永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

アーティスト紹介

 

音羽 俊幸 音羽 俊幸

 ◆プロフィール

  1957年 神奈川県横浜市生まれ
  1990年 飛騨国際工芸学園 木工科卒
        卒業生3人で共同工房設立
  1998年 朝日新聞主催 第1回「暮らしの中の木の椅子展」入選
  2000年 新宿伊勢丹「モダンクラフト展」に参加
  2003年 新宿OZONE・工房家具ギャラリー匠の社展示
        スペースの拡大、現在に至る

1957年、横浜市生まれ。現在、飛騨高山の雉子舎を拠点に、一本の丸太を製材するところから始まるデザイン家具を作っている。木の生命を生かした天然無垢を使用、シックハウス対応も万全の健康家具づくりを展開している。

 

貝原 隆信 貝原 隆信

 ◆プロフィール

  1964年 長崎県佐世保市生まれ
  1995年 各地で技術習得後佐世保・崎岡町に
        ガラス工房”WONDER ART”設立
  1996年 更に2技法を習得、独学などでガラスの表現を広げる
  1999年 教室に作品展開催等
  2002年 更に創作活動に集中する為、展示販売等を別にする

1964年佐世保市生まれ。1995年同市でガラス工房「WONDER ART」を設立。和洋を問わず、独自のスタイルを追求した作品を手がける。各地で技術指導をはじめ、一般のガラス教室も開講。

 

小川 京子 小川 京子

 ◆プロフィール

  1952年 宮古平良市生まれ
  1970年 琉球大学(美術工芸科)入学
  1973年 東京デザイナー学院卒業
  1974年 琉球大学中退
  1980年 沖縄工芸指導所研修終了
  1981年 ”Studioゆい”設立

1952年宮古平良市生まれ。東京デザイナー学院卒業後、1981年にギャラリー「Studioゆい」を設立。ヤシ科の植物を中心にバスケットアートを創作。素材とかごの歴史調査活動も行っている。

 

佐川 大羊 佐川 大羊

 ◆プロフィール

  日本篆刻家協会常務理事
  日本書芸院審査会員
  祥風篆会主催
  日展入選
  日本篆刻日本展大賞
  久留米市芸術奨励賞

現在、久留米を拠点に活躍中。古代文字の造形的なおもしろさに魅せられ、篆刻の造形美を楽しみながら作品を重ねている。これからは、難しい言葉の印だけではなく言葉を吟味した篆刻を心がけていきたいと語る。

 

倉富 敏之 倉富 敏之

 ◆プロフィール

  1982年 筑後地域の伝統工芸品をテーマに版画製作をする。
  1994年 日本篆刻家協会の展示会に毎年篆刻作品を出展。
        秀作賞2回・特選1回・日本篆刻展賞1回
  1999年 版画工房&ギャラリー「游心館」オープン
  2004年 個展「倉富敏之の木版画展」、
        木生活文化ミュージアム南風人館にて開催。

1937年浮羽郡田主丸生まれ。地元筑後地域の人々の暮らしをテーマに制作。1999年、自然豊かな山里の村、田主丸にある版画工房&ギャラリー「游心館」をオープン。現在も生命力あふれる自然を題材に、版画製作に取り組んでいる。

 

城間 光雄 城間 光雄

 ◆プロフィール

  1948年 沖縄県コザ市生まれ
  1966年 沖縄県立中部工業高等学校卒業
  1978年 沖縄県立工芸指導所研修
  1988年 画廊沖縄個展、沖縄三越個展
        福岡、博多大丸・熊本伝統工芸館、新宿オゾン・札幌芸術の森美術館、
        グループ展及び個展

1948年コザ市生まれ。現在沖縄で木創舎を拠点に活躍中。建築素材には不向きとされている沖縄の木をはじめ、流木、廃材などが原木家具職人の手にかかると、不思議な存在感を醸し出す家具に生まれ変わる。

 

西田 政義 西田 政義

 ◆プロフィール

  1947年 佐賀県生まれ
  1962年 福岡県大川市で木工修行
  1975年 西田家具製作所を設立(民芸家具・注文家具)
  1990年 名称を「家具工房 西田」に替え、独自の製作家具を作り始める。
        作品展をしながら九州を中心に活動中

1947年佐賀県生まれ。中学卒業後、家具職人を目指し大川へ。1975年大川にて西田家具製作所を設立、その後「家具工房西田」に名称を替え、百年使える家具を目指し独自の家具を作っている。現在、作品展をしながら九州を中心に活動中。

 

大西 恵子 大西 恵子

 ◆プロフィール

  日本ヴォーグ社ふしぎな花倶楽部インストラクター
  日本グラスアート協会インストラクター
  ハマナカアートクラフト協会 スタイリッシュフラワーインストラクター
  日本手芸普及協会会員
  押し花・グラスアート教室を20ヶ所で展開中

押し花の魅力は、記念の花をいつまでも楽しめ、残すことができること。生活に彩りを加えるのにぴったりのクラフト、グラスアートと共に現在、佐世保を中心に20ヶ所で押し花・グラスアート教室を展開中。

 

桐山 浩実 桐山 浩実

 ◆プロフィール

  1963年 奈良県生まれ
  1993年 第35回日本民芸公募展優秀賞
  1994年 日本民芸館展入選
  1998年 阿蘇小国町ゆうステーションにて個展を開催
  2001年 朝日現代クラフト展地域部門招待出品、日本民芸館展入選
  2002年 全国編組工芸品展 福島民新聞社賞受賞
  2003年 べにや民芸店にて個展を開催

1963年奈良県生まれ。大分を拠点に活躍する清風の籠師こと、青竹細工作家。どんな作品を仕上げたかではなく、どんな暮らしの中で編まれたものかを籠から学びながら作品づくりに取り組んでいる。

 

 

家の購入をお考えの方へ

永代ハウスについて