家づくりについての話です。

 

九州の家を語る時、縄文・弥生時代に伝わった外来文化と切り離すことはできません。日本の建築文化は、家も道具も縄文時代までは東北や関東地方が発達していましたが、縄文末期、玄界灘沿岸に大陸の水稲農耕が伝わるとその形勢は逆転します。

 

水稲農耕の伝来とともに、九州ではそれまでの竪穴建物に変わり、高床式の掘立柱建物が数多く建てられるようになりました。地面より床を高くすることで、湿気やネズミ、モグラ対策に機能を発揮しました。一般の人々の家は掘立柱建物をベースにしながら、軸組構法などで強度を増しながら発展。農村や漁村に見られる民家と都市部に町屋など、いずれもその地域の気候風土の影響を受けながら独自の発展を遂げました。

 

佐賀や福岡、熊本などに多く見られたクド造りの家は、コの字の家の中に暮らしのスペースと農作業場を併設させたもので、南風や台風の強風に強い造りが特徴です。このような歴史は現代の家が忘れている大事なことを思い出させてくれます。

 

p11.JPG

(福岡市博多区 福岡展示場「ハウジングパビリオン」2F 古材利用コーナー)